本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



上昇する物価と、上がらない給料、そして将来への先行き不安。そんな状況から「投資」を始めた人も多いのではないだろうか。しかし多くの日本人は「投資」と「投機」を混同している。「投資」は、短期間に株の売買を繰り返すことではない。選び抜いた企業のオーナーとなり、その成長を長い期間で楽しむのが「投資」だ。企業...
別窓で開く

トヨタ、ロシア生産撤退=ウクライナ侵攻で供給網混乱
 【ロンドン時事】トヨタ自動車は23日、ロシア工場での生産から撤退すると発表した。ロシアのウクライナ侵攻に伴うサプライチェーン(供給網)の混乱で部品調達に支障が生じ、事業継続は困難と判断した。生産終了に伴って販売も打ち切ると説明している。 日本の自動車大手でロシアでの生産終了を決めたのはトヨタが初め...
別窓で開く

トヨタ、ロシアでの生産終了を発表…日本の自動車大手で初めて
 トヨタ自動車は23日、ロシア西部サンクトペテルブルク工場を閉鎖し、ロシアでの生産から撤退すると発表した。ロシアによるウクライナ侵略から7か月を迎える中...
別窓で開く

スバルが本格的レースマシンに「アイサイト」を初搭載した狙い スーパー耐久で走行、「2030年死亡事故ゼロ」への挑戦
(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) スバルが本格的なレースで運転支援システム「アイサイト(EyeSight)」を使用したことが、自動車業界で大きな話題になっている。 スバルは、国内選手権スーパー耐久シリーズに今シーズンからワークスチーム(メーカーが直接運営するチーム)で参戦している。...
別窓で開く

「まだ完治ではない」昨季は怪我で涙をのんだ紀平梨花が中部選手権に向けて“胸中”を吐露!「全日本にどうしても出たい」
フィギュアスケート女子で、2019年、20年の全日本選手権2連覇を達成した紀平梨花(トヨタ自動車)が9月22日、自身のインスタグラムを更新。実戦復帰となる中部選手権に向けて胸中を明かした。【画像】「全日本にどうしても出たい」紀平梨花が実際に投稿した写真をチェック! 昨季は、右距骨疲労骨折による右足関...
別窓で開く

トヨタ社長「円安のデメリット拡大が現実」…部品メーカーへの影響も懸念
 トヨタ自動車の豊田章男社長は22日、東京都内での記者会見で、急激に進行した円安について「資材や部品の輸入が増えており、輸入価格やエネルギー価格の高騰によるデメリットが拡大しているのが現実だ」と、自動車産業への悪影響に危機感を示した。...
別窓で開く

月への再挑戦……アルテミス計画いよいよ始動
「報道部畑中デスクの独り言」(第302回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、アルテミス計画について—探査機「EQUULEUS」(東京大学提供)宇宙開発の分野は現在“月への再挑戦”が注目されています。2年前に小欄でもお伝えした「アルテミス計画」が、本格的に始動します。...
別窓で開く

自動車の脱炭素化や成長策議論=新委員会が初会合—経団連
 経団連は22日、自動車産業の脱炭素化や成長策を幅広く議論する「モビリティ委員会」の初会合を開いた。日本のエネルギー事情や産業構造を考慮した脱炭素社会の実現や自動車産業の国際競争力強化を検討する。来年5月に広島市で開く先進7カ国首脳会議(G7サミット)に向け、日本独自のグリーントランスフォーメーショ...
別窓で開く

「労使協調」のけん引役・全トヨタ労組、結成から50年…業界は変革期「今こそ強い職場」
 全トヨタ労働組合連合会は、結成から50年を迎えた。トヨタ自動車グループの成長と職場の労働条件の向上を目指して、労使協調のけん引役となってきた。自動車の脱炭素化や働き方改革なども論点となっており、新たな役割が問われている。...
別窓で開く

日本が開発を進める燃料電池車、なぜ普及しないのか—中国メディア
2022年9月21日、中国メディアの観察者網は、日本が開発を進める燃料電池車の普及が進まない背景について論じた文章を掲載した。以下はその概要。いわゆる「燃料電池」とは、実際はエネルギー転換装置のことであり、原料となる水素と酸化剤を結合して電気エネルギーに転換するものだ。...
別窓で開く


[ トヨタ ] の関連キーワード

アイサイト ウクライナ ロシア スバル 経団連