本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「中体連は全国大会に反対するために作られた組織なんですよ」ブラック部活を生む“全中”は廃止できるのか 70年間で中体連の方針が「真逆」になった理由
 8月15日の体操を皮切りに、今年も全国中学校体育大会、通称「全中」が始まろうとしている。しかし今年の「全中」は、例年とは違う雰囲気の中で開催されることになる。今年6月にスポーツ庁の有識者会議が発表した「運動部活動の地域移行に関する検討会議提言」で、教員の負担を軽減するために部活を民間スポーツクラブ...
別窓で開く

「手塚のプライドは金じゃない。連載の本数なんですよ」週刊少年サンデー「手塚治虫専属計画」はなぜ失敗に終わったのか?
「有名な伝説だけど本当の話なんだよ」——1950年代後半、週刊少年サンデー創刊にあたって画策された「手塚治虫専属計画」はなぜ失敗に終わったのか? 当時の貴重なエピソードを取材し集めたライターの伊藤和弘氏による新刊『 「週刊少年マガジン」はどのようにマンガの歴史を築き上げてきたのか? 1959ー200...
別窓で開く

くっきー!画伯が描いた“バイオレンス”な橋本環奈に「ゲソ食っときなぁ」
俳優の橋本環奈が主演する映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)に、主人公・菊野ケイ(橋本)のバイト先のラーメン屋で大暴れする謎の大男役で出演する野性爆弾のくっきー!。お笑いのみならず、クリエイターとしても活躍するくっきー!が、同映画のティザービジュアルをもとに描いたイラストが公開された。...
別窓で開く

35歳の若さで台湾のデジタル担当相となったオードリー・タンさん。小学1年生のときに天才児だけを集めた「ギフテッド・クラス」に転入したが、そこでは「命の危機」を感じるほどの壮絶ないじめを受けることになる。作家・石崎洋司氏の伝記物語『「オードリー・タン」の誕生 だれも取り残さない台湾の天才IT相』(講談...
別窓で開く

大竹しのぶVS中村晃子『恋人奪われた怨念!大竹の挨拶にプイと横向く中村』【週刊実話お宝記事発掘】
大竹しのぶ (C)週刊実話Web芸能の仕事に携わる人間が最も気を使うのは、今も昔も「共演NG」だ。感情むき出しの激情型が多かった昭和の芸能人たちは、周囲がドン引きするほどの対立を仕事に持ち込むケースも少なくなったという。当時の『週刊実話』は、そんな芸能界の「犬猿の仲」を暴露していた。...
別窓で開く

森昌子VS石川さゆり『優遇される森に「給料に見合う働きしたら?」とチクリ』【週刊実話お宝記事発掘】
森昌子、石川さゆり (C)週刊実話Web芸能の仕事に携わる人間が最も気を使うのは、今も昔も「共演NG」だ。感情むき出しの激情型が多かった昭和の芸能人たちは、周囲がドン引きするほどの対立を仕事に持ち込むケースも少なくなったという。当時の『週刊実話』は、そんな芸能界の「犬猿の仲」を暴露していた。...
別窓で開く

和田アキ子VS小柳ルミ子『紅白の楽屋で一波乱 エリート意識の小柳にカチン』【週刊実話お宝記事発掘】
和田アキ子、小柳ルミ子 (C)週刊実話Web芸能の仕事に携わる人間が最も気を使うのは、今も昔も「共演NG」だ。感情むき出しの激情型が多かった昭和の芸能人たちは、周囲がドン引きするほどの対立を仕事に持ち込むケースも少なくなったという。当時の『週刊実話』は、そんな芸能界の「犬猿の仲」を暴露していた。...
別窓で開く

マツコ、MEGUMI&降谷建志の夫婦生活について迫る!
マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)が8月13日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。この日は、5年前から金沢でカフェを経...
別窓で開く

特急列車「287系パンダくろしお」 パンダフェイスデザインが腕時計に
キャラクターグッズ通販などを手がけるインペリアル・エンタープライズ(東京都荒川区)は、JR京都駅〜新宮駅を結ぶ特急列車「287系パンダくろしお」デビュー5周年を記念した5000点限定の腕時計「セイコー 287系パンダくろしお 5周年記念ウオッチ」の予約受付を、2022年8月1日に同社直販サイト「PR...
別窓で開く

生田絵梨花“白石麻衣嫌い”が原動力!? 艶戦略で一気に卒業組ナンバーワンへ!
生田絵梨花 (C)週刊実話Web元『乃木坂46』の生田絵梨花が、このところ評価を急激に上げている。彼女は、同じ乃木坂のメンバーだった白石麻衣の〝追い落とし〟が原動力になっているという。「乃木坂時代、実力の二枚看板は白石、生田でした。1に白石、2に生田ですね。でも、実際の二番手は齋藤飛鳥だったり秋元真...
別窓で開く