本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



海外製のEV(電気自動車)が続々と日本に上陸している。『日本車敗北』(プレジデント社)の著者で元東京大学特任教授の村沢義久さんは「ついに世界最強EVメーカーである中国BYDの『ATTO3』が日本市場に入ってくる。日本のメーカーでは太刀打ちできない恐れがある」という——。■「EVの王者」BYD2022...
別窓で開く

<梨泰院事故>「被害者に平均224〜560キロの圧迫があった」...専門家が分析=韓国
梨泰院事故当時、被害者が平均224〜560キログラム(kg)・重量キログラム(kgf)の力を受けたという専門家の分析結果が出た。韓国メディア「ヘラルド経済新聞」によると、13日に行われた警察特別捜査本部(特捜本)の捜査結果発表で、諮問役を務めた金烏工科大機械設計工学科のパク・ジュンヨン教授が発表。...
別窓で開く

2023年のF1界、勝者&出来事を蘭メディアが大胆予想! 3年目の角田裕毅に「アルファタウリとF1を去る」と厳しい見解も
2023年のF1世界選手権は、3月の第一週の週末にバーレーンで開幕する。...
別窓で開く

2023年のF1はどうなる? 専門サイトが「23の見所」を選定!「気さくな日本人は勝負の時」と角田裕毅にも言及
2023年のF1は3月第一週の週末にバーレーンで開幕し、史上最多の24レースで争われることとなる。 10チーム20人のドライバーによる熾烈な戦いには、様々な興味が秘められているが、米国の自動車専門メディア『Autoweek』は「2023年のF1シーズンに向けての23の重要な疑問」と題した記事で、今季...
別窓で開く

「ド派手なサプライズ!」“金の亡者”メイウェザーが元カノ誕生日に2600万円超の高級車を即決プレゼント!【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回取り上げるのは、ボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーの驚愕の金銭感覚だ。元カノの誕生日プレゼントには、なんと2600万円超の高級車……!記事初掲載:2022年...
別窓で開く

角田裕毅、2024年以降のF1契約延長は? 専門サイトは悲観的な一方、ガスリーは今季のアルファタウリ躍進に太鼓判!
今季、F1を戦う20人のドライバーの中で、2023年で所属チームとの契約満了を迎えるドライバーは7人いる。そんな彼らにとってはチーム残留、あるいはF1での生き残りを懸けた戦いも強いられることとなる。...
別窓で開く

敏腕F1カメラマン2人の2022年ベストショット26枚。「上空からの面白い構図」「先陣争いのシビれた瞬間」「スタート直後のクラッシュ」
F1フォトグラファー 新春対談 特別編対談記事一覧>>F1の現場に30年以上足を運び、撮影を続けるベテランフォトグラファーの熱田護氏と桜井淳夫氏。ふたりの2022年シーズンのベストショット26枚をコメントとともに紹介する。photo by Sakurai Atsuo第1戦バーレーンGP 開幕戦でバト...
別窓で開く

「フェルスタッペンはファンサービスしない」「ラッセルは腹黒い」。F1カメラマン2人が目撃した一流ドライバーたちの意外な一面
F1フォトグラファー 新春対談 前編対談記事一覧>>スポルティーバで恒例となったF1フォトグラファー対談。今回も約30年間にわたってF1を撮影し続けている熱田護氏と桜井淳雄氏を招いて2022年シーズンを振り返ってもらった。新型コロナウイルスの規制が世界的に緩和され、3年ぶりに日本GPも開催されたが、...
別窓で開く

「F1界最大のスターになれる能力も」専門メディアが角田裕毅を“才能の塊”と形容! 2023年の全ドライバーの強みを紹介
2023年のF1も10チーム20人のドライバーによって覇権が争われることになる。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が3連覇を果たすのか、メルセデス勢が王座奪還を果たすのか、あるいは新たな王者が生まれるのか……興味は尽きない。...
別窓で開く

「ナイキ一強」「厚底絶対主義」は終わるのか? シューズで見る箱根駅伝2023〈本戦&予選会 出場選手シューズ一覧付き〉
 駒澤大学が史上5校目の大学駅伝三冠を果たした第99回箱根駅伝。 ランニングシューズの進化により、近年は駅伝も高速化。今年は4区で東京国際大学のイェゴン・ヴィンセントが、5区で城西大学の山本唯翔が区間新記録を樹立した。 長年、選手の足元を見続けていた駅伝マニア集団「EKIDEN News」( @EK...
別窓で開く