本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



結婚80年の妻が他界し夫も20時間後に天国へ 死因は「失恋の強い痛み」
「病める時も健やかなる時も…」から始まる結婚式の誓いの言葉。最後は「その命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?」で締めくくられるが、アメリカに本当にそのようなおしどり夫婦が存在したことを、『Daily Mail』や『People』などが報じた。■結婚80年目の夫婦話題の夫婦は、アメリカ...
別窓で開く

79年間連れ添った100歳の夫婦 手をつないだまま数時間差で旅立つ(米)
11月30日、アメリカで79年間連れ添った100歳の夫婦が20時間差で旅立った。1943年に結婚した2人は今年6月8日に79回目の結婚記念日を迎え、妻は7月13日に、夫は7月23日にそれぞれ100歳の誕生日を迎えたところだった。先月下旬、急に体調を崩しホスピスに入院した夫婦は同じ病室で手をつないだま...
別窓で開く

マライア・キャリー、感謝祭パレードに登場「子供時代の夢」を実現 双子の子供達もキュートなダンスを披露
歌姫マライア・キャリー(52)が「子供の頃の夢」と語っていた米百貨店「メイシーズ」の毎年恒例の感謝祭のパレードに登場した。元夫ニック・キャノンとの間にもうけた双子のモロッカンくん(11)とモンローちゃん(11)もママの“夢の実現”に加わり、最高にキュートなダンスを披露した。...
別窓で開く

角田裕毅の今季最終戦に海外メディアは軒並み高評価! 入賞を逃すも「結果以上に良いパフォーマンス」と来季に向け期待も
2022年のF1最終戦アブダビ・グランプリにおいて、アルファタウリの角田裕毅はポイント獲得を目指して奮闘したが、惜しくもあと一歩及ばず11位でレースを終えている。 11番手グリッドからスタートしたレースで、彼は堅実なドライビングを見せ、AT03のポテンシャルを十分に引き出したと言えるが、最終スティン...
別窓で開く

「今季はレースごとに進歩できた」F1での2年目を振り返る角田裕毅、“エモーショナル”なアブダビGPの初日はロングランのペースに手応え!
2022年のF1最終戦となるアブダビ・グランプリが開幕、11月18日には2度のフリー走行(FP)が行なわれた。 先週のサンパウロGPでは終始グリップ不足に苦しんだアルファタウリの角田裕毅は、FP1で28周を走行して、ベストタイムは全体13番手となる1分27秒991。続いてFP2では、30周回を重ねて...
別窓で開く

遺族の同意なしに被害者の実名を公開…梨泰院圧死事故後の韓国社会を襲う“混乱”とは
 梨泰院惨事が起きた翌日、路地の坂にピンク色のマットが敷かれていた。ちょうど真ん中あたりだろうか。 路地にある雑貨店店主ナム・インソクさん(80歳)が敷いたもので、しばらくするとナムさんはその上で供物を捧げてひざまずき、頭をマットに押しつけるようにして深いお辞儀を2回、繰り返した。韓国では生者へは1...
別窓で開く

『トップガン マーヴェリック』誰も気づかなかったオマージュをファンが発見! トム・クルーズやスタッフから感激の声!!
YouTube前作『トップガン』(1986年)へのオマージュが散りばめられていることで話題を集めた大ヒット作『トップガン マーヴェリック』(2022年)。...
別窓で開く

「ずっとこの瞬間を夢見てきた」。メルセデスAMGが生んだエリート中のエリートが涙のウイニングラン
 ジョージ・ラッセルがトップでチェッカードフラッグを受け、F1初優勝を飾った。ウイリアムズで初ポイントを挙げた時と同じように、いやそれ以上に、ラッセルの目にはあっという間に涙があふれていた。 カート時代にキャンピングカーでともに各地を転戦して支えてくれた両親のことや、下位カテゴリー、F1デビュー後も...
別窓で開く

創業130周年を迎えたハミルトンから初期モデルと同仕様の14金製で製作されたケースを纏う「ベンチュラ」が世界130本限定で登場
ハミルトンの「ベンチュラ」は、単なる時計界のアイコンではなく、インダストリアルデザインの傑作です。ハミルトンの研究開発チームは、10年にも及ぶ期間をかけて、世界初の電池式時計を開発。ハミルトンが開発したこの電池式腕時計は、今日のクォーツ時計の先駆けとして未来を変えました。...
別窓で開く

角田裕毅、2度目のブラジルはガスリーに代わってチームを牽引。セナの生まれ故郷で主役になれるか
 地球の裏側という物理的距離だけでなく、サンパウロには確かにほかとは明らかに違う雰囲気が漂っている。もちろんここがアイルトン・セナの生まれ故郷であり、彼の愛した場所であるということも、F1関係者たちの胸に刻まれている。彼の眠るモルンビーの墓地には、今も花が絶えることはない。 そんなセナのいたずらか、...
別窓で開く