本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カリー&トンプソンがサタデーイベントでファンを魅了!圧倒的なシュート力で3ポイントコンテスト頂点に!<DUNKSHOOT>
NBAジャパンゲームズ第1戦の翌日、さいたまスーパーアリーナで「NBA Japan Games Saturday Night 2022」が開催された。 本日のイベントにはワシントン・ウィザーズの八村塁やゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーなど両チームの選手も参加。 最初に行なわれたス...
別窓で開く

「明日の朝は学校!」「英国新記録」「歴史的初白星」…先週の各国リーグで輝いた“若手”たち
先週の欧州サッカー界では、これ以上ないほど若手の活躍が目立った。それでは、各リーグでどんな記録が生まれたのか見ていこう。[写真]=Getty Images■プレミアリーグ まずは、何と言ってもプレミアリーグで生まれた最年少記録だろう。...
別窓で開く

手に汗握る!最高にハラハラしたアクション映画ランキング 3位ダイ・ハードシリーズ、2位ターミネーターシリーズ、1位は?
映画には恋愛映画やコメディー映画などさまざまなジャンルの作品がありますが、気分を盛り上げたい時には、ハラハラドキドキ、そして最後にはスカッと爽快なアクション映画に限りますよね。そこで今回は、最高にハラハラしたアクション映画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

クロエ・グレース・モレッツ主演 Sci‐Fiスリラー『ペリフェラル〜接続(コネクト)された未来〜』ティザー予告解禁
クロエ・グレース・モレッツが主演を務めるSci‐Fiスリラードラマシリーズ『ペリフェラル〜接続(コネクト)された未来〜』が、Prime Videoにて10月21日より240を超える国と地域で独占配信されることが決定。併せて、クロエの顔を大きくフィーチャーした3種類のティザーアート、場面写真5点、英語...
別窓で開く

角田裕毅、高速モンツァに「チャンスはある」と期待は捨てず。“3つのペナルティー”に米メディアは辛辣評「戒告が多すぎる」
F1第16戦のイタリア・グランプリが開幕。9月9日には2度のフリー走行(FP)が行なわれた。 先週のオランダGPでは、シートベルトを緩めた状態での走行が規定に違反したとして通算5回目の戒告処分を受け、次戦での10グリッド降格処分を科せられたアルファタウリの角田裕毅。このFP1では26周の走行で全体8...
別窓で開く

【F1】フェラーリ代表が角田裕毅に対し?ツナミ”と暴言! 「本当に言ってるの?」「失礼だ」と非難集中
フェラーリF1代表のマッティア・ビノットが、F1オランダGP後、アルファタウリの角田裕毅に対して発した言葉に非難が集まっている。...
別窓で開く

自宅前で誘拐されそうになった6歳少女、悲鳴をあげて無事逃げ切る(米)<動画あり>
先日南アフリカのスーパーで、母親のすぐ横で生後8か月の女児が男に連れ去られる瞬間を捉えた映像が多くの人に衝撃を与えていたが、今度はアメリカの6歳少女が家の目の前で見知らぬ男に誘拐されそうになった。当時の様子を捉えた監視カメラの映像には、一瞬の隙をついて少女の腕を掴む男の姿があった。『New York...
別窓で開く

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

ファン目線の改革を断行も大谷とトラウトの才能を浪費…エンジェルス身売りを表明したオーナーの“功罪”<SLUGGER>
現地時間8月23日、エンジェルスはオーナーのアート・モレノが球団売却の意向を発表した。 モレノは球団が発表した声明で「20年間にわたってエンジェルスを所有してきたことは大変な名誉だった」としながら「最終的に今こそ(身売りの)時期だとの結論に達した」と説明している。 1946年にアリゾナ州で生まれたモ...
別窓で開く

空戦が一変! 60年前の緊迫「第2次台湾海峡危機」で米国が台湾に与えた“切り札”とその影響
いまから60年ほど前に起きた第2次台湾海峡危機はジェット戦闘機による空中戦のターニング・ポイントでした。初めて空対空ミサイルが実戦投入され、多くの戦果を挙げたことで、空戦の概念が一変したのです。朝鮮戦争の教訓から誕生したF-104 第2次世界大戦が終結して5年後の1950(昭和25)年から1953(...
別窓で開く