本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ライドに目ヂカラ、グリル大きく「フォレスター」大改良モデル発売 SUVらしさ追求
アイサイトも新世代型に!SUVらしいエクステリアに スバルは2021年8月19日(木)、SUV「フォレスター」の大幅改良モデルを発売しました。 今回はエクステリアを刷新。「レヴォーグ」に引き続き、スバルのデザインコンセプト「BOLDER」表現を取り入れたフロントフェイスや、新デザインのアルミホイール...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】アウトドアで人気のスバル「フォレスター」が大胆進化
スバルのミッドサイズSUV「フォレスター」がマイナーチェンジ。大幅な改良を受けた新型が2021年8月に発売されます。優れた悪路走破性、広くて快適な室内空間、各種ギアを積載しやすいラゲッジスペースなど、優れた性能と“使える”機能を巧みにバランスさせたフォレスターは、キャンプを始めとするアウトドアレジャ...
別窓で開く

顔つきビシッと「フォレスター」大改良 SUVらしさUP 新世代アイサイト スバル
発売は8月の予定です。レヴォーグに続き新世代アイサイト搭載 スバルは2021年6月14日(月)、SUV「フォレスター」の大幅改良モデルを公開し、先行予約を開始しました。 今回の大幅改良では、2020年発表の新型「レヴォーグ」に引き続き、スバルのデザインコンセプト「BOLDER」表現を取り入れたフロン...
別窓で開く

野外遊びのアシに使えば移動がラク!メルセデスAMG「GLB35」は速くて遊べる万能SUV
ハッチバックの「Aクラス」と主要メカニズムを共用する7人乗りのSUV、メルセデス・ベンツ「GLB」のラインナップに、スポーティバージョンであるメルセデスAMG「GLB35 4マチック」が加わった。2リッターの4気筒ターボエンジンは最高出力300馬力オーバー。...
別窓で開く

スバル SUV型EV「ソルテラ」を発表 トヨタと共同開発で2022年発売へ
トヨタとの共同開発車、ということは!?CセグメントクラスのSUVモデルEV スバル(SUBARU)は2021年5月11日(火)、2022年の発売に向けて開発を進めるEV(電気自動車)の名称が、「SOLTERRA(ソルテラ)」であると発表しました。...
別窓で開く

さすがはSTI謹製!玄人好みの走りこそスバル「インプレッサSTIスポーツ」の美点
スバルのモータースポーツ活動を担い、同ブランドの高性能モデル開発にも関与するSTI(スバルテクニカインターナショナル)。そんなプロ集団が手掛けた最新モデルが、「インプレッサ スポーツ」のSTIスポーツ仕様だ。注目の乗り味は、まさにツウ好みの仕上がり。その魅力と実力を検証する。...
別窓で開く

街乗りからアウトドア遊びまでカバー!スバル「XV」はハイブリッドの進化に驚き
「インプレッサ」の5ドアハッチバックである「インプレッサ スポーツ」をベースに、車高を上げてSUVテイストをプラスしたスバル「XV」が進化した。その内容は、見た目のリフレッシュにとどまらず、走りや機能をブラッシュアップする手の込んだもの。今回は、心臓部にも手が加えられたハイブリッド仕様の実力を試す。...
別窓で開く

アウトドアの相棒にちょうどいい!スバル「フォレスター」にターボ仕様が復活
休日レジャーのアシとして、多くのキャンパーやアウトドアズマンから高評価を集めるスバル「フォレスター」。そんな人気SUVに、待望のターボエンジン仕様が追加された。新しい心臓を得た最新型の魅力と性格を紹介しよう。■“走りのSUV”の象徴だったターボエンジン「フォレスターにターボが帰ってきた!」とワクワク...
別窓で開く

過酷な雪上ドライブで分かった!スバル「レヴォーグ」をスキー場でよく見掛ける理由
4WDならではの優れた走破性と走行安定性などを武器に、ウインタースポーツ愛好者たちから絶大な支持を集めるスバル車。2020年秋に登場した新型「レヴォーグ」もそのDNAを継承する1台。今回は、雪が断続的に降り続く過酷なシーンで、スタッドレスタイヤを履いた新型レヴォーグをドライブ。“ゲレンデエクスプレス...
別窓で開く

2020年「GoodsPress」「&GP」編集部員はこんなモノ買いました!【後編】
それぞれの個性が見られる「2020年「GoodsPress」「&GP」編集部員はこんなモノ買いました」企画。本記事は前編(>> 2020年「GoodsPress」「&GP」編集部員はこんなモノ買いました)に続く、後編です。...
別窓で開く