本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



外交で止められなかった独裁者プーチン、核使用に踏み切るか? 今問われるバイデンの決断
 2022年2月24日、ロシア軍がウクライナへの軍事侵略に踏み切り、第2次世界大戦後、最大級の侵略戦争となるとともに、国際社会に大きな衝撃を与えた。2014年3月のクリミア併合をはるかに越える「力による現状変更」であり、ウクライナの主権及び領土の一体性を侵害する国際法及び国連憲章への重大な違反行為で...
別窓で開く

激震スクープ!プーチンはやはり「ガン」に侵されていた(3)「膵臓ガン」と「パーキンソン病」のダブルパンチで「余命数年」
 前回と前々回の本連載記事では「プーチンは長い間、ガンを患っており、死期が近い」とのウクライナ国防省発の極秘情報の真贋に迫るとともに、ロシアの医療当局が数年前から、日本を含む先進国のガン専門医らに最新のガン治療法の提供を求めていた、との事実をスッパ抜いた。 だが、プーチン大統領が患っているとされる「...
別窓で開く

「48時間以内に占領する」つもりだったが…ロシアが「小国のウクライナ」に苦戦する3つの軍事的理由
 2022年2月24日に開戦したロシア・ウクライナ戦争。当初はロシアよりも相対的に小国のウクライナが苦戦すると思いきや、今も善戦を続けている。 その理由を、同問題に詳しいロシア軍事の研究者の小泉悠氏の著書『 ウクライナ戦争 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く

「全面核戦争を覚悟しなければならない」小泉悠が明かした「ロシアが核使用に踏み切れない」事情
「48時間以内に占領する」つもりだったが…ロシアが「小国のウクライナ」に苦戦する3つの軍事的理由 から続く 今も継続するロシア・ウクライナ戦争において、ロシアが核を使用する可能性はどれくらいなのか? 同問題をロシア軍事の研究者の小泉悠氏が解説。新刊『 ウクライナ戦争 』より一部抜粋してお届けする...
別窓で開く

ウクライナ侵攻は2023年に入り、大きな局面を迎えそうだ。2022年8月末に始まったウクライナ軍による反転攻勢で主導権を奪われていたプーチン政権が、早ければ2023年1月末から2月にも大規模な逆攻勢に打って出る可能性が高まってきたからだ。もともと大規模な反攻作戦開始を計画していたウクライナ軍は、これ...
別窓で開く

激震スクープ!プーチンはやはり「ガン」に侵されていた(2)ロシア医療当局が先進国のガン専門医に治療法を打診
 前回は、ウクライナ国防省のキリロ・ブダノフ情報局長が西側メディアに語った、プーチン大統領の致死的な健康不安を巡る機密情報に迫った。 ただし、ウクライナの諜報機関トップが暴露した「プーチンは長い間、ガンを患っており、死期は近い」との衝撃情報については、ロシアとの情報戦におけるウクライナ側の謀略情報の...
別窓で開く

2023年「まるごとズバリ大予測」〈国際情勢〉トランプ「ツイッター外交」でプーチンと手打ち
 まず気になるのは、ロシアが仕掛けるウクライナ戦争の行方だ。国際ジャーナリストの山田敏弘氏が解説する。「昨年末、ウクライナのゼレンスキー大統領(44)がアメリカ議会まで行き、7兆円という凄い金額の援助を引き出してきた。...
別窓で開く

プーチンを知る米国元高官の見方「一進一退の攻防で有利になるのはロシア」 時間はプーチンを利する、米欧諸国のさらなるウクライナ支援が必要と提言
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)「ウクライナ国内での戦闘がこのまま今のような一進一退で続くと、時間の経過はロシアのプーチン大統領にとって有利となる」という見解が、米国政府の元国務長官と元国防長官により発表された。 両元高官は在任中にプーチン氏と直接折衝した経験がある...
別窓で開く

プーチンが日本に侵攻、インド・アフリカから移民が殺到!?「ムー」が2023年を大予言。
 2023年は、いったいどんな年になる? 世界情勢から自然災害まで、スピリチュアルに徹底予想! 2023年1月7日に発売された月刊「ムー」2023年2月号(ワン・パブリッシング)では、「大予言2023」と題して、超能力者と占術家による2023年の予言を集めた特別企画が掲載されている。...
別窓で開く

激震スクープ!プーチンはやはり「ガン」に侵されていた(1)ウクライナ国防省発「死期が近い」衝撃の機密情報が…
 プーチンは長い間、ガンを患っており、死期は近い──。 年明け間もない1月4日、ウクライナ国防省の情報機関トップを務めるキリロ・ブダノフ情報局長はアメリカのABCニュースのインタビューに応じ、「プーチン大統領に近い人物から得た」とされる独裁者プーチンの健康機密情報を衝撃暴露した。...
別窓で開く


[ プーチン ] の関連キーワード

ウクライナ アフリカ ツイッタ インド 国防省
ロシア