本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ノストラダムスの予言って2023年はどうなってる? 安心しろ!「人類は滅亡しない」らしいぞ!!
 「1999年7月、恐怖の大王が空から来る……」というなんとも不気味な予言が騒がれてから、はや23年。もはやあのときの騒ぎを忘れている方も多いのかもしれない予言者「ノストラダムス」。ああ、そんな人いたなぁ、というレベルの人が多いのかもしれませんが、まだまだ気を抜いてはいけません。...
別窓で開く

デンマーク情報当局「プーチン氏の開戦命令は、抗がん治療の副作用のせい」
デンマークの情報当局は「ウラジミール・プーチン・ロシア大統領のウクライナ戦争開始命令は、抗がん治療の副作用による妄想症のためだ」と主張した。2日(現地時間)、英国の日刊紙“デイリーメール”や米国の経済メディア”ビジネスインサイダー(BI)”などによると、デンマークの軍事情報局(FE)でロシアに関する...
別窓で開く

プーチン、習近平、北朝鮮、日本……2023年に「起きないこと」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が12月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「2023年に起きないこと」について予測した。新年演説を行うロシアのプーチン大統領=南部ロストフナドヌー 撮影日 2022年12月31日 SPUTNIK AFP=時事 / 中国の習近平国家主席...
別窓で開く

アメリカ、ロシア、中国……「誤算」は続き始めたら止まらない
宮家邦彦が12月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2022年を振り返るキーワードとして、「誤算」を挙げた。...
別窓で開く

22年に終わらなかったウクライナ戦争、関係国・地域の現状と今後は—中国メディア
2022年12月30日、紅星新聞は、ウクライナ戦争の混乱が続く中で、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、米国、EUの状況や今後の見通しについて報じた。まずロシアについては、29日にプーチン大統領が原子力潜水艦4隻を新たに建造して「今後数十年間の安全を確保する」と発表したほか、これ以前にも陸上発射大陸間弾...
別窓で開く

タモリが「あれを超える出来事はない」と断言…『Mステ』ドタキャン騒動の「t.A.T.u.」が“ロシアの希望”だったワケ
「t.A.T.u.(タトゥー)が出たくねえと申しております」 2003年6月27日、テレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』(以下、『Mステ』)のその日の放送も終わりに近づき、司会のタモリがそう伝えた。 t.A.T.u.とは、レナとジュリア(当時いずれも18歳)というロシア人の少女デュオで...
別窓で開く

対中国の水際対策強化 差別ではない当然の防衛措置
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が12月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。30日のロシアのプーチン大統領と中国の習近平国家主席のオンライン会談、中国の「ゼロコロナ」政策の転換について解説した。...
別窓で開く

「理想」だけでは実現しない核軍縮 重要な「現実」とのバランス
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が12月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「核なき世界」への「理想」と「現実」について解説した。画像提供:共同通信社岸田総理大臣は2023年1月上旬から中旬にかけてG7主要7ヵ国のメンバーのフランス、イギリス、アメリカなどを歴訪し、そ...
別窓で開く

ロシアに付き合いたくないが、逆らえない “可哀想な国”ベラルーシ
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が12月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナのミサイルのベラルーシへの着弾について解説した。サンクトペテルブルクで、ベラルーシのルカシェンコ大統領(左)を歓迎するロシアのプーチン大統領 撮影日:2022年12月26日 SPUT...
別窓で開く

外国への猜疑心、火器への異常信仰??司馬遼?太郎が40年前に喝破した「ロシアの特異性」の中身
司馬氏が喝破していた、あの国の「かたち」とは——。ノンフィクション作家・広野真嗣氏による「司馬遼?太郎『ロシアについて』の慧眼」(「文藝春秋」2023年1月号)を一部転載します。◆◆◆■司馬遼太郎がみたロシアとは? 砲撃で破壊された病院や学校。後ろ手に縛られ殺害されたウクライナ市民……。...
別窓で開く