本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スーパーキャッチで重症…福田秀平はなぜいまもホークスファンに愛されるのか
 執念の超絶ファインプレーだったが、大きな代償も負うことになってしまった。 8月24日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ対西武。2−2の同点で迎えた7回表無死一塁にそれは起きた。ロッテの右翼手・福田秀平が担架で運ばれて退場したのだ。 こんなプレーだった。...
別窓で開く

「見てごらん? 駒田の足だよ」僕が個性的なベイスターズにハマった運命の瞬間
 お笑いライブが終わり、いつものように急いで野球速報を開くと「横浜スタジアム17連勝」(8月21日時点)という嘘みたいな文言が目に飛び込んできた。無くなるほど目を擦ってみたがこれはどうやら現実らしい。(多分ベイスターズファン全員やってる) 僕はファン歴28年、そして芸歴11年の間ネタをメインでやりつ...
別窓で開く

ピンチでも「他人が出したランナーだし」…“火消しの嘉弥真”はなぜ私をひきつけるのか
 長年、ジワジワと気になってしまっている人物がいる。「火消しの嘉弥真」 そう呼ばれている彼は、どこかの伝説の消防士ではない。 今季でプロ11年目を迎えたホークスの左ピッチャー、嘉弥真新也投手だ。 取材を始めたころは書くのに苦戦していた名字の「かやま」という漢字も、今ではスラスラとかけるようになった。...
別窓で開く

「あの少女はナパーム弾ではなく、火鉢の事故で燃えたんじゃないか」…報道写真「戦争の恐怖」がアメリカ軍に“フェイク扱い”された事情
「助けて、孫を助けて」老女の手には全身火ぶくれで皮膚もずるりと剥けた3歳の少年が…悪魔の兵器“ナパーム弾”の最悪 から続く 世界を震撼させた報道写真「戦争の恐怖」——ナパーム弾の爆撃直後という衝撃的な瞬間を、カメラマンはなぜ撮ることができたのか? その経緯を、朝日新聞記者の藤えりか氏の新刊『 「...
別窓で開く

ロッテ・国吉の大乱調、「いくらなんでもおかしい」疑惑の声 故障説が浮上するワケは四死球連発以外にも
10日に行われた二軍・ロッテ対巨人戦。「6-4」でロッテが勝利したが、試合結果以上に話題となったのがロッテのプロ13年目・30歳の国吉佑樹の大乱調だった。 国吉はこの日、「4-0」とロッテ4点リードの7回表に2番手として登板。しかし、1死後に加藤廉、北村拓己、松原聖弥に相次いで四球を与え1死満塁の大...
別窓で開く

佐々木朗希『完全試合』実況担当アナウンサーが明かす舞台裏 その偉業を振り返る
ニッポン放送では、千葉ロッテ・佐々木朗希投手が達成した日本プロ野球界28年ぶり16人目の「完全試合」の舞台裏を、同試合を実況したアナウンサーの証言と共に振り返る企画を5月3日(火)に放送する。【プロ野球ロッテ対オリックス】 ロッテ先発・佐々木朗希 28年ぶり、20歳5カ月の史上最年少でプロ野球史上1...
別窓で開く

ニッポン放送は24日(日)、ロッテ・佐々木朗希投手『速報生レポート』実施決定!
ニッポン放送では、24日(日)に登板が予定されているロッテ・佐々木朗希投手の速報生レポートをニッポン放送の各番組内で実施することが決定した。...
別窓で開く

大谷で大はしゃぎ「スッキリ」の中、ひと味違う河瀨直美のコメントが唸らせる
注目を集めていた大リーグのMVP発表。大谷翔平は投票権のある記者30人が全員1位に選出する「満票」でMVP獲得。19日(2021年11月)のスッキリでは、結果が出る前から大谷フィーバー状態だった。岩田絵里奈アナが「間もなく、メジャーリーグのMVP発表です。...
別窓で開く

大谷MVP? 長嶋一茂「満票でなかったら嫌味言っただろう」
米国メジャーリーグで投打の二刀流で活躍する大谷翔平選手がア・リーグのMVP・最優秀選手に満票で選ばれたことを、19日(2021年11月)の「モーニングショー」は米国の発表テレビ放送を生中継し速報で伝えた。日米のスタジオで同時に拍手がわき、一瞬映し出された大谷は驚きとはにかみの表情を浮かべた。...
別窓で開く

ドコモ通信障害・制限 長嶋一茂「いつ起きても不思議ではない」
NTTドコモできのう14日(2021年10月)、全国規模の通信障害が発生し、通話やネットのデータ通信が17時ごろから3時間つながりにくくなった。「さまざまな混乱が復旧発表後も一部で続いています」と司会の羽鳥慎一が伝えた。■復旧発表後も混乱ドコモのスマホでは地図アプリが表示されず、コンビニや飲食店、タ...
別窓で開く


[ プロ野球速報 ] の関連キーワード

ニッポン放送 ホークス アメリカ フェイク mvp
ドコモ ロッテ 佐々木