本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



復讐の暗殺者マギー・Q!『マーベラス』 はクールなエレクトロ・スコアも必聴!! ドラムンベースの鬼才フォーテックが音楽担当
『マーベラス』© 2021 by Makac Productions, Inc.■マギー・Q×マイケル・キートン×サミュエル・L・ジャクソンが体現する“超一流の美学”香港映画『レディ・ウェポン』(2002年)で注目を集め、『M:i:III』(2006年)と『ダイ・ハード4.0』(2007年...
別窓で開く

ドラフト指名は叶わずも、レイカーズと契約の息子を名手ピッペンが祝福「今日は最高の瞬間のひとつだ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日にバークレイズ・センターで開催されたNBAドラフト2022では、1巡目全体1位でオーランド・マジックから指名を受けたパオロ・バンケロ(デューク大)をはじめ、2位指名のチェット・ホルムグレン(/オクラホマシティ・サンダーゴンザガ大)、3位指名のジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロ...
別窓で開く

【NBAドラフト候補】ロケッツからの3位指名が有力視。デューク大出身のイタリア系エース、パオロ・バンケロとは<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトは、現地時間6月23日にブルックリンのバークレイズ・センターで開催される。 各メディアの予想で上位指名候補に挙げられているのは、オーバーン大のジャバリ・スミス、ゴンザガ大のチェット・ホルムグレン、そしてデューク大のパオロ・バンケロ。いずれも大学のフレッシュマン(1年生)たちだ。...
別窓で開く

【NBAドラフト候補】名は2年連続MVPの大先輩と一文字違い。将来性抜群の大型ウイング、ニコラ・ヨビッチ<DUNKSHOOT>
来週開催されるNBAドラフトで、注目されている欧州選手の1人が、セルビアのニコラ・ヨビッチだ。 彼の名前をローマ字で書くと「Nikola Jovic」。一瞬スペルミスか?と、二度見してしまうのも無理はない。NBAで今季2シーズン連続のMVPに輝いた同国の大先輩、ニコラ・ヨキッチとは1文字違いなのだ。...
別窓で開く

フリッツ・ハンセンがパビリオンを建設し、創業150周年を記念した展示をコペンハーゲンで開催
フリッツ・ハンセンは、6月15日から17日にかけてコペンハーゲンで開催されるデザインイベント、3 days of designにて特別な展示とともに創業150周年を祝います。150年という節目を迎えるにあたり、私たちはかの有名な建築事務所、ヘニング・ラーセン・アーキテクツと提携して「フリッツ・ハンセ...
別窓で開く

法改正で変わる! 男性の育児休業 「取るのは当然」Z世代が激論
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「フラトピ!」のコーナーでは、変化する“男性の育児休業”についてキャスターの田中陽南が取材しました。◆法改正で、男性の育休取得率は変わる?男女とも希望に応じて仕事と育児を両立できる社会を目指し、...
別窓で開く

 厚生労働省の「化学物質のリスク評価検討会」(座長:名古屋 俊士 早稲田大学名誉教授)では、毎年度、事業場で使用されている化学物質による労働者の健康障害のリスク評価を行っている。このほど、2物質に関する初期リスク評価の結果と、4物質に関する詳細リスク評価を報告書としてまとめ、公表した。 主要なリスク...
別窓で開く

「神だ」ハーランドがセルビア戦で決めた豪快弾にファン驚嘆! シティサポは歓喜「早くプレーさせたい」
 現地時間6月2日に行なわれた欧州ネーションズリーグで、ノルウェー代表がセルビア代表と敵地で対戦。1-0で勝利を収めた。 ノルウェーに勝利をもたらす決勝点を決めたのが、来シーズンからマンチェスター・シティへの移籍で合意している21歳のストライカー、アーリング・ハーランドだ。...
別窓で開く

Netflix、世界各地のランドマークに裏側の世界へとつながるゲートが出現することを発表 「どれだけ予算かけたのかな」「ニューヨークに住んでいてよかったわ」
昨日お伝えした『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の公式アカウントによる謎ツイートの意味が判明しました。5月26日、Netflixは世界14か国のランドマーク15か所に、裏側の世界へとつながるゲートが出現することを正式に発表しました。まもなく配信開始となる「ストレンジャー・シングス 未知の世界 ...
別窓で開く

過激に、拝金主義な世界を笑い飛ばす!冴えないモデル×インフルエンサーカップルの悲惨すぎる豪華クルーズ船の旅を描く『トライアングル・オブ・サッドネス』【カンヌ映画祭レポート】
YouTube『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(2017年)で初コンペでカンヌ映画祭の最高賞パルム・ドールを獲得したリューベン・オストルンドがコンペに帰ってきた。『フレンチアルプスで起こったこと』(2014年)からの持ち味であるブラック・ユーモアに磨きをかけて、『ザ・スクエア』より過激に、拝金主義な...
別窓で開く