本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バイデン米大統領、訪日で中国けん制、軍事・経済の新方案を提示=韓国報道
米国のジョー・バイデン大統領は来る22日より日本を訪問し、軍事と経済の両面で中国をけん制するための新しい案を提示する予定だ。バイデン大統領は20〜22日、韓国の日程を終えた後、22〜24日には日本を訪問する。バイデン大統領と岸田文夫首相の日米首脳会談は23日に予定されている。...
別窓で開く

藤原大祐「この3年間は、とにかくその時どきを必死で頑張って駆け抜けた」
微かにあどけなさが残る笑顔や、力強くて鋭い眼光。シャッターを切るごとに多彩な魅力を放つ俳優・藤原大祐さんを、2000年生まれの気鋭の写真家・柘植美咲さんが撮り下ろし。2019年に芸能活動を始めて約3年。立て続けに話題作への出演を果たし、注目の若手俳優として躍進を続けている藤原大祐さん。...
別窓で開く

「ユダヤ人難民救済」中国も欲しがる樋口季一郎の偉業を正しく伝えたい
小野寺信(まこと)、樋口季一郎、藤原岩市——世界から称賛され、恐れられた3人の帝国陸軍軍人を通じて、大日本帝国のインテリジェンスの実像に迫る話題の新刊『至誠のインテリジェンス 世界が賞賛した帝国陸軍の奇跡』(小社刊)。その出版を記念して、著者の岡部伸氏と樋口季一郎の孫・樋口隆一氏(指揮者、明治学院大...
別窓で開く

放し飼いの犬に襲われ7歳男児が大怪我 いまだ逃走中の犬に住民から不安の声(英)
イギリスで先月、7歳の男児が放し飼いの犬に襲われて大怪我をした。友人宅の庭で遊んでいたところ、突然やって来た犬に飛びつかれた男児は肩や背中、胸などを強く噛まれ複数の傷を負い形成外科手術を受けた。現在は回復に向かっている男児だが、精神的なダメージが大きいという。男児を襲った犬は現在も逃走中で警察はその...
別窓で開く

Netflix最新ラインアップ一覧(2022年5月版) 『ストレンジャー・シングス』『攻殻機動隊 SAC_2045』の新シーズン配信
2022年5月のNetflix新着情報です。世界中で社会現象を巻き起こしたミステリー・アドベンチャー『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4 Vol.1(5月27日より配信)。...
別窓で開く

ロシア黒海艦隊がミサイルで炎上か。ロシアのGDPに占める「軍事費」の本当の割合とは
ロシア・ウクライナ間での軍事的争いが続いています。2022年4月14日、複数メディアが「ロシア黒海艦隊をウクライナ軍がミサイルで攻撃した」可能性があると報じました。また、同攻撃を受けてか、「艦隊が炎上している」とも伝えています。ところで、ロシアは軍事にどのくらいお金を費やしているのでしょうか。...
別窓で開く

魔都・上海を舞台に女スパイも暗躍。知られざる日中終戦工作
1937年に北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)で日本軍と中国軍が衝突した「盧溝橋事件」は、歴史の教科書で目にしたこともあるでしょう。ここから始まる日中戦争の終結の糸口を探るため、?介石との直接和平工作というミッションを与えられたのが、諜報の神様と呼ばれた小野寺信(まこと)でした。...
別窓で開く

MI5が危険視! 2000万円の価値があったオノデラ情報
戦前の日本は、情報収集の面では必ずしも連合国に“完敗”していませんでした。その根拠として、インテリジェンス大国のイギリスが小野寺信(まこと)のことを、国際基準で第一級の情報士官と認めて、徹底マークしていたことが英国立公文書所蔵の公文書からわかると、産経新聞論説委員の岡部伸氏は指摘します。...
別窓で開く

ワリエワの“ドーピング問題”は8月8日までに調査完了か。本人は故郷カザンでの勲章授与に満面の笑み
北京五輪で世界に衝撃を与えたドーピング問題は、8月8日までに調査が完了する見込みだ。ロシア国営通信社『TASS』が世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の声明を公開し、明らかにしている。...
別窓で開く

まさにジェームズボンド! 日本陸軍武官室に勤務していた「岩延平太」
ポーランド亡命政府から「ソ連が裏切る」という、日本にとって敗戦を決定づける近代史上最大級の情報が、諜報の神様と呼ばれた小野寺信(まこと)に届けられました。これは、ポーランドから日本への“返礼”であったと産経新聞論説委員の岡部伸氏は語ります。※本記事は、岡部伸:著『至誠の日本インテリジェンス -世界が...
別窓で開く


[ ホルム ] の関連キーワード

netflix ジェームズ シングス sac ユダヤ
ロシア