本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ルガンスク知事「ロシア軍が白リン弾を投下」「ナチスも使った兵器…破壊的で醜い」
ロシアがウクライナ東部地域で国際法上禁止された白リン弾を使用したとウクライナ側が主張した。セルヒ・ハイダ=ルガンスク(ルハンシク)知事は13日(現地時間)、フェイスブックを通じて「ロシア軍戦争犯罪者たちがポパスナシ(市)で白リン弾を使用した」とし「破壊的で醜い軍」と明らかにしたとウクリンホルム紙が報...
別窓で開く

「情報軽視」で世界情勢を見誤ることが戦争の悲劇へとつながる教訓
諜報の神様と呼ばれた小野寺信(まこと)は、ポーランドのミハウ・リビコフスキからの情報などで、1940年代欧州の戦局をリアルに把握していました。しかし当時、日本の中枢は、それらの情報を拒絶し、大東亜戦争開戦へと向かってしまったと産経新聞論説委員の岡部伸氏は指摘しています。...
別窓で開く

Off-White c/o Virgil Abloh?とストックホルム発の電子楽器メーカーが開発した魔法のスピーカーとアパレルコレクションが完成
Off-White c/o Virgil Abloh?は、2007年に設立されたスウェーデンの電子楽器メーカー、Teenage Engineeringとのコラボレーションを発表します。両ブランドは最高級の電子機器メーカーとOff-Whiteのシグネチャーコードを融合させ、長年かけて蛍光オレンジのスピ...
別窓で開く

「ドイツ軍が棺桶を準備」機密情報を無視した残念な日本政府
戦前、日本軍のインテリジェンスは世界標準を超えていたと話すのは、産経新聞論説委員の岡部伸氏。諜報の神様と呼ばれた小野寺信(まこと)が、情勢分析する際に最も役立ったのは、ペーター・イワノフと名乗り、通訳官として日本の陸軍武官室に勤務していたポーランドの大物インテリジェンスオフィサー、ミハウ・リビコフス...
別窓で開く

「日米開戦は断固すべからず」諜報の神様と呼ばれた小野寺信
産経新聞論説委員の岡部伸氏によると、戦前の日本は「謀略は誠なり」の精神で、世界初の情報士官養成所「陸軍中野学校」を開設しているのであるから、日本人にはインテリジェンスの潜在能力があるはず。「枢軸国側諜報網の機関長」と連合国に恐れられた小野寺信(まこと)。小国の情報士官と協力、連合軍を震撼させた“至誠...
別窓で開く

「ノルドストリーム2」の破産手続き検討で転換を迫られるドイツのエネルギー政策 〜日本を「化石賞」と揶揄していたが
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月2日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。IEAの臨時閣僚会合が開かれ、日本や欧米諸国など加盟国が協調して6000万バレルの石油備蓄を放出することで合意したというニュースについて解説した。...
別窓で開く

「謀略は誠なり」情報戦が展開される今こそ知りたい3人の日本人
「日本人はインテリジェンス(諜報活動)が苦手だ」と能力を過小評価される傾向があるが、それは間違っている。戦前の日本軍には、ヤルタ密約をキャッチした小野寺信。2万人のユダヤ人を救い、北海道を守り日本分断を防いだ樋口季一郎。F機関を率いてアジアを開放した藤原岩市がいた。産経新聞論説委員の岡部伸氏が、“至...
別窓で開く

食べて巡って2千円分のお買い物券を当てよう! 赤坂&紀尾井町エリアで「街歩きデジタル de スタンプラリー」が開催中
食楽web 東京の赤坂・紀尾井町エリアといえば、言わずと知れた東京の中心地。都心にありながら四季の変化を感じられる緑豊かなエリアで、乃木神社や日枝神社、豊川稲荷東京別院など歴史と風情を感じる寺社仏閣から、迎賓館(赤坂離宮)や紀尾井ホールなどの文化的・国際的な施設まで、多くの見どころが点在しているため...
別窓で開く

フリッツ・ハンセン 150th —タイムレスデザインの証
フリッツ・ハンセンは創業150周年を記念し、東京の九段ハウスにて、歴史が紡いだフリッツ・ハンセンの今を表現する展覧会を開催します。フリッツ・ハンセンは、アルネ・ヤコブセン、ポール・ケアホルム、ハンス・J・ウェグナーなど家具デザインを決定的に変えた巨匠たちと、北欧デザインの輪郭を作りあげてきました。...
別窓で開く

アイスの棒で作った全長数cmのミニ帆船模型 ディティール表現の細かさに驚愕
 模型のジャンルは幅広いものがありますが、身近なものを素材にした模型は、素材を知っていることもあって模型とのギャップに驚くこともしばしば。 大海原をゆく全長数センチの小さな帆船模型。素材はなんと、アイスの棒なのだといいます。 アイスの棒で本格的なディティールのミニ帆船模型を作っているのは、大和さん。...
別窓で開く