本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ国防相、汚職問題受け交代へ…ロシア侵略開始前から軍事戦略指揮
 ウクライナ国営通信などは5日、オレクシー・レズニコフ国防相(56)が退任し、後任に国防省の情報機関「情報総局」のキリル・ブダノフ局長(37)が就任する見通しになったと報じた。国防省の汚職問題を受け、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領が近く内閣改造を行うという。 ゼレンスキー氏に近い与党幹部の議員が...
別窓で開く

中国軍の「気球部隊」、中南米・東南アジア・欧州でも…米高官が指摘
 【ワシントン=蒔田一彦】米国は、大西洋上で4日に撃墜した中国の偵察用気球について、中国軍の指揮下にある「気球部隊」の活動の一環だとみている。撃墜した気球の搭載機器などを回収・分析し、実態解明を図る考えだ。ただ、気球が米本土を横断するまで撃墜を見送ったバイデン政権の対応には、国内で批判が上がっている...
別窓で開く

ウクライナ国防相辞任へ=汚職で引責、士気に影響も
 ウクライナ国防省の汚職疑惑に絡み、レズニコフ国防相が引責辞任し、後任に同省情報総局のブダノフ長官が就く見通しとなった。現地メディアが5日、与党議員らの情報として伝えた。報道に先立ち、レズニコフ氏本人は同日の記者会見で「永遠に居座る者はいない。人事を決めるのはゼレンスキー大統領だ」と辞任を示唆してい...
別窓で開く

ロシア、「併合」4州を南部軍管区の管轄下に…既成事実化進める狙いか
 タス通信などは、ロシア国防省が、ロシアが一方的に併合したウクライナ東・南部4州を露軍の南部軍管区の管轄下に組み込んだと報じた。プーチン政権が、併合の既成事実化を進める狙いとみられる。 報道によると、露国防省のホームページで3日、露南部ロストフ州に司令部がある南部軍管区の地図にドネツク、ルハンスク、...
別窓で開く

中国、対抗措置を示唆=米国の気球撃墜は「過剰反応」
 【北京時事】中国国防省は5日、中国の気球を米国が撃墜したことについて「明らかに過剰反応であり、厳重に抗議する」との報道官談話を発表した。「必要な手段を使って類似の状況に対処する権利を留保する」とし、対抗措置を示唆した。中国軍が何らかの行動を起こす可能性がある。 中国外務省も5日の声明で「強烈な不満...
別窓で開く

ノルウェー次期主力戦車「レオパルト2A7」に決定 韓国K2とのトライアル結果
現在運用中の「レオパルト2A4」はどうするのでしょう。引き渡し開始は2026年の予定 ノルウェー国防省は2023年2月3日、陸軍の次期主力戦車(MBT)にドイツ製「レオパルト2A7」を採用したと発表しました。 調達数は54両、さらにオプションで18両を追加調達する可能性があり、引き渡しは2026年か...
別窓で開く

韓国の新安で船舶事故、尹大統領が緊急指示...「できるものはすべて利用し、総動員で人命救助を」
韓国南西部の港町、チョルラナムド(全羅南道)モッポ(木浦)市シンアン(新安)郡にあるイムジャド(荏子島)付近の海上で、4日午後11時19分ごろ、9人が行方不明になる浸水事故が発生した。ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領はこの事故に関連し、人命救助に万全を期すよう緊急の指示を出した。韓国の大統領室は5日午...
別窓で開く

激戦地バフムトは徹底抗戦の象徴、ゼレンスキー氏「可能な限り戦う」…米欧は撤退論
 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は3日、ロシア軍との最大の激戦地になっているウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムトについて、「我々は可能な限り戦う」と述べ、撤退しない姿勢を強調した。バフムトは、ウクライナ侵略を続けるロシアへの徹底抗戦の象徴となっており、国民の士気低下を避けるためとみ...
別窓で開く

 【パリ=梁田真樹子】フランスのセバスチャン・ルコルニュ国防相は3日、イタリアのグイド・クロゼット国防相と電話で会談し、仏伊両国で共同開発した地対空ミサイルシステム「SAMP/T」をウクライナへ供与することを決めた。仏国防省が発表した。 発表などによると、SAMP/Tは射程約100キロ・メートルとさ...
別窓で開く

え、空母サンパウロ買うの!? ブラジル沖漂う沈みかけの幽霊船に救いの手 事態は急展開
何に使うつもりなのか?最初に購入した会社の3倍の値段で購入を示唆 現地時間の2023年1月31日、ブラジル海軍が自沈を計画していた、元空母「サンパウロ」に関して新たな動きがありました。サウジアラビアのSela(セラ)という企業が、3000万レアル(約7億6400万円)で同元空母の購入を提案したと現地...
別窓で開く