本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米韓が「国防相・外相」連鎖会談…「対北拡張抑止・日米韓協力」などを調整
米国と韓国は今週、ワシントンDCとソウルで立て続けに「国防相会談」と「外相会談」を行ない、北朝鮮の核・ミサイル脅威への対応をはじめとした懸案を話し合う。米韓同盟70周年を迎え、年初めから両国の外交・安保高位級ラインが奔走している。イ・ジョンソプ(李鐘燮)国防相は31日、韓国ソウルでロイド・オースティ...
別窓で開く

インド海軍待望の新型潜水艦「ヴァギル」就役 原型はフランス・スペイン共同設計
インドはドイツ製やロシア製の潜水艦も保有しています。カルヴァリ級の最終番艦も進水済み インド国防省は2023年1月23日(月)、新型潜水艦「ヴァギル」が就役したと発表しました。「ヴァギル」はインド海軍が整備を進めるカルヴァリ級潜水艦の5番艦です。全長は67.5m、幅は6.2m、高さ(深さ)は12.3...
別窓で開く

T-14 vs レオパルト2 ロシア最新主力戦車は信頼と実績のドイツ戦車に対抗しうるのか?
西側諸国によるウクライナへの戦車供与が大きく取りざたされるなか、ロシア側にも最新主力戦車に動きが見られました。21世紀のハイテクが詰まったT-14戦車は、信頼と実績たっぷりのドイツ「レオパルト2」に対抗しうるのでしょうか。「レオパルト2」ウクライナへ 一方ロシアにも最新戦車に動きが…? ドイツ製戦車...
別窓で開く

ウクライナに「電動キックボード」供与? ラトビアが軍用バギーとスクーター支援 国民の寄付
ロシアに近いだけに危機感は強い。GDPの約1%を軍事支援にあてる予定 ラトビア国防省は、ラトビアで製造されたウクライナ向け軍用車両の初期出荷分の引き渡し式を2023年1月25日に行いました。 今回供給される軍用車両は、9台の軍用バギーと 9台の戦闘支援プラットフォーム、および同国のグローバルウルフモ...
別窓で開く

米空軍幹部「2年以内に中国と戦争を」…米国防省が「鎮火」に乗り出す
「米国空軍の幹部が『米国は中国と2年以内に戦争を起こす可能性がある』と部下の将兵たちに警告したことが物議を醸してこの報道によると、米国空軍航空機動司令部の司令官であるマイク・A・ミニハン大将は、将兵たちに送ったメモで「習近平中国国家主席の戦争への熱望を、米国が捉えることができない可能性がある」とし「...
別窓で開く

ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
 ロシアがウクライナへの侵攻を開始してから、間もなく1年を迎える。 そんな中、1月22日、ウクライナのゼレンスキー大統領は、首都キーウで開かれた会合で「今年中の勝利も可能だ」と発言。ウクライナ国防省の情報当局も「今年の春から初夏にかけてが、決定的な時期になるだろう」との見通しを示した。...
別窓で開く

イギリス「シーキング」ヘリコプターをウクライナへ供与 すでに黒海沿岸で実戦投入
ウクライナ海軍の捜索救難能力が復活する足掛かりに。ウクライナでの運用は黒海沿岸で イギリス国防省は2023年1月22日、ウクライナにウエストランド「シーキング」ヘリコプターを供与し、ウクライナ海軍で運用されていると発表しました。...
別窓で開く

「勝手に侵略しておいて、何をふざけた」辛坊治郎が憤慨 ロシア参謀総長がウクライナ侵攻を「第二次大戦以来の危機」と表現
キャスターの辛坊治郎が1月25日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ロシア軍のウクライナ侵略作戦を指揮する参謀総長がロシア紙に対し、ウクライナ侵攻について「第二次大戦以来の危機」と表現したことをめぐり、「勝手に侵略しておいて、ふざけたこと言っている...
別窓で開く

米国「北の核実験」を懸念…「韓国などの同盟国と緊密に協力」
米国防省は北朝鮮による核実験の可能性について「韓国など同盟国との協力を続けていく」という立場をあらためて明らかにした。24日(現地時間)米国防省の報道官は会見を通じて「北朝鮮による核実験の準備が懸念される」とし「これは域内安保の阻害行為であり、われわれが注視していることだ」と強調した。...
別窓で開く

ロシアもう後がない? ついに最新戦車T-14をウクライナ至近へ配備した理由 ハッタリなのか?
2023年1月、ロシア最新戦車T-14がウクライナ国境近くに配置されていることを、英国防省が衛星画像で確認しました。しかし数はごくわずか。戦力的にほぼ貢献しそうにない同戦車が、あえて戦闘に投入されるかも知れない意味を推察します。最新戦車T-14がウクライナ国境至近に出現 イギリス国防省は2023年1...
別窓で開く