本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年で67回目 NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)の全力サンタ追跡
 今年もやってきたクリスマス。サンタクロースもプレゼントを用意し、準備をしていることでしょう。 アメリカ軍とカナダ軍からなる防空組織NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)では1955年以来、毎年サンタの動きを全力で追跡し、NORADのサンタ追跡サイトを通じてリアルタイムに居場所を発信しています。...
別窓で開く

米研究者「韓国はNPTを脱退して核武装する権利がある」…米国防省系媒体に答える
韓国が核拡散禁止条約(NPT)から脱退し、独自の核武装に乗り出すのは合法的で正当だという主張が米国から出ている。 ダリル・プレス米国ダートマス大学教授は北朝鮮の長距離ミサイル開発で米国の核の傘の信頼度が落ちたとし、韓国が自ら抑制力強化方案を模索しなければならないと明らかにした。...
別窓で開く

ゼレンスキー大統領が訪米 「国外へ出た意味は2つある」辛坊治郎が解説
キャスターの辛坊治郎が12月22日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ウクライナのゼレンスキー大統領が21日、今年2月24日にロシアの侵攻を受けて以来、初めて自国を離れアメリカを訪れ、バイデン大統領と会談するとともに連邦議会で演説したことについて、...
別窓で開く

【北朝鮮幹部インタビュー】ロシアに武器輸出して小麦粉と原油を受け取った
ウクライナ侵攻を進めているロシアに対して、北朝鮮が武器を提供しているという疑惑が取りざたされているが、北朝鮮は繰り返し「今までも武器取引はなく、今後もない」と否定している。これについて韓国デイリーNK取材班は、北朝鮮の高位幹部とのインタビューを行った。...
別窓で開く

「次期戦闘機」は“戦闘機の開発”じゃない 日英伊が目指すもの 実は名前からも明らか
次期戦闘機の開発が日英伊の三国共同開発に決まりました。それぞれの国が求める、全く新しい戦闘機。その姿を予測することは難しいものの、単なる“戦闘機の開発”ではないことは明らかです。プロジェクトを基本のキから見ていきます。三か国が“対等に”共同開発する次期戦闘機 日本、イギリス、イタリアの政府は2022...
別窓で開く

米国防省の元高位者が、日本が北朝鮮に反撃能力を行使する際に韓国政府の許可を得る必要はないと明らかにしている。米国防総省が運営するメディア「VOA(ボイスオブアメリカ)」韓国語版は17日、ハイノ・クリンク(Heino Klinck)元国防次官補代理のインタビュー記事を掲載し、このような内容を報じた。...
別窓で開く

40年前開発のトマホークでは日本は守れない、これだけの理由 本末転倒の防衛予算増額はむしろ日本の防衛力を削ぐ結果にも
まず防衛産業の育成から始めよ 国家安全保障戦略(安保戦略)が決定する前に、なぜ高い兵器を購入することが決まるのか。日本は、戦い方と抑止力を検討して、どの武器を持つべきなのかよく考えるべきだ。 今年の11〜12月にかけて、2つの海外の武器を購入することがほぼ決まったようだ。...
別窓で開く

金正恩、期待のドローン部隊指揮官「いけにえ」で処刑
朝鮮人民軍航空及び反航空軍(北朝鮮空軍)の苔灘(テタン)飛行場の無人機(ドローン)大隊の副大隊長が軍事裁判にかけられ、死刑判決を受けた。刑は今月10日に執行されたと、デイリーNKの軍内部情報筋が伝えた。北朝鮮は2015年に無人機部隊を立ち上げ、韓国との軍事境界線に近い苔灘に、自爆型ドローンを配備して...
別窓で開く

ロシア軍の砲弾不足はかなり深刻 かつての仲間はNATOへ寝返り、経済制裁による影響も
 大量の砲弾が消費されているウクライナの戦争では、アメリカとロシアの“我慢比べ”が続いているようだ。まずはロシアから見てみよう。AFP=時事は11月24日、「ロシア軍に『著しい』砲弾不足 米国防長官」の記事を配信した。 *** 記事はアメリカのロイド・オースティン国防長官(69)の発言を伝えたものだ...
別窓で開く

航空自衛隊向け次期戦闘機 日本・イギリス・イタリアの3国共同開発が決定
ベースはイギリスのテンペストでしょうか。同日付けで米国防総省との共同声明も発出 日本政府は2022年12月9日(金)、日本、イギリス、イタリアの3か国で次期戦闘機の共同開発で協力することを決め、それに関連して「グローバル戦闘航空プログラムに関する共同首脳声明」を発出しました。...
別窓で開く


[ 国防省 ] の関連キーワード

norad イタリア イギリス nato 北朝鮮
サンタ 自衛隊 ロシア