本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



チャールズ国王夫妻とウィリアム皇太子夫妻、伝統的な馬車に乗ってパレード 南ア大統領を国賓として歓迎
チャールズ国王が、即位後初めての国賓となる南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ大統領の歓迎式典を主催した。重要な外交イベントの初日には、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃が国王の代理で大きな役割を務めた。歓迎式典の後には国王夫妻と皇太子夫妻が伝統的な馬車に乗り、バッキンガム宮殿に向かう華やかなパレ...
別窓で開く

北朝鮮、軍需工場に砲弾の追加生産を指示、ロシア輸出用か
北朝鮮国防省は先月末、軍需工場に砲弾の追加生産の指示を下した。ウクライナへの侵略戦争を行っているロシアへの輸出用の可能性がある。デイリーNK編集部の取材によると、命令が下されたのは、慈江道(チャガンド)の江界(カンゲ)トラクター総合工場と、満浦(マンポ)将子江(チャンジャガン)工作機械工場。いずれも...
別窓で開く

NATOやアメリカの対応の速さもさることながら、その抑制的な対応に驚いた人もいるのではないだろうか。11月15日にウクライナ国境にほど近いポーランドの集落に「ロシア製」と見られるミサイル2機が着弾し、死者が2人出たと報じられた。ウクライナ紛争が始まって以来、第3国領に被害が出たのは初めてのことで、世...
別窓で開く

敗戦続きで指揮官の命令を信じられない…ロシア軍の「士気の低さ」5つの理由
〈何のために国民を戦争に送るんだ? 1948年製のヘルメットだと?〉 布がほつれ、青いガムテープで補修された防弾チョッキを手にカメラを睨む若者。「動員されたロシア兵らの訴え」とされる写真に付けられたコメントだ。◆ ◆ ◆■ロシア兵の半分近くが“戦闘不能” ウクライナ侵攻の開始から250日が過ぎ、ロシ...
別窓で開く

ロシア軍「へルソン撤退」で錯乱プーチンが「何をしでかすかわからない」究極の暴挙
 ロシア国防省が11月9日に自軍に対し、ウクライナ南部のヘルソン州一部地域からの撤退を命じ、11日には撤退が完了したことを発表した。反転攻勢を続けるウクライナ軍にとっては大きな前進となったが、どうやら手放しで喜べる状況ではないようだ。 ウクライナのミハイロ・ポドリャク大統領府長官顧問は10日、ロシア...
別窓で開く

◆ウクライナのために戦う「独立派チェチェン人」 ロシア軍のミサイルやドローンによる攻撃が続く最中の10月18日、ウクライナ最高会議(国会)は、チェチェン共和国イチケリアの主権を認める声明を採択した(賛成287、反対0、無投票64)。 これは、歴史的意義のある決定だ。  チェチェンはロシア連邦に属する...
別窓で開く

ウクライナ戦争が新たな局面に入った。2022年11月9日、約4万人規模のロシア軍が立てこもっていた南部ヘルソン州の州都ヘルソン市から全面撤退することを発表したからだ。ヘルソン州は2022年9月末にプーチン大統領が併合宣言した東・南部4州の一つ。同年2月末に始まった侵攻直後にロシア軍が制圧し、侵攻の成...
別窓で開く

「兵士は畑で取れる…」ロシア軍の人命軽視が招く“惨状” 専門家は「第二次世界大戦から全く進歩してない」
 1963年、佐藤純彌監督(1932〜2019)の映画「陸軍残虐物語」(東映)が公開され、多くの話題を集めた。そして今、世界各国のメディアが「ロシア軍残虐物語」の記事を配信している。軍事ジャーナリストは「報じられたロシア軍の人命軽視という体質はあまりに酷く、にわかには信じられないものばかりです」と言...
別窓で開く

北朝鮮、ロシアとの「兵器取引説」を改めて否定
北朝鮮国防省は7日、軍事対外事業局副局長名で談話を出し、ロシアとの兵器取引説を改めて否定した。朝鮮中央通信が伝えた。談話は「米国がわれわれとロシアの根拠のない『兵器取引説』を引き続き世論化して、なんとしてもこれを既定事実化してみようと策動している」と指摘。...
別窓で開く

劣勢にあるロシアが「あらゆるものを使い反撃」 その一環としての「ウクライナ産穀物の輸出合意」無期限停止
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が10月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。ロシアのプーチン大統領(ロシア・サンクトペテルブルク) AFP=時事 写真提供:時事通信ロシアがウクライナ産穀物の輸出合意を無期限に停止ロシア国防省は10月...
別窓で開く