本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年上半期(1月〜6月)、プレジデントオンラインで反響の大きかった記事ベスト5をお届けします。教養部門の第5位は——。(初公開日:2022年3月20日)解剖学者の養老孟司さんが『子どもが心配 人として大事な三つの力』(PHP新書)という本を出した。養老さんは「戦後の日本では、『自分の人生は自分...
別窓で開く

イチゴ丸ごと1粒!セブンの「フルーツわらび餅」は幸せの味。
「幸せの味がした」「やばいやつ」「買いだめよ」「雪見大福+イチゴの感じ」そんな口コミでじわじわ注目されているのが、セブン-イレブンで販売されている「いちごもちっと」です。記者も早速食べてみました。■解凍しても冷凍のままでもOK「いちごもちっと」は、イチゴをまるごと一粒包んだフルーツわらび餅です。価格...
別窓で開く

柴咲コウ、子どもたちと一緒に授業受け笑顔 氷河から出た1700年前の空気に「お久しぶりです!」
俳優の柴咲コウ(41)が10日、都内で行われたアウトドアブランド・マムートの『マムート160周年プロジェクト「山の日特別授業〜氷河のある世界のために〜」』に参加した。 小学校5年生、6年生のボーイスカウト25人と一緒に氷河と気候変動についての授業を受けた。雪を知ろうクイズなどに柴咲は元気よく参加。子...
別窓で開く

国家試験「管業」にトライ 家内の挑発にマンマと乗せられお受験【73歳・マンション管理員 哀愁の日々】
(「合格」の報はあっという間に知れ渡った(提供写真))【73歳・マンション管理員 哀愁の日々】#27 マンション管理員は、物件自体の問題、住民のトラブルなどさまざまなシーンに直面する。「廊下の電灯が消えた」「上の階がうるさい」「ゴミ集積場に回収不可のゴミがあった」「怪しげな女性が出入り」……。...
別窓で開く

古都京都に「祭り」が戻ってきた。7月の祇園祭に続き、8月のお盆には「五山送り火」が通常点火される。京都在住のジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳さんは「京都の祭りが中断したのは今回のコロナ禍だけではない。かつて戦時下においても、大規模な宗教行事が中止に追い込まれていた」という——。■京都のお盆の行事「五山...
別窓で開く

田中角栄元首相は、かつて政界最強の「田中軍団」を率い、絶大な政治力を誇示した。しかしロッキード事件のあとに脳梗塞で倒れると、派閥は分裂。急速に政治力を失った。原因はどこにあったのか。池上彰さんと佐藤優さんの共著『組織で生き延びる45の秘策』(中央公論新社)より一部を紹介しよう——。(第3回)田中角栄...
別窓で開く

ロッテ「雪見だいふく」は発売から40年のロングセラーとなっている。2019年度には年間売り上げが初めて100億円を超え、勢いが増している。なぜ人気が続いているのか。マーケティングライターの牛窪恵さんが40年におよぶ“開発とリニューアルの歴史”を担当者に聞いた——。■アイスクリームの販売、過去最高の5...
別窓で開く

北乃きい、激変した姿に視聴者も困惑「顔丸くなったな」「松下由樹に見える」
画像:時事1日に放送された「クイズ!THE違和感」(TBS系列)。同番組に出演をした女優の北乃きいさんの顔の変化に、驚きの声が寄せられています。北乃きい、モンスターズ・インクをめぐり「コラボスニーカーを買う」と明かす1日に放送された「クイズ!THE違和感」(TBS系列)に、女優の北乃きいさんがスタジ...
別窓で開く

韓国発かき氷店「ソルビン」の夏メニューが最高!韓国好きライターが食レポ
韓国でかき氷ブームを起こした「SULBING」(以下、ソルビン)が2022年2月19日、新大久保にオープンしました! ソルビンと言えば、パウダースノーのようなさらさらのかき氷が特徴。韓国の伝統菓子に斬新なアイデアを加え、現代風にアレンジしたスイーツを提供するコリアンデザートカフェです。...
別窓で開く

どこでも寝起きの自衛隊OB直伝 快適「車中泊」術 命を守る断熱&絶対に常備したいグッズ
道の駅の充実やオートキャンプ場の増加などで近年ちょっとしたブームになりつつある「車中泊」。快適に過ごすための専用グッズも各種販売されていますが、100円ちょっとで断然よくなる常備品を元自衛官が伝授します。安眠するためのコツ 昨今はクルマに寝泊まりする、いわゆる「車中泊」が人気です。...
別窓で開く


[ 雪丸 ] の関連キーワード

わらび セブン 自衛隊