本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「『悪い人がのし上がる』現実社会です」
? 私は国会議員の秘書をやっております。元議員の宮崎さんにこんなことを話すのもおこがましいのですが、社会は「いい人がバカを見て、悪い人がのし上がる」‥‥と、政治の裏側を見てそう感じます。これは政治に限りませんが、この現実をどう思いますか。早くも次の総理の座を狙った動きもあり、足の引っ張り合いが始まっ...
別窓で開く

「これ誰?」「真のお父様だよ」厳しい性教育、合同結婚式…当事者が語る“旧統一教会2世の子ども時代”
 安倍元首相銃撃事件の容疑者の背景をきっかけに注目を集めるようになった「宗教2世」問題。親の信仰に影響を受けて育った苦しみとは、どのようなものだろうか——。 TBSラジオ「荻上チキ・Session」パーソナリティであり、一般社団法人「社会調査支援機構チキラボ」代表の荻上チキさんは、自身のラジオ番組の...
別窓で開く

「小さい私からも献金を…」旧統一教会信者の両親に育てられた「2世」が語る、“自分が山上容疑者にならなかった”ワケ
「これ誰?」「真のお父様だよ」厳しい性教育、合同結婚式…当事者が語る“旧統一教会2世の子ども時代” から続く 安倍元首相銃撃事件の容疑者の背景をきっかけに注目を集めるようになった「宗教2世」問題。親の信仰に影響を受けて育った苦しみとは、どのようなものだろうか——。...
別窓で開く

岩盤支持層の高齢化とメディアの離反。トランプは賞味期限切れ?
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、米大統領選への出馬を表明したトランプ元大統領について語る。* * *アメリカのドナルド・トランプ前大統領(76歳)が先日、フロリダ州に所有する邸宅で2024年大統領選への出馬を表明しましたが、かつ...
別窓で開く

明日花キララに喧嘩を売ったYouTuberが消息不明に…同業者も「最悪の事態」を懸念
 モノマネ系女性YouTuber・ちくわが、約3週間にわたって更新をストップしていることで心配の声が相次いでいる。彼女は先日、元艶系女優・明日花キララの整形をイジる動画をアップし、ネットを騒がせていた。「ちくわは11月中旬、明日花の美容整形を嘲笑するかのようなモノマネ動画をアップし、本人から法的措置...
別窓で開く

ガーシー議員“アントニオ猪木以来”の懲罰危機も、ノーダメージの可能性
「(ガーシーへの)懲罰処分するなら、やるならやってみろよ、と。やり返してやるだけだと」12月9日、定例会見でこう語ったのはNHK党の立花孝志党首(55)だ。7月の参議院選挙で当選して以来、一度も国会に登院せず、アラブ首長国連邦に滞在しているNHK党の参議院議員のガーシーこと東谷義和氏(51)。...
別窓で開く

1976年の初版版発刊以来、日本社会学の教科書として多くの読者に愛されていた小室直樹氏による『危機の構造 日本社会崩壊のモデル』が2022年に新装版として復刊された。社会学者・宮台真司氏「先進国唯一の経済停滞や、コロナ禍の無策や、統一教会と政治の癒着など、数多の惨状を目撃した我々は、今こそ本書を読む...
別窓で開く

旧統一協会「解散請求」求める署名20万筆 「これ以上の被害を食い止めるため、次世代につながる答え必要」
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の宗教法人としての解散請求を求める署名が20万筆集まったことを受け、呼びかけ人らは2022年12月9日、「申入書」を文化庁の石崎宏明・宗務課長に手渡した。仮に裁判所から解散命令が出ても、旧統一教会そのものがなくなるわけではない。それでも、税制上の優遇がなくなることで...
別窓で開く

旧統一教会の被害者救済法案が衆院通過 橋本五郎「もう一歩いかないとダメ」
旧統一教会の被害者救済法案がきのう衆議院で可決された。与野党一致に「本当に奇跡に近い」「これからも被害者がいることを忘れないで」という元2世信者の切実な声とともに、どこに課題があるのかを9日(2022年12月)の「スッキリ」は取り上げた。■加藤浩次「議論し続けるのが大事」法案は、霊感などで不安をあお...
別窓で開く

「宮台真司教授」襲撃事件には一時公安部も投入され 迷宮入りかそろそろ逮捕か?
■ニット帽にマスク姿で無言 11月29日、東京都立大学(東京・八王子)で、社会学者の宮台真司教授(63)が暴漢に刃物で襲われた。宮台氏は重傷を負ったもののすでに退院し、12月7日には自らMCを務めるネット番組に出演し、近況を報告した。 犯人は身長180センチ前後。ニット帽にマスクでひと言も発すること...
別窓で開く


[ 統一教会 ] の関連キーワード

アントニオ