本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岸田総理、不当な寄付と気付いてから3年間は取消権を行使できると答弁 旧統一教会の被害者救済法案
岸田総理は、旧統一教会の被害者救済法案をめぐり、不当な勧誘で困惑しているか、判断できない状態で寄付をしても、不当な勧誘だと気づいた時から3年間は取消権を行使できるとの認識を示しました。...
別窓で開く

岸田首相が「3名の方、1時間半会った」と新答弁…旧統一教会“被害者”面会は本当なのか?
(旧統一教会被害者と面会、誰と会ったのか?(答弁する岸田首相、28日)/(C)日刊ゲンダイ) 岸田首相の国会答弁が波紋を広げている。真偽が疑問視される旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の被害者との面会をめぐり、「3名の方から約1時間半、直接うかがった」と明言したが、自民党の消費者問題調査会などの...
別窓で開く

“4人目のドミノ”? 秋葉復興大臣 旧統一教会系の月刊誌を定価より高額購入か
「4人目のドミノ」となってしまうのでしょうか。秋葉復興大臣に対する野党の追及がますます強まっています。1冊800円の旧統一教会関連の月刊誌を年間2万4000円で購入していたことが判明。「計算が合わない」と追及されましたが、秋葉大臣からは納得のいく説明はありませんでした。また、政府は旧統一教会などの被...
別窓で開く

岸田首相、反撃能力「ミサイル攻撃を低減」=救済新法、「困惑」要件に柔軟解釈—補正、午後に衆院通過
 衆院予算委員会は29日午前、岸田文雄首相と関係閣僚が出席し、外交・安全保障問題を主なテーマに集中審議を行った。首相は敵のミサイル基地などを攻撃する「反撃能力」(敵基地攻撃能力)に関し「抑止力を高めてミサイルなどによる攻撃の可能性を一層低下させる」と指摘。「しっかりした防衛力を持つことは、外交努力の...
別窓で開く

「政治とカネ」の問題で野党から追及を受けている秋葉賢也復興相は29日、衆院予算委員会で「疑惑のコンビニ」と批判された。秋葉氏は昨年の衆院選で次男が秋葉氏の名前入りタスキをつけて「影武者」として街頭活動を行った。秋葉氏は次男以外の「影武者」疑惑に「一切、そのような事実は承知していない」と否定したが、2...
別窓で開く

救済新法、総務会で了承=自民
 自民党は29日の総務会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を受けた被害者救済新法の条文案を了承した。公明党も近く党内手続きを終える予定。政府は12月1日にも閣議決定し、今国会での成立を図る方針だ。 新法はマインドコントロール下の寄付禁止を求める野党の主張などを踏まえ、寄付を勧誘する法人に対し...
別窓で開く

「パー券」「居眠り」で早くも窮地の松本剛明・新総務相 触れられたくない過去の“3つの問題”とは
《就任したばっかでもう疑惑発覚かぁ》、《追求されてる国会で居眠りしてるんだからさらにどうしようもない》──Twitterで有権者は、怒るというより呆れているようだ。もちろん、どちらのツイートも就任早々、2つの“不祥事”が発覚した松本剛明・総務相(63)に対するものだ。 *** まずはパーティー券問題...
別窓で開く

「川っぺりムコリッタ」荻上直子監督の新作「波紋」は統一教会問題予見?したかのような挑戦作
9月の公開後、ロングラン上映を続ける映画「川っぺりムコリッタ」の、荻上直子監督(50)の新作映画「波紋」が、23年初夏に公開されることが28日、分かった。夫が震災後に失踪し、新興宗教に救いを求めた女性が、重病を抱えた夫の突然の帰宅などに翻弄(ほんろう)され、ますます宗教に傾倒していく姿を、ブラックユ...
別窓で開く

荻上直子監督「人生最高の脚本」と自負 映画『波紋』に筒井真理子、光石研、磯村勇斗、江口のりこら実力派集結
女優の筒井真理子が主演を務め、光石研、磯村勇斗、江口のりこらが共演する荻上直子監督最新作『波紋』が、2023年初夏に公開されることが決定。特報、ビジュアル、キャスト&監督コメントが解禁された。 長編映画デビュー作『バーバー吉野』(2004)でベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受賞し、『かもめ食堂...
別窓で開く

荻上直子監督の新作映画『波紋』公開決定 主演は筒井真理子、共演は光石研、磯村勇斗ら
『川っぺりムコリッタ』(2021年)、『かもめ食堂』(06年)などの荻上直子監督の新作映画『波紋』が、2023年初夏に公開される。主演は筒井真理子。共演に、光石研、磯村勇斗、柄本明、キムラ緑子、木野花、安藤玉恵、江口のりこ、平岩紙らが名を連ねている。...
別窓で開く


[ 統一教会 ] の関連キーワード

のりこ 真理子