本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識
(答弁はボロボロ、もう持たない…(秋葉賢也復興相=衆予算委、25日)/(C)日刊ゲンダイ) 岸田首相はまたもや決断が後手に回って、自らの首を絞めることになりそうだ。野党の追及の矢面に立たされている秋葉賢也復興相のことである。 事務所費の親族還流疑惑に続き、秘書2人に選挙運動の報酬を支払った公職選挙法...
別窓で開く

岸田首相、配慮義務で実効性向上=被害者救済新法巡り—衆院予算委
 衆院予算委員会は28日午前、岸田文雄首相と全閣僚が出席し、2022年度第2次補正予算案の基本的質疑を行った。首相は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題の被害者救済新法を巡り、寄付勧誘に関する法人側の配慮義務を規定すると説明した上で「義務に反する不当な勧誘が行われた場合、民法上の不法行為の認定や損...
別窓で開く

首相、旧統一教会の被害者3人と面会「凄惨な経験を直接伺った」と明かす…衆院予算委
 岸田首相は28日午前の衆院予算委員会で、高額寄付被害を救済・防止する法案について、「(法人・団体から)配慮義務に反する不当な寄付勧誘が行われた場合、民法上の不法行為の認定やそれに基づく損害賠償請求が容易となり、さらに実効性が高まる」と述べ、政府案に理解を求めた。...
別窓で開く

旧統一教会への「質問権の行使」の発表は、「26年間なにもやっていなかった」ことを宣言するようなもの
数量政策学者の高橋洋一が11月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。文部科学省の旧統一教会への「質問権の行使」の発表の違和感について解説した。...
別窓で開く

『ほんとうの定年後「小さな仕事」が日本社会を救う』著者:坂本貴志〜話題の1冊☆著者インタビュー
『ほんとうの定年後「小さな仕事」が日本社会を救う』現代新書『ほんとうの定年後「小さな仕事」が日本社会を救う』現代新書/1012円坂本貴志(さかもと・たかし)1985年生まれ。リクルートワークス研究所研究員・アナリスト。一橋大学国際公共政策大学院公共経済専攻修了。厚生労働省にて社会保障制度の企画立案業...
別窓で開く

“宗教二世”長井秀和が暴露する「創価学会」の内幕を『ミヤネ屋』が扱えない理由
(画像)yu_photo / Shutterstock.com旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の「巨額献金」や「二世信者」問題に乗じるかたちで、お笑い芸人の長井秀和が創価学会の問題にも切り込んでいる。『週刊新潮』の11月24日号で「両親は創価学会に数千万円寄付した」と告白。ツイッターなどでも学会の...
別窓で開く

明日花キララの整形揶揄で炎上 YouTuberが「容姿いじり」「性加害告白」で収益を得る問題点
(明日花キララ(C)日刊ゲンダイ) タレントの明日花キララ(34)の整形を揶揄(やゆ)するモノマネ動画が炎上し、明日花側がモノマネ動画をアップしたYouTuber「ちくわ」に法的措置を取ることを表明した。 騒動の発端は14日、ちくわが自身のYouTubeチャンネルにアップした「【モノマネ】明日花キラ...
別窓で開く

岸田首相、自民・茂木氏と会談
 岸田文雄首相は27日、首相公邸で自民党の茂木敏充幹事長と会談した。2022年度第2次補正予算案、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を受けた被害者救済新法などの課題を巡り意見交換した。首相は23日にも茂木氏と会談している。 【時事通信社】...
別窓で開く

岸田政権「辞任ドミノ」どこまで続く!? 岸田おろしせず財務省支配の“増税”策
岸田文雄 (C)週刊実話Web相次ぐ閣僚の辞任で岸田政権の行き詰まりが顕著になってきた。もはや唯一の頼みの綱になった財務省は、増税による財政再建を視野に入れる。来春の統一地方選挙が低調な結果に終われば、岸田文雄首相は5月の広島サミットが退陣の「花道」になりかねない。...
別窓で開く

公明、統一地方選へ逆風警戒=「政治と宗教」教団問題で注目
 公明党が党勢回復の懸かる来年4月の統一地方選に向け、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題の余波をかぶる事態を警戒している。創価学会を支持母体とする事情から、「政治と宗教」の関係に注目が集まることは逆風となりかねないと判断。前哨戦と位置付ける茨城県議選(12月2日告示、11日投開票)の完勝を目指...
別窓で開く


[ 統一教会 ] の関連キーワード

youtuber 創価学会 財務省