本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【2020ドラフト総括:日本ハム】五十幡を2位で確保できたのは“日ハムらしさ”を貫いた結果。課題の捕手も古川確保で合格点
今年も大いに盛り上がったドラフト会議。果たして各チームは狙い通りの指名ができたのだろうか? 事前のチーム状況を改めて整理しながら、日本ハムのドラフトを振り返ってみよう。...
別窓で開く

「『やったよ』という気持ちを伝えたかった」日ハムのドラ2指名・五十幡亮汰が亡き母へメッセージ
2020年のプロ野球ドラフト会議が終了。ドラフト2巡目で日本ハムに指名された五十幡亮汰の感動秘話が、TBSでの『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』にて紹介された。 中学時代には“サニブラウンに勝った男”として名を轟かせる五十幡。2013年に出場した『全日本中学校陸上競技...
別窓で開く

ソフトバンクが松田宣浩の決勝打で日ハムに競り勝つ。「お客さんは聞いといてください」いつもの掛け声も新様式!
ソフトバンク3−2日本ハム/7月22日/PayPayドーム 一点を争う好ゲームはソフトバンクに軍配。対戦成績は1勝1敗の五分に戻った。 ソフトバンク・和田毅、日本ハム・マルティネスの先発で始まった試合。序盤は両投手が持ち味を発揮し、4回まで無得点で進む。 試合が動いたのは5回。...
別窓で開く

【2020年リベンジに燃える男たち:パ・リーグ】日本最強スラッガー・柳田は練習試合で大暴れ。日ハム、楽天はエースのカムバックに期待
いよいよ2020年のプロ野球が幕を開ける。昨年、不振や故障で本来の力を発揮できなかった選手たちは、なおさら強い気持ちを持って3ヵ月遅れの開幕に臨むはずだ。リベンジに燃える7人の男たちを紹介しよう。■東浜巨(ソフトバンク) 初めて規定投球回に到達した17年に最多勝に輝いたが、その後は故障癖が再発し、右...
別窓で開く

ヤクルト二軍戦「河川敷から試合を観ることが出来る」大手メディアSNSに批判 「球団側は禁止」指摘され削除も更に物議
 大手スポーツ紙『日刊スポーツ』(日刊スポーツ新聞社)が運営するツイッターアカウントの1つ「日刊スポーツ 日本ハム担当」が27日に投稿した内容が、ツイッター上のプロ野球ファンの間で物議を醸している。 当該アカウントは同日午後0時47分、この日ヤクルトの二軍本拠地・戸田球場(埼玉・戸田)で無観客で行わ...
別窓で開く

東北出身の女性芸能人といえば 1位 あき竹城、2位 佐々木希
東北出身と聞いてイメージする女性芸能人についての調査です。「特にいない」の25.3%を除くと、総合の1位は「あき竹城」で44.7%、2位は「佐々木希」で38.0%、3位は「壇蜜」で32.6%、4位は「渡辺えり」で28.5%、5位は「藤あや子」で20.7%という結果でした。総合ランキングの詳細は以下の...
別窓で開く

2017年 プロ野球優勝予想 セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンク
今年(2017年)のペナントレースで「優勝する」と思うチームについての調査です。「わからない」の41.0%を除き総計で見ると、セ・リーグで最も多かったのは「読売ジャイアンツ」で21.1%、次いで「広島東洋カープ」で14.1%、「阪神タイガース」で8.5%の順でした。...
別窓で開く

2017年 プロ野球チーム人気ランキング 1位巨人、2位阪神、3位日本ハム
プロ野球で応援しているチームは? という調査に対して、「応援しているチームはない」の39.6%を除き、総合ランキングの1位は「読売ジャイアンツ」で18.1%、2位は「阪神タイガース」で13.2%、3位は「北海道日本ハムファイターズ」で12.1%、4位は「広島東洋カープ」で7.0%、5位は「東北楽天ゴ...
別窓で開く

25歳以下のプロ野球 注目選手ランキング 1位は大谷、2位はオコエ
総計で見ると、「特にいない、わからない」の31%を除き、1位は「大谷 翔平(日本ハム)」で53%と断トツ、2位は「オコエ 瑠偉(楽天)」で26%、3位は「藤浪 晋太郎(阪神)」で18%、4位は「山田 哲人(ヤクルト)」で17%、5位は「柳田 悠岐(ソフトバンク)」で11%でした。...
別窓で開く



<前へ12345678910次へ>