本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



幼馴染の恋人にわざわざ「好き」宣言…朝ドラ史上最も“常識はずれなヒロイン”を演じた『ちむどんどん』黒島結菜の“スゴさ”
 黒島結菜は割り切れない俳優である。彼女がヒロインに抜擢された、朝ドラこと連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)の暢子を半年間見てそう感じた。割り切れないとは要するに一言で表現できないという意味合いだ。■想像と違った…『ちむどんどん』暢子の“鈍感さ” 黒島結菜が朝ドラヒロインに決まったニュースを見...
別窓で開く

『ちむどんどん』残り1週間 「気になること」「期待すること」をまとめてみた
「ヒロインの成長が全く見られない」「料理や仕事に対するリスペクト・愛情がまるで感じられない」「展開が雑で、ご都合主義すぎる」などの指摘が相次ぎ、SNSで日々「#ちむどんどん反省会」が盛り上がり続けた連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)。放送も残すところあと1週間。...
別窓で開く

10月スタート「孤独のグルメ」シーズン10の新しい楽しみ方は「耳」で…
 松重豊主演のグルメドラマ「孤独のグルメ」(テレビ東京系)のシーズン10が、10月からスタートする。シーズン1が始まった12年からコアなファンが年々増えており、歓喜の声が上がっているのだ。...
別窓で開く

『ちむどんどん』ヒロインに「自分勝手で腹が立つ」怒りの声 コメディシーンが伝わらず?
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の第118回が21日に放送された。 第118回は、暢子(黒島結菜)は全く気が付かないままだったが、歌子(上白石萌歌)と智(前田公輝)の二人はもどかしい関係が進まないままだった。そんな中、和彦(宮沢氷魚)は、歌子と智の間柄をなんとかしたいと思い悩んで、ある決断をし—...
別窓で開く

『雨を告げる漂流団地』『SPY×FAMILY』ほか話題作が続々 快進撃を見せる新鋭スタジオ5選
ハイクオリティな作品を多数生み出し、国内にとどまらず海外にも多くのファンを持つ日本のアニメ。人気の熱源となるアニメーション制作スタジオの作画や演出も多様化が進み、スタジオ単位で作品を探すファンも多い。とりわけ近年は新鋭スタジオの活躍が目覚ましく、『雨を告げる漂流団地』『SPY×FAMILY』『呪術廻...
別窓で開く

飯豊まりえ、“リラックス時間”の過ごし方を明かし共演者から驚きの声「本格的だね」」
飯豊まりえ、“リラックス時間”の過ごし方を明かし共演者から驚きの声「本格的だね」」 9月10日に放送されたフジテレビ系『土曜はナニする!?』に、飯豊まりえが出演した。...
別窓で開く

「ちむどん」失敗の研究 視聴者を釣り上げ、結末は薄い展開は理解不能
 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」も残すところ僅か。どうして賛否両論が渦巻く作品になってしまったのか。批判の声がここまで力と熱を持った朝ドラは過去になかったはずだ。物語を振りかえりつつ、不評を買った理由を考えてみたい。■批判の声は子役編が終わった第3週から 批判の声が上がり始めたのはヒロインの比...
別窓で開く

「オクトー」祐希先生(臼田あさ美)のニヤリに「ゾワッ」 最終回告白に「震えあがった」
「オクトー 感情捜査官 心野朱梨」(読売テレビ、日本テレビ系)最終回が9月8日(2022年)に放送され、精神科医の甲本祐希(臼田あさ美さん)が見せた「狂気」がツイッターなどで反響を呼んだ。(ネタバレあり)朱梨(飯豊まりえさん)の父で元刑事の陽介(豊本明長さん、東京03)を殺害した元刑事の小野寺大伍(...
別窓で開く

令和の癒し系・飯豊まりえ「イヤなことも笑い話に変えて浄化している」 笑顔でいる秘訣
NHK連続テレビ小説をはじめ、いまや数々の話題作で活躍する飯豊まりえさん。多忙な日々でも忘れることはないという、飯豊流・癒しのコミュニケーション術とは。笑顔は伝染するから楽しくいたいなって。テーマが“癒しの人びと”であることを伝えると、「なぜか最近、癒し系だとよく言ってもらえるんです。...
別窓で開く

和彦役・宮沢氷魚、愛との別れ「本当に申し訳ない」 華丸は「糾弾」、黒島結菜は爆笑
連続テレビ小説「ちむどんどん」のヒロイン・暢子を演じる俳優の黒島結菜さんが9日(2022年9月)、「あさイチ」(NHK総合)に生出演。8月31日に同作がクランクアップしたことについて「やっとちょっとずつ実感が沸いてきて。毎朝通っていたNHKだったので、きょう久しぶりに来て変な感じがしました」「みなさ...
別窓で開く


[ 飯豊まりえ ] の関連キーワード

spy×family オクト まりえ ゾワッ