本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【コラム】SNS三昧の文在寅氏の今(1)韓国
 2022年6月、しつこいかもしれないが、韓国前大統領の文在寅氏は、東京赤坂のマンション在住で、毎日靖国神社詣出でエンジョイ引退ライフを送っている可能性を本社は捨ててはいない。なぜ?  氏は、新私邸から一歩も出てきていないからだ。もちろん、壁に囲まれた庭とかには出て、ストレッチとか盆栽(日本の文化で...
別窓で開く

『アンビリバボー』再現女優がかわいすぎる?「名前教えて」「声もかわいい」
(C)comzeal images / Shutterstock6月9日に放送された『奇跡体験! アンビリバボー』(フジテレビ系)の再現VTRの女優が、視聴者の一部で「かわいい」と話題になっている。話題となったのは、『実録! 狙われた女子大生』というエピソード。...
別窓で開く

「オリンパス粉飾事件」“長期勾留1位”の投資コンサル元代表と“証拠捏造”検察の戦い 再審請求へ
■間もなく再審請求 検察が手掛ける事件は長期勾留が当たり前。そんな見方がある。「郵便不正事件」における村木厚子元厚労事務次官(当時は雇用均等・児童家庭局長)の164日間をはじめ、「森友事件」の籠池泰典理事長夫妻(298日)に「鈴木宗男事件」の佐藤優元外交官(512日)、「イトマン事件」の許永中氏(8...
別窓で開く

インコを避妊具に入れ虐待、なおも不審死は止まず… 逮捕された30代男性と対峙したドキュメンタリー
 2019年7月、愛知県・名古屋市に住む無職の男が、飼っていたインコを虐待した動物愛護法違反の疑いで逮捕された。罰金20万円の判決が下されるに至ったが、その後も男の周囲ではインコの不審死が続いていた——。このたび配信公開された映画『動物愛護法』は、動物虐待犯と対峙し、法の矛盾を突くドキュメンタリー作...
別窓で開く

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」。5月29日(日)の放送では、詩人の菅原敏(すがわら・びん)さんをゲストに迎えて、お届けしました。(左から)小山薫堂、菅原敏さん、宇賀なつみ菅原さんは、2...
別窓で開く

〈写真多数〉瀬戸内海沿岸に突然現れる「水没ペンション村」… のどかな町のすぐそばにある“奇妙すぎる廃墟”に行ってみた
 岡山県の南東部、瀬戸内市牛窓町鹿忍(かしの)は、対岸に小豆島を望む瀬戸内海沿岸の静かな町だ。 その町内を通る県道232号を海に向かって進むと、突如として不思議な光景が現れる。 【写真】 瀬戸内沿岸にポツンと現れる“奇妙な廃墟群”の写真をすべて見る  海を堤防で直線的に仕切って造ったような広い水溜...
別窓で開く

のちのロシア国鉄総裁、教育・科学大臣、大手マスコミ権力者…プーチン政権を支えた、ロシアの“別荘人脈”
 西側諸国に対する強硬的な姿勢を崩さないプーチン大統領。しかしロシアの大都市部で暮らす人たちのライフスタイルはすっかり西側化しつつあるという。 ここでは、ロシアの軍事・安全保障を専門とする、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠さんが「ロシアはどんな国であるのか」をまとめた『 ロシア点描 ...
別窓で開く

【日大事件】新リーダーを決める「学長選挙」を控え、田中前理事長との決別と疑惑解明なるか
 田中英寿・日本大学前理事長(75)が所得税法違反の疑いで逮捕され、理事長を辞任。その後、東京地裁で「懲役1年、執行猶予3年、罰金1300万円」の有罪判決。田中氏は控訴せず、一連の騒動は終わりを迎えた、という空気になっている。...
別窓で開く

令和の世にSL・経木の折・ポリ茶瓶が勢ぞろい!「懐かしさ100点満点」の津和野駅弁
【ライター望月の駅弁膝栗毛】「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。かしわめし“懐かしさ”というものは、生まれ育った世代によって変わりますが、蒸気機関車の旅は、後追いの私の世代にとっても心を...
別窓で開く

自転車のサドル盗難、学校のプールに金魚を放った少女たち 大好きな珍事件について語る(中川淳一郎)
 前回で「配達が面倒くさく7千通の郵便物を捨てた郵便局員」と「コロナ対策になると頑なに信じ、2カ月間プールの水栓を開け続け11倍の水道料金を発生させ市から訴えられて87万円を支払った中学教師」について書きました。私が「無能な労働者」関連ニュースが好き、と書いたら、担当のS編集者から「引っ越し屋の社員...
別窓で開く