本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ホイットニー・ヒューストンの没後10年で、映画公開&ホログラムコンサート開催!
伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの没後10年を迎えた今年、彼女の半生を描く映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』が、12月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国の映画館にて公開される。...
別窓で開く

◆大人気コンテンツ「THE FIRST TAKE」とは?『第73回紅白歌合戦』に幾田りらの出演が決まりました。milet、Aimer、Vaundyとのコラボで「おもかげ」を披露します。昨年の12月17日にYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で公開されると、ストリーミングと合わせた...
別窓で開く

解決すべき課題が決まっているイノベーションに必要なのは手段です。いっぽう、ストックホルム経済大学教授のロベルト・ベルガンティ氏が提唱する「意味のイノベーション」は何を課題とするか、から始まるものであり、いわば行き先を見つける旅です。そこで求められるのはアイデアやテクノロジーではなく、「なぜそれに取り...
別窓で開く

おいでやすこが、まさかの本人登場に大興奮!?『ホイットニー・ヒューストン ホログラムコンサート』開催に「めっちゃ見てみたい!」
おいでやすこが48歳の若さで亡くなった伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストン。没後10年を迎えた今年、彼女の半生を描く映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』が、2022年12月23日(金)より全国の映画館にて公開される。...
別窓で開く

小嶋陽菜、美しすぎるランジェリー&ミニスカ姿を公開! 「憧れるこじはるBODY」「魅力的すぎる」「可愛すぎ」の声殺到
モデルで起業家の小嶋陽菜さんが12月12日、自身のインスタグラムを更新しました。同じく12日に発売された『ar』1月号(主婦と生活社)で初表紙を務めた小嶋さんは「arっぽさのあるツヤツヤな撮影が新鮮でとても楽しかったです」とコメントし、撮影のオフショットを公開しました。...
別窓で開く

「ボディガード」主題歌「I Will Always Love You」アカペラ歌唱シーンを再現 『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』
『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの没後10年となる2022年、『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家が彼女の半生を描く映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』が公開...
別窓で開く

センセーショナルな側面だけじゃない!ホイットニーの真実が語られる『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ワールドプレミア開催レポート
『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』(左から)ナフェッサ・ウィリアムス、スタンリー・トゥッチ、ナオミ・アッキー、クライヴ・デイヴィス、タマラ・チュニー■ナオミ・アッキー、スタンリー・トゥッチら登壇!伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの没後10年を迎...
別窓で開く

“神の声”と驚異的な才能、逃げられない苦闘とプレッシャー 歌姫ホイットニー・ヒューストンの真実の姿
『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』■『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家が描くホイットニーの伝記映画伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの没後10年を迎えた2022年、『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家が彼女の半生を描く映画『ホイットニー・ヒューストン...
別窓で開く

今夜18時半スタート『2022FNS歌謡祭』第2夜タイムテーブル 中山美穂、福山雅治、28年ぶりASKAも
本日18時30分から放送の『2022FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第2夜のタイムテーブルが発表。中山美穂、福山雅治のほか、28年ぶりの出演となるASKAは名曲「SAY YES」を披露する。 今夜の第2夜では、back numberが横浜の特設ステージから話題の朝ドラ主題歌『アイラブユー』と『水平線』...
別窓で開く

ガーミンの最新GPSウォッチ「Instinct Crossover」はミルスペック&アナログ時計付き!
スマートウォッチのデザインはデジタルで近未来的なイメージを抱かせるものが中心でしたが、ここ数年で特に目立ってきたのが時分針表示を搭載した“アナログウォッチ”デザイン。プライベートやトレーニングだけでなく、ビジネスシーンでも違和感なく装着できるのが大きな魅力であり、また人気上昇の一因にもなっているので...
別窓で開く