本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



子どもへの新型コロナワクチンの接種、勧めるべきか?
我が国でも2021年6月1日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種対象年齢の下限が12歳に引き下げられました。さらに低年齢の小児の臨床試験も進行中ですから、今後さらに引き下げられる見込みです。一方で、子どもへの接種に否定的な意見も散見されます。どう考えればよいでしょうか?米国と...
別窓で開く

要注意! RSウイルス感染症増加中
従来、我が国のRSウイルスの流行期は、通常10〜12月に開始し、3〜5月に終了する、いわゆる「冬」の感染症でした。しかし、2017年以降、流行の開始と流行のピークが早期化し、RSウイルス感染症は、8月に急増し、9月にピークとなる「夏」の感染症と大きく変化していました。そこに、2020年の新型コロナウ...
別窓で開く

「危険(あぶない)ので柵内(さくのなか)には...」 まるでJ-POPな注意看板が「理解(わかり)やすい」と話題
「君の選んだ人生(ミチ)は僕(ココ)で良かったのか?なんて分からないけど...」(「愛唄」GReeeeN)「窓に反射する(うつる)哀れな自分(おとこ)が」(「innocent world」Mr. Children)「咲き誇る明日(みらい)は あたしを焦らせて」(「SAKURA」いきものがかり)J-P...
別窓で開く

Crystal Kay「幅広い世代に楽しんでもらいたい」初のカバーアルバムへの想い
【音楽通信】第76回目に登場するのは、これまで数々のヒット曲を世に送り出し、艶やかな歌声でわたしたちを元気にしてくれるCrystal Kayさん!【音楽通信】vol.76NYでの経験が変換点「人のために歌う」1999年のデビュー以降、「恋におちたら」などの大ヒット曲を放ちながら、ライブにおいても精力...
別窓で開く

sumika「あらためまして、はじめまして」原点回帰のニューアルバム
【音楽通信】第73回目に登場するのは、話題のドラマ主題歌やCMソングなどを数々手がける人気バンド、sumikaのみなさんです!【音楽通信】vol. 73ライブがやれない状況で得た気持ち写真左から、黒田隼之介(Gt,Cho)、荒井智之(Dr,Cho)、片岡健太(Vo,Gt)、小川貴之(Key,Cho)...
別窓で開く

新型コロナウイルスの影響を受けて家の中に滑り台を作っちゃったお父さん 「作り方教えてください」「最高のお父さんです」
新型コロナウイルスの影響で世界的に家の中で過ごす時間が増えていますが、米ユタ州セイラム在住のパーカー・ウッドさんは、子どもたちが家の中で遊べるようにと、段ボールで滑り台を作ってしまいました。https://www.instagram.com/p/CA20gjUHdf5/最初に滑り台を作ったのは、昨年...
別窓で開く

ミスチルのPVで注目の南琴奈「カメラの前でも動じないほうです」
今、注目の女の子を紹介する『anan』で連載中の「イットガール」。今回は女優・モデルの南 琴奈さんです。「映画やドラマにも挑戦してみたい。留学にも興味アリ」と語る南さんの素顔に迫りました。透明感抜群の儚げフェイスに、飾らないキャラが魅力的。ファッション誌のほか、Mr.ChildrenのMVなどに出演...
別窓で開く

卒業式と謝恩会 コロナ感染の危険性—2つはまったく違います
毎年3月になると、卒業式があちらこちらで開催されます。卒業式では学生、教師、父兄、来賓などが式場に集まり祝典が開かれます。そして、卒業式の後には謝恩会が開催されることが多いと思います。新型コロナ対策として、卒業式には出席しないほうがよいのでしょうか? また、謝恩会は開催すべきではないのでしょうか?コ...
別窓で開く

角田裕毅のチームメイトになるガスリーが、イモラでかぶったヘルメットをセナの家族に寄贈
黄色に緑と青のラインが入ったブラジル・カラーのヘルメット。そしてバイザーには“HONDA”の文字……。 昨年のF1・第13戦エミリア・ロマーニャGPに“アイルトン・セナ”トリビュートのヘルメットをかぶり、ピエール・ガスリー(...
別窓で開く

【「本屋大賞2021」候補作紹介】『犬がいた季節』——18歳ならではの葛藤をみずみずしく描き出す青春小説
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2021」ノミネート全10作の紹介。今回取り上げるのは、伊吹有喜(いぶき・ゆき)著『犬がいた季節』です。****** 二度と戻ることのない、みずみずしくて繊細だった青春時代。あのころの自分がページをめくるたびに蘇ってきそうな小説が、実力派作家・伊吹有喜が描き...
別窓で開く


[ children ] の関連キーワード

crystal ミスチル kay