本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【菊花賞】春クラシック上位馬不在の”特異な”三冠最終戦。「激推し」はディープ産駒のジャスティンパレスだ!
牡馬クラシック三冠の最終戦、菊花賞(GⅠ、阪神・芝3000m)が23日に行なわれる。 今年は非常に”特異な”異例ずくめのクラシック最終戦となった。まず京都競馬場の改修工事によって、昨年に続いて舞台が阪神競馬場に移されていることが一つ。そして、牡馬クラシックで上位に入った馬の多...
別窓で開く

JRA×モンスト『超カンカンいこうぜ!モンストケイバ』アーサーやルシファーの描き下ろしイラストも
日本中央競馬会(JRA)は、2022年に開催される秋のGIレースを盛り上げる施策として、ひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(モンスト)とコラボしたスペシャルWEBサイト『超カンカンいこうぜ!モンストケイバ』を公開した。同サイトでは、「枠色ガチャレース 超カンカンステークス」や、「目指...
別窓で開く

「コレデイイノダ」や「ブタノカックーニ」「シャア」など 『netkeiba』が珍名馬グランプリを開催し本馬場入場を架空実況
10月19日、競馬の総合ポータルサイト『netkeiba』のTwitterアカウントが【#珍名馬 グランプリ開催】ユニークな名前を持つ競走馬=「珍名馬」だけで、ラジオNIKKEI(@radionikkei_jp ) 三浦アナウンサーが本馬場入場を架空実況!⬇本編はこちらで無料公開中。...
別窓で開く

【秋華賞】薔薇一族スタニングローズと25歳の坂井瑠星、人馬とも悲願のGⅠ初制覇!4着以下はかなりの力量差が…
牝馬三冠の最終戦となる秋華賞(GⅠ、阪神・芝2000m)が16日に行われ、先行集団から抜け出した単勝3番人気のスタニングローズ(栗東・高野友和厩舎)が同厩舎で2番人気のナミュールを半馬身差抑え、GⅠ初勝利を収めた。春季クラシック二冠を制し、史上7頭目となる牝馬三冠制覇を目指したスターズオンアース(美...
別窓で開く

【凱旋門賞プレビュー・後編】ハイレベルな激戦模様! 欧州の有力馬を相手に日本競馬の悲願達成は?
10月2日(日)に迫った凱旋門賞(GⅠ、ロンシャン・芝2400m)。前編では日本から乗り込む精鋭4頭を分析したが、後編では欧州の有力馬について見ていくことにしよう。...
別窓で開く

【凱旋門賞プレビュー・前編】注目の日本調教馬4頭の評価と状態は? 大将格のタイトルホルダーに増した強さと安定感
本レースを制することが日本競馬界の悲願となった凱旋門賞(仏G1、ロンシャン・芝2400)。その第101回目の開催が10月2日(日)に迫った。 今回は日本から4頭の精鋭がすでにフランスへと乗り込み、出走に向けて順調な調整が進んでいる旨が伝えられている。【動画】凱旋門賞、日本馬の挑戦(2017〜2021...
別窓で開く

【名馬列伝】11度目の挑戦で悲願のGⅠを掴んだ世界的良血馬キングヘイローの長き苦闘と栄光
日本競馬史上において、最良、最高といっても過言ではない血統背景をもって生を受けた選りすぐりのサラブレッドがいた。1995年に北海道・新冠町で生まれたキングヘイローである。 母グッバイヘイローは、父にサンデーサイレンスを出したことでも知られるヘイロー(Halo)を持ち、ケンタッキーオークスをはじめ、米...
別窓で開く

【名馬列伝】並み居るエリート血統馬を打ち破った?マイナー種牡馬”の仔、セイウンスカイが放った檜舞台での輝き
ある高名なブリーディングオーナーが言ったことがある。「結局、種牡馬が成功するか失敗するかは、やってみないと分からない」 たとえば、1996年に英ダービー、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞(いずれもG1)を制して”奇跡の馬””神の馬&rdq...
別窓で開く

【全日本ジュニアテニス】各年代の男子シングルス4強が出揃う。18歳以下でノーシードが躍進<SMASH>
全てのジュニア年代の頂点を決める「ユニクロ 全日本ジュニアテニス選手権2022」が8月23日から30日まで ITC靱テニスセンターと江坂テニスセンターで開催されている。8月28日には各年代のシングルスとダブルスの準々決勝が行なわれた。 男子は18歳以下の第1シード原﨑朝陽と第2シードの髙妻蘭丸が順調...
別窓で開く

ウマ娘のモチーフとなったタイキシャトル号が死亡 ウマ娘プロジェクト公式や声優・大坪由佳さんが追悼
8月17日、Twitterのウマ娘プロジェクト公式アカウントは8月17日、本作品でモチーフとさせて頂いておりますタイキシャトル号の訃報が届きました。関係者様にはお悔やみ申し上げると共に、偉大な名馬のご冥福を心よりお祈り申し上げます。...
別窓で開く