本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



◆2022年のG1は1番人気馬が15連敗中 スプリンターズSを皮切りにスタートした秋G1戦線。菊花賞まで3戦を終えましたが、いまだに春G1から続いている記録があります。 それは、1番人気馬の連敗記録です。 2022年、JRAの平地G1はこれまで15戦行われましたが、なんといまだに勝ち星なし。わずかに...
別窓で開く

【名馬列伝】JRA不世出の牝馬ウオッカ。“最高傑作”を生んだカントリー牧場の系譜<前編>
東京競馬場でのGⅠ開催のとき、筆者にはいつもとるルーティンがある。1レース前からスタンド3階か4階のスタンドに席を確保して、パドックを周回するメインレースの出走馬をじっくりと観察する。馬がパドックから出て行ったら小走りでコース側へと向かい、さらに返し馬の様子を眺めてから、3階の取材スペースへ行って、...
別窓で開く

「失恋して心が空っぽ…」 小説家・凪良ゆう&早見和真が5つの“恋愛の悩み”にお答え!
彼の気持ちや自分のこと、恋愛そのものがわからない…。そんな、anan読者から寄せられたリアルな恋の悩みに、凪良ゆうさん、早見和真さん、人生経験豊富な小説家のお二人に答えていただきました。生き方の指針にも! 必読です。...
別窓で開く

菊花賞は露骨なサインを匂わせているGIヘッドラインからあぶり出した3頭を狙え
 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。所長「あぁ〜、我が阪神タイガースがクライマックスシリーズでヤクルトスワローズに負けてしまった......。...
別窓で開く

【菊花賞】春クラシック上位馬不在の”特異な”三冠最終戦。「激推し」はディープ産駒のジャスティンパレスだ!
牡馬クラシック三冠の最終戦、菊花賞(GⅠ、阪神・芝3000m)が23日に行なわれる。 今年は非常に”特異な”異例ずくめのクラシック最終戦となった。まず京都競馬場の改修工事によって、昨年に続いて舞台が阪神競馬場に移されていることが一つ。そして、牡馬クラシックで上位に入った馬の多...
別窓で開く

JRA×モンスト『超カンカンいこうぜ!モンストケイバ』アーサーやルシファーの描き下ろしイラストも
日本中央競馬会(JRA)は、2022年に開催される秋のGIレースを盛り上げる施策として、ひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(モンスト)とコラボしたスペシャルWEBサイト『超カンカンいこうぜ!モンストケイバ』を公開した。同サイトでは、「枠色ガチャレース 超カンカンステークス」や、「目指...
別窓で開く

「コレデイイノダ」や「ブタノカックーニ」「シャア」など 『netkeiba』が珍名馬グランプリを開催し本馬場入場を架空実況
10月19日、競馬の総合ポータルサイト『netkeiba』のTwitterアカウントが【#珍名馬 グランプリ開催】ユニークな名前を持つ競走馬=「珍名馬」だけで、ラジオNIKKEI(@radionikkei_jp ) 三浦アナウンサーが本馬場入場を架空実況!⬇本編はこちらで無料公開中。...
別窓で開く

【秋華賞】薔薇一族スタニングローズと25歳の坂井瑠星、人馬とも悲願のGⅠ初制覇!4着以下はかなりの力量差が…
牝馬三冠の最終戦となる秋華賞(GⅠ、阪神・芝2000m)が16日に行われ、先行集団から抜け出した単勝3番人気のスタニングローズ(栗東・高野友和厩舎)が同厩舎で2番人気のナミュールを半馬身差抑え、GⅠ初勝利を収めた。春季クラシック二冠を制し、史上7頭目となる牝馬三冠制覇を目指したスターズオンアース(美...
別窓で開く

◆デビューを待つ期待の評判馬をご紹介 2歳馬のデビュー時期は年々早まってきており、2歳戦の開幕となる6月の東京開催には、大手牧場の良血馬が大挙スタンバイ。 とはいえ、昔から秋の東京・京都(今年は京都改修のため阪神)デビューが王道で、直近10年のダービー馬をみても、21年シャフリヤール(10月京都)、...
別窓で開く

秋華賞はキングカメハメハのラストクロップを狙う。注目度の低いディープインパクト産駒も面白い存在
 10月16日、阪神競馬場で3歳牝馬によるGⅠ秋華賞(芝2000m)が行なわれる。 このレースは通常、京都で開催されるが、京都競馬場改修工事の関係で昨年に続き阪神競馬場で行なわれる。血統的視点で言うと、2010年、11年と、2度にわたってJRAリーディングサイアーに輝いたキングカメハメハは2019年...
別窓で開く