本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



毎朝子どもに食べさせたい! "友達とケンカしなくなる"食べ物って?
 育ちざかりの子どもには、毎朝しっかり食べさせたい! でも、忙しい朝は「パンだけ」や「おにぎりだけ」になりがち。何を食べさせたら健康・発育にいいのだろうか? 子どもの食に詳しい小児科医の伊藤明子(みつこ)さんが、「毎朝食べてほしい」と激推しする食材がある。それは、卵だ。 良質なたんぱく質を豊富に含む...
別窓で開く

上野千鶴子「男とか女とか関係なく、ただ、自分らしく自由に生きたい」
人生の先輩的女性をお招きし、お話を伺う「乙女談義」。社会学者・上野千鶴子さんの第3回目をお届けします。ここ数年フェミニズムが再び盛り上がりを見せていますが、それが何かをきちんと知っている人は、実は少ないのでは。専門家である上野さん、フェミニズムって何ですか?私たちが欲しいのは平等以上に、自由なんだと...
別窓で開く

【ルック】ヴァレンティノがパリで2023年春夏オートクチュールコレクションを発表
メゾン ヴァレンティノ(Maison Valentino)は、2023年1月25日パリにて、2023年春夏オートクチュールコレクション ‘ヴァレンティノ ル クラブ クチュール’ を発表しました。...
別窓で開く

「楽しみは自分で作るもの。ワクワクは転がっていない」もうひとつの“白兎伝説”に挑む鳥取県八頭町民のシビック・プライド
 2023年は卯年。ウサギと言えば、思い出すのは「因幡(いなば)の白兎(しろうさぎ)」の神話だ。 日本海に面した鳥取県鳥取市の白兎(はくと)海岸がその舞台とされ、すぐそばには白兎神社もある。 だが、鳥取県内にはもう一つ、白兎伝説がある。 鳥取市中心部からだと中国山地側に隣接する八頭(やず)町に伝わっ...
別窓で開く

Colabo問題がなろう漫画『チート付与魔術師』に飛び火!?“神対応”の裏で盛り上がる陰謀論
Colabo問題がなろう漫画『チート付与魔術師』に飛び火!?“神対応”の裏で盛り上がる陰謀論 (C)PIXTAついに国会にまで波及することとなった、一般社団法人『Colabo』の不正会計疑惑。ネット上ではいまだに激論が交わされているが、その余波が『マガポケ』で連載されている人気なろう漫画にまで飛び火...
別窓で開く

夫婦問題研究家が2022年を振り返る! 印象に残った著名人夫婦の決断、共通点は「自分たちらしさ」
2023年がスタートして早くももうすぐ1カ月が過ぎようとしています。昨年を振り返ると、これまでの結婚・離婚のスタイルにとらわれず、新しい夫婦の形を選ぶ芸能人が印象的でした。そこに共通しているのは「自分たちらしく」というキーワードだったのではないでしょうか。自分たちらしく生きていくための離婚や修復とい...
別窓で開く

【センバツ】21世紀枠は栃木「石橋」、富山「氷見」、徳島「城東」の公立3校 石橋は3度目で悲願
 第95回選抜高校野球大会(3月18日から14日間、甲子園)の出場校を決める選考委員会が27日に行われ、晴れの出場校を発表。21世紀枠は石橋(栃木)、氷見(富山)、城東(徳島)の3校が選出された。 9地区から推薦された候補校の中からまず氷見と城東を選出。発表した日本高野連の宝馨会長は「9校のうち、残...
別窓で開く

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。昨年7月。KDDIによる大規模な通信障害が発生した最中の...
別窓で開く

風邪薬は飲んだ方がいいのか。医師の山田 悠史さんは「風邪はありふれた病気ですが、治癒を導く薬も、治りが早くなる薬も、何ひとつ証明されていません。症状を和らげるという利益とさまざまな副作用のバランスを考えて使う必要があります」という——。※本稿は、山田 悠史『健康の大疑問』(マガジンハウス新書)の一部...
別窓で開く

日本の農業現場では、外国人技能実習生の存在が欠かせなくなっている。ジャーナリストの澤田晃宏さんは「農業は深刻な高齢化に直面しており、外国人の労働力なしには成り立たない。このため多くの農業法人では労働環境や待遇の改善に努めている」という——。※本稿は、澤田晃宏『外国人まかせ』(サイゾー)の一部を再編集...
別窓で開く


[ npo ] の関連キーワード

シビック 千鶴子 チート 淡路島