本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



電気代高騰どこまで行く!? 軽減策も焼け石に水…岸田政権崩壊の可能性も
岸田文雄 (C)週刊実話Web「自分は独身で昨年12月の電気代は6000円台。これが今冬は利用の仕方は何一つ変わっていないのに月2万円を突破した。例えば、タレントの上原さくらさんは、ガス代を含め約5万円とブログで驚きの声を上げ、女性お笑い芸人の元『アジアン』馬場園梓さんもツイッターで『一人暮らしで、...
別窓で開く

2022年に「ノートン」がブロックしたサイバー攻撃は約7億件!? そして今年起こり得る犯罪の4つの手口【これまでの傾向と今後の予想をチェック!】
 セキュリティ企業のノートンライフロックは、2022年1〜11月に日本でブロックしたサイバー攻撃に関するレポートを公開しました。...
別窓で開く

「レイシャル・プロファイリング」問題から考える…適切な職務質問のあり方とは?
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「GENERATION」のコーナーでは、警察官の“適切な職務質問のあり方”について、視聴者を交えて議論しました。◆レイシャル・プロファイリングとは?Twitterの「スペース機能」を活用して幅広...
別窓で開く

がんになり口座に振り込まれた金額「がんになってお金持ちになってしまいました」
NPO法人Smile Station代表の善本考香(よしもととしか)さんがオフィシャルブログ「麗しく生きる 子宮頸がん生存率0%から」を開設。2011年に子宮頸がんが見つかり5度12か所の転移・再発を繰り返すも、2013年に全治療を終了。著書に『このまま死んでる場合じゃない!』(講談社刊)などがある...
別窓で開く

ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》
(デヴィ夫人(C)日刊ゲンダイ)《バラエティ番組に出ている「世間ズレした面白い人」という印象が変わった》 SNSなどで評価の声が高まっているのが、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)などのバラエティ番組でお馴染みのタレント、デヴィ夫人(82)だ。 デヴィ夫人は23日にウクライナの首都キーウを...
別窓で開く

20代、30代の若者の大腸がんが増えている。医師の山田悠史さんは「懸念すべきは、そういった若者の大腸がんが、高齢者の大腸がんと比較して発見が遅れる傾向にあり、がん自体の悪性度も高い傾向にあると報告されている点です」という——。※本稿は、山田 悠史『健康の大疑問』(マガジンハウス新書)の一部を再編集し...
別窓で開く

日本の建設業界は人手不足が喫緊の課題になっている。ジャーナリストの澤田晃宏さんは「人手不足を解消するために、建設業は外国人技能実習生を受け入れてきたが、作業がきついわりに給料が安いため、『送り出し不可能職種』となっている。建設現場では暴力が珍しくなく、それに耐えかねた実習生の失踪も相次いでいる」とい...
別窓で開く

大空幸星氏 JR西、融雪機を稼働させず21カ所ポイント故障「基準の見直しみたいなことも含めて…」
 慶大を今年卒業した、24時間無料でチャット相談できるNPO法人を運営する大空幸星氏が26日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月〜金曜前8・00)にコメンテーターとして出演。大雪の影響により、滋賀県内や京都府内では24日夜からJR東海道線(京都線)などで複数の列車が立ち往生したことに言...
別窓で開く

「車に踏まれて体の厚み2センチに」「脚がバキバキ」、大ケガした子猫が見せた奇跡の復活劇
以前よりは各段に減ったとはいえ、いまだ外で生きる猫はいる。危険が多い環境下では、事故に遭うなどしてケガを負うことも多く、NPO法人『ねこけん』ではそんな猫もケアし、幸せな生活へと導いている。ここでは、そうして大ケガを負いながら、なんとか復活した2匹の子猫の物語をお届けする。...
別窓で開く

「Colaboをめぐる住民監査請求」に高橋洋一が言及 「公金のチェックの仕組みを考えるべき」
数量政策学者の高橋洋一が1月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。新設される女性支援室について、また、公金の拠出の在り方について解説した。厚生労働省(厚労省)が入る中央合同庁舎第5号館=2021年4月8日、東京・霞が関 写真提供:産経新聞社厚生労働省、4月に「女性支援室」...
別窓で開く


[ npo ] の関連キーワード

ウクライナ ノートン