本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



転職が当たり前になった今、「大きな組織の中で、歯車になったような気がする」「将来会社に頼らず、働くためのスキルがなくて不安」といった悩みを持つ悩む20〜30代は少なくありません。現在の仕事にモヤモヤしながらも、どうすればいいかわからない人が増えているのです。Webサービスの開発支援などを行う会社の代...
別窓で開く

「第4回 JAPAN PODCAST AWARDS」一次選考を通過した各賞ノミネート作品が発表!
「第4回 JAPAN PODCAST AWARDS」の一次選考を通過した、各賞のノミネート作品が発表された。ノミネート作品は、「大賞」「ベスト パーソナリティ賞」「ベスト エンタメ賞」「ベスト コメディ賞」「ベスト ナレッジ賞」「ベスト ウェルビーイング賞」「ベスト メディアクリエイティブ賞」各5作...
別窓で開く

「キミ、誰?」ガラス越しの“猫影”に保護猫もびっくり、自ら施設を訪れたケガした猫「二度も不幸にすることはできない」
多くの猫を保護してきたNPO法人『ねこけん』には、一般の人たちから「外で暮らしている猫を保護してほしい」「ケガをしていた」などの通報が多く寄せられる。人間側が猫を発見、心配して…という場合が多いが、ときには猫のほうから『ねこけん』を訪れることも。代表理事・溝上奈緒子氏にどんなケースがあるかを聞いた。...
別窓で開く

「大丈夫。私たち、ちゃんとやっていける!」枝元なほみさんから50代の女たちへ
 人生後半を迎えて生き方に悩むアラフィフ女性に、先輩たちからアドバイスをもらう「50歳の迷える女たちへ」シリーズ。伊藤比呂美さん、坂東眞理子さんに続く今回は、料理研究家として活躍する傍ら、フードロスや農業、貧困などの社会問題にも取り組む枝元なほみさんだ。 コロナ禍では、生活に困窮した人たちが売れ残っ...
別窓で開く

怖くて泣き崩れた病院からの電話「怖いです。不安です。心細いです」
NPO法人Smile Station代表の善本考香(よしもととしか)さんがオフィシャルブログ「麗しく生きる 子宮頸がん生存率0%から」を開設。2011年に子宮頸がんが見つかり5度12か所の転移・再発を繰り返すも、2013年に全治療を終了。著書に『このまま死んでる場合じゃない!』(講談社刊)などがある...
別窓で開く

田中律子、最愛の父が他界。晩年は療養のため沖縄で同居「地元の人に愛される存在」
1月20日(金)の『徹子の部屋』に、田中律子が登場する。人気番組『路線バスで寄り道の旅』での徳光和夫との名コンビぶりが好評の田中。徳光はとにかく「愛されキャラ」で、ロケ中でもあのままの様子で居眠りしてしまうのも恒例らしい。そんな田中は沖縄に移住し、スキューバダイビングと水上ヨガのインストラクターや、...
別窓で開く

コロナ禍で介護事業者の倒産が143件!収入800万円減、光熱費は100万円増も…介護崩壊で寝たきり老人急増の未来
慢性的な人材不足に加え、コロナ禍や物価高が、介護事業者を直撃している。東京商工リサーチの調べによると、’22年の介護事業者の倒産は、過去最多の143件(前年比76.5%)に。うち8割が、ヘルパーによる訪問介護と、施設へ通うデイサービスを行う事業所だった。つまり、高齢者が在宅で健康に暮らすために必要な...
別窓で開く

採用選考の1次・2次面接ではオンライン面接が既に定番化している。選考結果に影響はあるのか。転職エージェントの森本千賀子さんは「対面なら問題なく選考通過できる人でも、オンライン面接でつまずくケースがある」という——。■1~3月は採用が活発化する2022年、中途採用市場は活発に動きました。およそ30年間...
別窓で開く

認知症当事者やその家族が集う認知症カフェ。介護施設とは違い、地域住人も一緒になり自由に交流できる場だ。その中でも、ある“バス停”が話題の「アンキカフェ」に行ってきた。 面倒を見てくれた親を今度は自分が面倒を見る。“当たり前の恩返し”のように思えるけれど、それはある日、突然やって来るのだ。親が認知症に...
別窓で開く

子宮や卵巣無くなりストレスな事「叫びたくなることもありました」
NPO法人Smile Station代表の善本考香(よしもととしか)さんがオフィシャルブログ「麗しく生きる 子宮頸がん生存率0%から」を開設。2011年に子宮頸がんが見つかり5度12か所の転移・再発を繰り返すも、2013年に全治療を終了。著書に『このまま死んでる場合じゃない!』(講談社刊)などがある...
別窓で開く


[ npo ] の関連キーワード

podcast awards japan cto なほみ