本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



戦慄かなの、不倫報道を否定「デマや私を蹴落とすためのゲスリークに屈しない」
【モデルプレス=2023/01/13】リアル姉妹アイドルユニット・femme fataleとして活躍中の戦慄かなのが12日、自身のTwitterを更新。同日に一部にて報じられた不倫報道を否定した。◆戦慄かなの、不倫報道を否定一部週刊誌は、戦慄が2021年1月頃に事務所取締役の男性と極秘結婚をしている...
別窓で開く

スマホの回線がつながらない…と思ったら金銭被害まで発生!? 脅威の「SIMスワップ詐欺」とは【フィッシング詐欺にも注意!】
ある日、電話がつながらなくなりました。何が起きているのでしょう?  ある日、外出先でスマホの回線がつ...
別窓で開く

フィフィさんがColabo騒動にコメント?「マスコミはモリカケやサクラみたいに騒がないのね」「ちょっとは人助けになってるから良い!じゃないのよ」
1月10日、タレントのフィフィさんがTwitterにて不正が疑われているとあるNPO法人に領収書の提出を求めているだけなのに、なんでそれが「私達は攻撃されている!」になるの?てか、マスコミはモリカケやサクラみたいに騒がないのね。もうね、全NPO法人のお金の流れを徹底的に調査するべきですよ。ちょっとは...
別窓で開く

「この猫は“プロ向け”だ…」目は小さくて“ω”ぷっくり、畑に捨てられたしょぼくれ猫の未来は?
多くの猫を保護しているNPO法人『ねこけん』には、さまざまな猫がいる。なかには、ちょっとばかり個性的な顔立ちをした子もいて、譲渡まで時間がかかる場合もあるそうだ。目も口も小さいしょぼくれ顔の「かっちゃん」は、畑に捨てられてしまい、保護された猫。幸運にも心ある人に救われたが、なかなかその先に進めない…...
別窓で開く

再発転移何度も繰り返しした治療「生存率0%から9年生を更新中です」
NPO法人Smile Station代表の善本考香(よしもととしか)さんがオフィシャルブログ「麗しく生きる 子宮頸がん生存率0%から」を開設。2011年に子宮頸がんが見つかり5度12か所の転移・再発を繰り返すも、2013年に全治療を終了。著書に『このまま死んでる場合じゃない!』(講談社刊)などがある...
別窓で開く

「まさかあそこで冬眠してるとは」市街地の拡大だけではない…都市部に「ヒグマ」が増えた、意外な理由
 2022年3月31日、札幌市内の三角山で、市民からの〈ヒグマの巣穴ではないか〉という通報を受けて当該穴の調査を行っていたNPO法人の職員が、穴から突然飛び出してきたヒグマに襲われて負傷する事故が起こりました。 三角山は地元の方にとっては「庭」のようなものでジョギングや犬の散歩で、多くの人が行き交い...
別窓で開く

「赤い羽根福祉基金」によるものであり「赤い羽根募金」による助成ではない 中央共同募金会がColaboやぱっぷすの助成についてお知らせを掲載
1月10日、赤い羽根共同募金のサイトに中央共同募金会による一般社団法人Colabo等への助成についてhttps://www.akaihane.or.jp/news/31075/[リンク]という文章が掲載された。中央共同募金会(以下、本会)による一般社団法人Colabo(以下、Colabo)およびNP...
別窓で開く

アベプラ「Colabo問題特集」は消化不良? 大空幸星氏の発言に評価も
9日、ニュース番組『ABEMA Prime』(ABEMA)が放送。一般社団法人「Colabo」(コラボ)への住民監査請求について議論が行われた。■監査結果の公表昨年4月、若年被害女性支援事業を行う同法人に住民監査請求がなされた。この請求は、同法人が東京都から受託している業務について、経費精算に疑義を...
別窓で開く

赤い羽根共同募金がネットで炎上!? 仁藤夢乃さん代表のColaboに3年間で計2680万円助成か 「二度と募金しない」等の声も………
昨年2022年末よりネット上で大きな騒動となっている、仁藤夢乃さんが代表をつとめる一般社団法人Colaboにまつわる問題。騒動が拡大する中、「赤い羽根共同募金」にも“延焼“、炎上状態となってしまっているようである。...
別窓で開く

抗がん剤の副作用に苛立ち母親を責め後悔「今思えばなんて事を言ったんだろう」
NPO法人Smile Station代表の善本考香(よしもととしか)さんがオフィシャルブログ「麗しく生きる 子宮頸がん生存率0%から」を開設。2011年に子宮頸がんが見つかり5度12か所の転移・再発を繰り返すも、2013年に全治療を終了。著書に『このまま死んでる場合じゃない!』(講談社刊)などがある...
別窓で開く


[ npo ] の関連キーワード

colabo フィッシング sim