本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



パク・ソダム傷だらけ&ずぶ濡れアクション披露『パーフェクト・ドライバー/成功確率100%の女』メイキング映像初公開
『パーフェクト・ドライバー/成功確率100%の女』メイキング © 2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & M PICTURES. All Rights Reserved.『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダム主演作『パーフェクト・ドライバー/成功確率100%の女...
別窓で開く

インド映画の“変化の時代”を描いた『エンドロールのつづき』パン・ナリン監督インタビュー
『エンドロールのつづき』ALL RIGHTS RESERVED ©2022. CHHELLO SHOW LLPインド版『ニュー・シネマ・パラダイス』の呼び声も高い、パン・ナリン監督作『エンドロールのつづき』。大ヒット映画『RRR』を抑えて、アカデミー国際長編映画賞のインド代表に選出された注...
別窓で開く

ソダーバーグ監督「これまでの映画の全てをかけた」圧巻の30分ダンスシーン『マジック・マイク ラストダンス』予告編&ポスター解禁
『マジック・マイク ラストダンス』© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved知られざる男性ストリップダンスの世界の裏側と、そこで奮闘するダンサーたちの裏側を迫力のダンスシーンと共に描いた『マジック・マイク』シリーズの最新作『マジック・マイク ラ...
別窓で開く

LiLiCo☆肉食シネマ〜『エンドロールのつづき』/1月20日全国公開
ALL RIGHTS RESERVED?2022. CHHELLO SHOW LLP『エンドロールのつづき』監督・脚本・プロデューサー/パン・ナリン出演/バヴィン・ラバリ、バヴェーシュ・シュリマリ、リチャー・ミーナー、ディペン・ラヴァル配給/松竹今回の作品は、映画愛の詰まった1本です。...
別窓で開く

今こそ見たい!心温まるヒューマンドラマ「サンフランシスコの空の下」—あの有名俳優たちの出世作となった名作—
1994〜2000年に全米FOX局にて放送された「サンフランシスコの空の下」(原題「Party of Five」)。両親を交通事故で亡くしたサリンジャー家の5人兄妹が、施設に入れられ離ればなれにされることがないように、子供たちだけで協力し合いながら、“普通の生活”を送るために...
別窓で開く

「食い尽くしてやった。気分最高だった」シャラメ×グァダニーノ監督『ボーンズ アンド オール』<純愛ホラー>特別映像
『ボーンズ アンド オール』© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.ティモシー・シャラメとルカ・グァダニーノ監督が再タッグを組んだ映画『ボーンズ アンド オール』より、特別映像「純愛ホラー編」が解禁となった。...
別窓で開く

オークリーとフラグメントが再びタッグ! 日本製アパレルと鮮やかなカラーをあしらったフロッグスキンを展開
オークリーとフラグメントが2023年コレクションで再びタッグを組みます。第1弾、第2弾に分けて展開される今回のコレクションでは、アイコニックなFrogskins ?(フロッグスキン)とアパレルが登場します。 今回のコラボレーションは、ミュージシャン、プロデューサー、デザイナーとして幅広く活躍する藤原...
別窓で開く

“死ヌマデ”守ってくれる殺人AI人形『M3GAN/ミーガン』 SNSでバズりまくって大ヒット
『M3GAN/ミーガン』© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.ジェームズ・ワン×ブラムハウス製作、恐ろしく一途な狂気のお友達・AI人形の恐怖を描く『M3GAN/ミーガン』(6月9日より公開)が、全米で1月6日から3,509館で公開され、...
別窓で開く

【書方箋 この本、効キマス】第2回 『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』アガサ・クリスティー著/大矢 博子
■背景にある「若者の鬱屈」 労働新聞でクリスティー? と意外に思われるかもしれない。確かにクリスティーといえば名探偵が登場する本格ミステリーが中心で、労務や社会問題には縁が薄いイメージがある。 しかし小説は世相と無縁ではいられない。戦争、世界恐慌、大戦後の復興、冷戦などなど、クリスティーの作品には実...
別窓で開く

アスレチックス・藤浪 「Call me Fuji」 入団会見で1分25秒の英語スピーチでつかみOK
 阪神からポスティングシステムでアスレチックスに入団した藤浪晋太郎投手(28)が17日(日本時間18日)、球団事務所で入団会見を行った。1分25秒に及ぶ英語スピーチでは、米国でもなじみ深い富士山にちなんで「Fuji」と呼んでほしいと話し、流ちょうな発音が絶賛された。会見では抜群の返しを連発し、地元メ...
別窓で開く