本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ライバルは米テスラと日産アリア トヨタが「本気」で初の世界戦略EV、スバルとの共同開発 2022年発売へ
トヨタ自動車が、SUBARU(スバル)と共同開発した電気自動車(EV)「bZ4X」の詳細を、2021年10月29日に発表した。メディアはこぞって速報。呼応してスバルも同日、bZ4Xの姉妹車となる「ソルテラ」の専用サイトを開設し、11月11日に中村知美社長が詳細を発表すると明らかにした。...
別窓で開く

自動車関連10社、モデルベース開発で協力 MBD推進センターが発足
 自動車メーカーと部品メーカーが参画するMBD(モデルベース開発)推進センターが24日、発足した。参加するのは、SUBARU、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、マツダの自動車メーカー5社と、アイシン、ジヤトコ、デンソー、パナソニック、三菱電機の部品メーカー5社。自動車産業の競争力を上げるため、複数の...
別窓で開く

スバル「WRX」8年ぶりモデルチェンジ 日常使いとスポーツ両立 見た目も絶妙に変化
スバルのスポーツタイプセダンの正統進化形です。2022年米国で発売 スバルは2021年9月10日(金)、スポーツタイプのセダン「WRX」の8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型を発表しました。 今回発表されたの2022年アメリカで発売予定の現地仕様車で、日本仕様についてはまだ未定です。...
別窓で開く

スバル、新型「レガシィ アウトバック」の日本仕様を初公開 10月に正式発表
 スバルは2日、1995年の発売以来、乗用車とSUVを掛け合わせたクロスオーバーSUVとして根強い人気を誇る「レガシィ アウトバック」の新型(日本仕様)を国内初公開した。今回の発表に伴い、先行予約も開始。正式発表は10月7日を予定している。グレードはオールマイティに価値を磨き上げた「Limited ...
別窓で開く

トヨタとスバルの新型スポーツカーに試乗 発売直前のGR86とBRZ、低重心の走りを堪能
トヨタ自動車とSUBARU(スバル)が共同開発した新型スポーツカー「トヨタGR86」と「スバルBRZ」に、千葉県の「袖ケ浦フォレストレースウェイ」で試乗してきた。いずれも発売直前のプロトタイプだが、ほぼこのまま発売するのは間違いないだろう。トヨタとスバルは2021年4月に2代目となる86とBRZを発...
別窓で開く

自衛隊 新多用途ヘリコプター「UH-2」開発完了し運用スタート 防衛省
2021年度は7機を調達予定です。陸自の次世代多用途ヘリ 本格導入へ 防衛省は2021年6月24日(木)、開発中の新型機、UH-2多用途ヘリコプターについて、すべての試験を終了し、運用を開始すると発表しました。 UH-2は、従来のUH-1J多用途ヘリコプターの後継として、2015(平成27)年度より...
別窓で開く

カーボンニュートラルへ電動車が急成長、日系自動車メーカーが描く電動車戦略
■本記事の3つのポイントカーボンニュートラルの実現に向けて、クルマの電動化がより一層進展。35年の電動車市場は19年比7.5倍の3641万台に達すると予測日系OEMも中長期の電動車両生産・販売目標を公表。...
別窓で開く

和製コンコルド実現なるか! 超音速機の実用化目指しJAXAと国内メーカー各社がタッグ
国産超音速機の実用化に弾みがつくことを期待。国内の主要航空企業がJAXAとタッグ JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2021年6月16日(水)、一般財団法人日本航空機開発協会(JADC)、一般社団法人日本航空宇宙工業会(SJAC)、三菱重工業(MHI)、川崎重工業(KHI)、スバル(SUBARU)、...
別窓で開く

NFC搭載トミカの走行結果がアプリと連動するハイテクおもちゃ 「スーパースピードトミカ」&「トミカスピードウェイ 実況サウンド! デジタルアクセルサーキット」レビュー
タカラトミーが6月19日に発売する“トミカ アドバンスプロジェクト”第1弾製品の「スーパースピードトミカ」と「トミカスピードウェイ 実況サウンド! デジタルアクセルサーキット」のレビューをお届けします。“トミカ アドバンスプロジェクト”は、昨年2020年に50周年を迎えたトミカを、これからの50年に...
別窓で開く

スバル 新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を初納入 陸自UH-2と共通
スバルはベル412EPXの整備用に新工場を建てました。ベル412シリーズ最新型の民間初号機は警察庁へ SUBARU(スバル)は2021年5月20日(木)、新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の量産初号機を警察庁へ納入したと発表しました。...
別窓で開く