本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「生理の貧困」で考える、声を上げる意味と多様な意思決定の大事さ
生理用品を買うお金がない。「生理の貧困」が、格差の広がる先進国で問題になっています。欧米では、生理用品にかかる消費税(VAT)や売上税を「タンポン税」と呼び、その廃止運動が広がっています。タンポン税は、英国では2021年に廃止されました。...
別窓で開く

「アボットとウエノがライバル関係をかき立てる」米メディアは北京のリベンジを女子ソフトボール代表に期待
女子ソフトボールは、7月26日にオープニングラウンド最終戦が行なわれ、日本はグループ首位の座をめぐってアメリカと対戦した。 両者ともすでに決勝進出は決まっており、主力は温存。日本は初回に先制に成功すると、投げては先発の藤田倭が5回までノーヒットノーランを披露するなど、試合を優位に進める。...
別窓で開く

「究極の苦悩」「PK戦の呪いが夢を否定」V逸に英メディアが嘆き。伊紙は皮肉たっぷりに…
「it's coming Home」——決戦を前にライバルが合言葉を叫んでいたのを受け、栄光を手にしたイタリア代表の面々は「it's coming (to) Rome」と胸を張った。 現地時間7月11日のEURO2020決勝は、イタリアがイングランド代表にPK戦の末に勝利し、1968...
別窓で開く

「まだ興奮しているが、仕事も失った」仮病でEURO観戦の英国サポがクビに…発覚したまさかの理由とは?
 現地観戦に訪れたイングランド・サポーターが、まさかの“被害”に遭った。スペイン紙『MARCA』が7月9日付けで伝えている。 7月7日に開催されたEURO2020準決勝でイングランドは、デンマークとウェンブリーで激突。...
別窓で開く

冨安健洋のトッテナム行きは合意に達するか? ボローニャは約23億円のオファーを拒否と現地報道
 現地時間7月1日、英スポーツチャンネル『Sky Sports』は、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが、プレミアリーグのトッテナムから届いた獲得オファーを拒否したと報じた。 複数の現地メディアは先日、トッテナムが冨安の獲得に興味を示したと伝えた。...
別窓で開く

「アンジェは馬鹿な男ではない…」ポステコグルーのセルティック電撃就任は濃厚!? 英紙は“懸念材料”を指摘
2018年シーズンからの着任以来、横浜F・マリノスを着実にスキルアップさせてきたのが、オーストラリア人監督のアンジェ・ポステコグルーだ。“ボス”の愛称で知られる55歳は、「アタッキング・フットボール」を標榜。2019年には15年ぶりのリーグ制覇に導くなど、Jリーグで異彩を放つ...
別窓で開く

「ボールを持っても無駄にした」南野拓実、現地メディアは“逸機”を酷評…一方で「FKを取る良い仕掛けも見せた」と見解も
5月15日(現地時間)、プレミアリーグ第36節が行なわれ、サウサンプトンは3-1でフルアムを下し、リーグ戦では昨年12月以来となる連勝を飾った。 すでに降格が決まったチームを本拠地セント・メリーズに迎えた「セインツ」は、序盤から好機を作りながら、27分にセットプレーでチェ・アダムスが相手GKの頭上を...
別窓で開く

モウリーニョを電撃解任したトッテナム、最も有力な後任候補は? 英紙が報道
 現地時間4月19日、トッテナムはジョゼ・モウリーニョ監督の解任を発表した。成績不振が原因だと見られている。 これを受けて、英紙『Belfast Telegraph』が早速、後任候補のオッズを紹介している。 もっとも可能性が高いと見られているのが、RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(オッ...
別窓で開く

トッテナムがモウリーニョ監督を電撃解任! 原因は成績不振か、欧州スーパーリーグ参加への抗議か?
 現地時間4月19日、トッテナムはジョゼ・モウリーニョ監督を解任したと発表した。 トッテナムのダニエル・レビー会長は、「ジョゼと彼のコーチングスタッフは、クラブとして最も困難な時期を共に過ごしてきた。真のプロフェッショナルであり、パンデミックのなかで非常に大きな力を示してくれた。...
別窓で開く

アグエロの新天地はチェルシー? プレミア残留で歴代ゴール記録上位狙いか
 今夏でのマンチェスター・C退団を発表したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの新天地がチェルシーになる可能性を7日、イギリスメディア『Evening Standard』が報じている。 現在32歳のアグエロは3月29日、10年間プレーしたマンチェスター・Cの退団を発表。夏の移籍市場ではフリー移籍と...
別窓で開く


[ telegraph ] の関連キーワード

ボローニャ トッテナム アボット ウエノ