本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



採点は守備陣最高から単独最低まで…リーズ戦の冨安健洋に現地メディアの評価は二分「良い仕事をした」「自信がないように見えた」
現地時間10月16日、プレミアリーグ第11節が行なわれ、アーセナルは1-0でリーズを下し、4連勝(公式戦7連勝)を飾った。【動画】サカ決勝弾、冨安も身体を張ったディフェンスで奮闘!リーズ戦ハイライト 開始直後に停電によるVARの通信トラブルで中断を余儀なくされたアウェーマッチで、「ガナーズ」は35分...
別窓で開く

「サラーは諦めた。降参したんだ」敵エースを封じた冨安健洋をアーセナルのレジェンドOBが絶賛!「トミヤスは見事だった」
 モハメド・サラーというワールドクラスのストライカーを封じた功績は大きい。冨安健洋にとって、リバプール戦は今シーズンのターニングポイントとなるだろうか。 冨安は10月9日のプレミアリーグ第10節で、今季リーグ戦初先発を果たした。それも、本職ではない左SBでの起用だ。だが、ふたを開けてみればサラーに完...
別窓で開く

「もうめちゃくちゃ。氷上のバンビだ」トッテナムOBがリバプールの右SBを猛批判!「攻撃はCL、守備は3部レベル」
 現役時代はトッテナムなどでプレーしたジェイミー・オハラ氏が、リバプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドを猛批判した。英紙『The Sun』が報じている。 現地時間10月9日に開催されたプレミアリーグ第10節で、10位に沈むリバプールは2位のアーセナルと、敵地エミレーツで対戦。...
別窓で開く

「悩ませている」三笘薫はブライトンの“頭痛の種”と現地メディアが指摘。出れば躍動も起用法が課題に「指揮官は好んでいるが…」
 現地イングランドでも注目を集めているのが、ブライトンに所属する三笘薫の起用法だ。 リバプール戦でイングランド代表トレント・アレクサンダー=アーノルドを翻弄して話題となった日本代表アタッカーは、続くトッテナム戦でも3人抜きの突破を見せるなど、躍動した。 だが、この2戦を含むここまでピッチに立ったプレ...
別窓で開く

サラーを封じ込んだ冨安健洋に国内外メディアから賛辞続々! 「スペクタクルなプレー」「誰が相手でも関係なし!」
現地時間10月9日、プレミアリーグ第10節が行なわれ、アーセナルは3-2でリバプールを下し、リーグ3連勝、公式戦では5連勝を飾った。 首位を走る「ガナーズ」が今季は不調のリバプールを本拠地エミレーツに迎えた一戦。開始1分でマルティン・ウーデゴーの完璧なスルーパスで抜け出したガブリエウ・マルチネッリが...
別窓で開く

今季プレミア初先発で相手エースを封殺! 冨安健洋を現地メディアが「サラーを黙らせた」「これほど静かな午後はそうない」と絶賛!
 現地時間10月9日に開催されたプレミアリーグ第10節で、冨安健洋が所属する2位のアーセナルは、10位のリバプールと本拠地エミレーツで対戦。二度追いつかれるも最後はブカヨ・サカがPKで決勝点を決め、3—2で接戦をモノにした。 負傷で出遅れ、今シーズンはプレミアリーグで1度も先発がなかった日本代表DF...
別窓で開く

リバプールDFを「焼き焦がした!」左サイドで輝いた三笘薫に賛辞止まず! 「最も洗練され、滑らかなドリブル」に現地メディア激賞!
現地時間10月1日、プレミアリーグ第9節が行なわれ、ブライトンは3-3でリバプールと引き分けた。【動画】三笘薫が対面のリバプールDFを置き去りに! 終盤には同点弾をお膳立て! 様々な理由による試合延期によって、約1か月ぶりのリーグ戦を迎えたブライトンにとって、リバプールとのアウェーマッチは、新監督ロ...
別窓で開く

南野拓実のW杯最終メンバー入りを伯メディアやモナコ専門サイトが“皮肉”を込めて予想…「その地位が脅かされることはない」
ドイツ・デュッセルドルフで行なわれた、日本代表のカタール・ワールドカップ最終メンバー決定前の最後となる国際親善試合で、南野拓実はアメリカ代表選手は出番なし、エクアドル戦ではスタメンとして67分間プレーした。 スコアレスドローに終わった南米の難敵との一戦、彼は4-2-3-1の2列目中央に位置取り、チャ...
別窓で開く

「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!
 現地9月26日、ドイツ・デュッセルドルフで日本代表はエクアドル代表との親善試合に臨み、0−0で引き分けた。快勝を収めたアメリカ戦からスタメンを全員入れ替えたチャレンジの一戦。オーストラリア・アデレード出身で、現在サッカーダイジェスト海外編集部員のスティーブン・トムソン記者が、エクアドル戦に出場した...
別窓で開く

マンUが12戦8発の21歳・ポルトガル代表FWを1月に獲得か。バイエルン、パリSGなども注目と英報道
 マンチェスター・ユナイテッドが2023年1月の移籍マーケットで最前線を強化するかもしれない。英紙『The Sun』によると、マンチェスター・Uがエリク・テン・ハーフ監督の要望でベンフィカのポルトガル代表FWゴンサロ・ラモスに獲得を計画。すでに代理人とも接触済みだという。...
別窓で開く