本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



議論を呼ぶ仏紙発表の「2022年ベストイレブン」! ファン投票ではベンゼマを凌ぐ人気を集めるも選出されなかったのは?
カタール・ワールドカップの記憶と印象が強く残ったまま迎えた2022年末、フランスのスポーツ紙『レキップ』が毎年恒例の年間ベストイレブンを発表したが、先日発表したW杯ベストイレブン同様、幾つかの物議を醸してもいる。 この仏紙によって選定された11人は以下の通りだ。...
別窓で開く

準々決勝までに158得点! 最も多くのゴールとアシストを各代表チームにもたらしたクラブは!?【W杯】
残り試合もわずかとなったカタール・ワールドカップ。ここまで、世界32か国から集った選手たちがその技を競い合い、ワールドクラスのプレーで世界中のサッカーファンを魅了している。...
別窓で開く

W杯準決勝に最も多くの選手を送り込んだクラブは? パリSGは超豪華な3人! トップは6人を輩出した独クラブ
32チームでスタートしたカタール・ワールドカップは準々決勝を終え、残るのは4チーム。アルゼンチン、クロアチア、フランス、モロッコの各26人、計104人の選手が現地時間12月13日より、決勝進出を懸けた重要な一戦に臨むことになる。...
別窓で開く

海外複数メディアが森保Jの「番狂わせ」の可能性を示唆!「日本はドイツの守備力の弱さを目の当たりにする」と弱点を指摘
ついにカタール・ワールドカップが開幕したが、日本代表にとってグループリーグ突破の鍵を握るとも言える重要なドイツ代表との初戦は、現地時間11月23日に行なわれる。 下馬評では明らかにドイツが上。過去4回の優勝を誇る同国の実績、実力を考えれば当然の見解であり、日本にとって苦しい戦いとなるのは必至だ。...
別窓で開く

カタールW杯の大きな損失… 各国メディアが不在を惜しんだスターたちの顔ぶれは!?
間もなく開幕するカタール・ワールドカップ。世界中の選び抜かれた32か国の代表チームが集う最高峰の舞台だが、最高の技を披露する個々の選手にも多くの注目が集まる。 すでに完成したビッグネーム、注目のスター候補、そして無名の選手のブレイクなど、計832人の選手への興味は様々だが、残念ながらこの対象に加わる...
別窓で開く

マンUが12戦8発の21歳・ポルトガル代表FWを1月に獲得か。バイエルン、パリSGなども注目と英報道
 マンチェスター・ユナイテッドが2023年1月の移籍マーケットで最前線を強化するかもしれない。英紙『The Sun』によると、マンチェスター・Uがエリク・テン・ハーフ監督の要望でベンフィカのポルトガル代表FWゴンサロ・ラモスに獲得を計画。すでに代理人とも接触済みだという。...
別窓で開く

久保建英の新たな相棒は!? ソシエダ主軸FWの電撃移籍で後釜候補に多くの名手が浮上! 移籍市場最終日でのサプライズも?
レアル・ソシエダのスウェーデン代表FWアレクサンドル・イサクが、プレミアリーグのニューカッスルに移籍することを、複数の地元メディアが報じた。 その移籍金額は7000万ユーロ(約95億円)で、さらにインセンティブとして500万ユーロ(約7億円)が後に加わることになるという。...
別窓で開く

「レバンドフスキ離脱は何ら害を及ぼさなかった」新生バイエルンが公式戦4試合で20得点の新記録樹立!「さらに強くなった」の声も
今夏、バイエルンからバルセロナに移籍したロベルト・レバンドフスキが、公式戦2戦目となったラ・リーガ第2節のレアル・ソシエダ戦で待望の移籍後初ゴールをゲット。開始1分の電撃弾だけでなく、68分に2点目を挙げてみせる点が、稀代のストライカーらしいところだ。...
別窓で開く

英紙が「まだプレーしていることが知られていない大物9人」をピックアップ!セスクらと共に名が挙がったJリーガー2人は?
 今夏の移籍市場でも、欧州のメガクラブは続々とビックディールを展開。アーリング・ハーランド(ドルトムント→マンチェスター・シティ)、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン→バルセロナ)、サディオ・マネ(リバプール→バイエルン)らが、高額な移籍金で活躍の場を移し...
別窓で開く

サッカー研究機関による「推定移籍金ランキング」でエムバエペが約267億円で1位に! トップ100に入ったアジア人選手は?
国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連研究機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が6月6日、最新の「推定移籍金ランキング」を発表した。...
別窓で開く


[ the リバプール バイエルン ] の関連キーワード

レバンドフスキ バイエルン ポルトガル カタール ドイツ
アジア