本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エスパス ルイ・ヴィトン東京でラシード・ジョンソンによるエキシビション「Plateaus」展を開催
このたびエスパス ルイ・ヴィトン東京では、ラシード・ジョンソンによる《Plateaus》(2014年)を日本で初めて紹介する展覧会を開催いたします。本展は、フォンダシオン ルイ・ヴィトンが所蔵する選りすぐりのコレクションを世界的に紹介する「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの大き...
別窓で開く

「マジック、カリームを倒した? 待て待て」ジョーダンの功績に“宿敵”トーマスが異議!「活躍は作られた話だ」<DUNKSHOOT>
かつて“バッドボーイズ”と恐れられたデトロイト・ピストンズの党首アイザイア・トーマスは、現役時代にマイケル・ジョーダンと犬猿の仲だったのは有名な話だ。引退後も両者の溝は埋まらず、トーマスは“神様”の功績に対する称賛に釘を刺している。 発端は1985年の...
別窓で開く

開幕投手決定の大谷翔平にサイ・ヤング受賞オッズも高まる!? 米記者が読み解く“史上初”の快挙達成に向けた課題は「イニング数」?
文字通りにタイトルを総なめにできるか——。MLBの開幕が間近に迫るなか、日本球界の至宝には、熱視線を送られている。【動画】今季は「チェ」も注目! 大谷翔平の22年初登板シーンをチェック 昨年12月から続いたロックアウトがようやく解除され、4月7日(現地時間)のシーズン開幕に向け、各球団の選手たちが着...
別窓で開く

元虎戦士との再会が話題に! トレードでヤンキースからやってきた長距離砲は元女房役だった「彼は情熱的な選手だ」
現地時間3月10日に急転直下で99日間のロックアウトが終了したMLB。膠着状態となっていたFA(フリーエージェント)市場も動き出し、各球団は4月7日(現地時間)の開幕に向け、ロースター調整を続けている。【動画】あのピッチングニンジャも絶賛! 元阪神ジョンソンのパワーカーブ 3月20日には、サンディエ...
別窓で開く

オーストラリア代表監督がコロナ規定違反で、日本戦不在の可能性? 隔離期間中の散歩が発覚と現地メディアが報じる
 カタール・ワールドカップのアジア最終予選の日本戦を前に、オーストラリア代表グラハム・アーノルド監督が指揮を執ることができない可能性が浮上している。 現地時間3月21日付けのオーストラリア紙『The Sydney Morning Herald』によれば、現地ラジオ局『2GB』が同監督の新型コロナ規定...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く

「時の人」ゼレンスキー大統領の登場で、世界のリーダーの「変身」に注目(井津川倫子)
ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が続くなか、ウクライナのへの注目度が日に日に高まっています。国民と共に戦う姿勢を崩さず、SNSを駆使して連日のように熱いメッセージで国民を鼓舞するウクライナのゼレンスキー大統領。ウクライナ侵攻前は31%にまで落ち込んでいた支持率が91%にまで跳ね上がったという報...
別窓で開く

ロシアの“皇帝”ヒョードルの引退試合はウクライナ侵攻で幻に? ベラトールCEOが「赤の広場での開催が承認されていた」と告白
名戦士の引退試合の行方が錯そうしている。元PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)のそれだ。 すでに引退を表明している“皇帝”は、総合格闘技団体「ベラトール」との3試合の引退ツアー契約を締結。その第1戦目となった19年12月のクイントン・ランペイジ・ジャ...
別窓で開く

「バッハはアメリカの玩具だ」露スポーツ界の大物がIOC会長を辛辣批判! 米英の首脳にも噛みつく
ロシア・スポーツ界の大物が言いたい放題だ。 現地時間3月11日、IOC(国際オリンピック連盟)は公式ホームページ上でトーマス・バッハ会長の声明を発表。ドイツ出身の68歳は、ロシア軍のウクライナ侵攻をあらためて断罪し、「苦しんでいるウクライナの人びとに寄り添い、連帯する姿勢を示すとともに、我々は平和を...
別窓で開く

取材活動中にロシア軍から攻撃されたイギリスメディアが映像を公開 「全員無事だったのは奇跡だよ」「ジャーナリズムとプロフェッショナリズムの最高峰」
ウクライナのキエフ近郊を車で移動していたイギリスのニュース専門チャンネルSky News(スカイ・ニュース)の取材班が、突然ロシア軍に攻撃された時の映像がYouTubeで公開されています。不快に感じる人も一部いるかもしれないという警告文から映像が始まりますので、ご注意ください。...
別窓で開く