本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタ「クラウン」セダン消滅でパトカーどうなる 現状はほぼ一強 考えられる代替は
一部報道でトヨタの伝統的車種「クラウン」のセダンが消えるといわれています。自家用のセダン需要は低迷しているものの、「クラウン」が圧倒的なシェアを占めるのがパトカー。専用グレードまで存在する警察需要はどうなるのでしょう。セダン需要が圧倒的に多い警察界隈 2020年11月11日(水)、自動車業界に衝撃の...
別窓で開く

マニア垂涎・・・次々と国産スポーツカーをパトカー化していく日本の警察=中国メディア
 中国メディア・東方網は10月30日、日本の栃木県警が日本車ファン垂涎の「スポーツカーコレクター」であると紹介する記事を掲載した。 記事は、先日会社役員の男性が栃木県警にレクサスLC500を寄贈したと紹介。同県警では2年前の日産GT−Rに続き、また日本メーカーの高性能自動車が配備されることになったと...
別窓で開く

どれも「神」・・・日本の各メーカーが開発した、傑作エンジン6選=中国メディア
 中国メディア・東方網は10日、日本人がこれまでに作り出してきた傑作自動車エンジンを6種類紹介する記事を掲載した。 最初に挙げたのは、トヨタの直列6気筒ツインターボエンジンの2JZ−GTEだ。このエンジンは4代目のスープラに搭載され、ドラッグレースで素晴らしい成績を収めてきたと紹介。...
別窓で開く

ボディカラーで買取額が変わる?「高く売れる車の色」と「売れない車の色」の違いとは
車を買う時にどうしても悩んでしまうもののひとつが「何色にするか」ということ。無難な感じにするか、それとも自分の好きな色にするか、はたまた追加で費用がかからない色を選ぶか…と、選び方も人それぞれではないでしょうか。しかし、将来的に車を売却する際に買取額が変わり、損をするかもしれないということはご存知で...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】新型「レヴォーグ」から始まるスバルの超革新
スバル「レヴォーグ」が初のフルモデルチェンジで2代目へと進化する。正式発表は10月15日の予定だが、すでに多くの情報が公開されるとともに先行予約がスタートしている。先日、新型のプロトタイプに試乗することできたので、今回はその概要を紹介するとともに、実車に触れて感じたいくつかのポイントについて解説した...
別窓で開く

ランエボやWRXの卒業生に!メルセデスAMG「CLA45S」は速さと乗り味がケタ違い
先頃上陸したメルセデスAMG「CLA45S 4マチック+(プラス)」は、“クラス最強”の2リッター直列4気筒ターボエンジンと4WD機構を組み合わせた、手頃なサイズの4ドアセダン。そんな超高性能モデルでさまざまなシーンをドライブしながら思い出したのは、かつて多くのクルマ好きを熱くさせたあの名車たちの記...
別窓で開く

アイサイト付きのスーパーセダン!【これで市販車!?】今度は『WRX S4 STI Sport #』が500台限定で新登場! 内外装&吸排気&補強の特別装備満載
その名の通り“シャープ”な1台見た目も走りも専用装備で「特別感」を堪能できるSUBARUからまたまた特別な限定車が発売されると発表があった。今回のベース車両はWRX S4。WRXといえば、昨年末に受注が終了した「WRX STI(通称VAB)」の最後を飾った限定車「EJ20 Final Edition...
別窓で開く

〈スバル・レヴォーグ〉ワイドボディとリアルカーボン、リアルレーシングスタイルをVMで!!
スバル系オーバーフェンダーの老舗が作るエアロLEVORG[VM型/前期対応]CORAZONコンセプトは「レヴォーグをとことん楽しんでもらうこと」モデル末期となってきたレヴォーグを大胆にカスタマイズする人がいてもいいだろう!! という思いを込め、今回のオーバーフェンダー仕様が登場した。...
別窓で開く

空の世界でもスバル対三菱の戦いは熾烈!
テレワーク中のモーターファン編集部員の、妄想シリーズ第二弾。外出自粛で時間があるので、屋根裏収納の整理をして出てきた写真をきっかけに、クルマに(辛うじて)まつわるトピックをお伝えする、時間つぶしのお慰み。今回のお題はスバルと飛行機です。...
別窓で開く

硬派に決まる!「国産スポーツセダン」6選
最近発売される車はミニバンやコンパクトカー、SUVが大半を占めていて、なかなか注目を浴びないのが4ドアのセダン。1990年代から2000年代初頭の日本車を振り返ってみるとセダンの割合が比較的多く、個性的な車たちが街中を走っていました。...
別窓で開く