本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ジョブチューン』ジャッジ企画で相次ぐ料理人の炎上…問われる番組の責任にTBSは「回答することはない」
11月26日の放送回で、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」(以下、ロイホ)のパンケーキを一流料理人が酷評したとして炎上した『ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)。有名店の一流料理人たちが審査員となり、コンビニや外食チェーン店の商品を試食し合否を厳しくジャッジする企画が...
別窓で開く

オーイシマサヨシ、鈴木愛理、松平健ら総勢144名が出演 世界最大のアニソンイベント『アニサマ2022』Blu-ray発売決定
8月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間にわたり埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された世界最大のアニソンイベント『Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-』(通称:アニサマ2022)のライブBlu-rayが、2023年3月29日(水) にリリースされること...
別窓で開く

1TBの大容量ストレージを備えたマルチ充電器って万能すぎない?
デスクの上や周辺になるべく荷物を置かないようにしているのに、PC関連のデバイスやケーブルでゴチャゴチャっとしてしまっている人は多いはず…。デスク周りが雑然としていると視覚的にストレスを感じますし、気持ちよく作業ができませんよね。そこで紹介したいのが、GREEN FUNDINGで先行販売中のオールイン...
別窓で開く

ノンネイティブ×アンダーカバーによるコラボプロダクトが始動。「作務衣」をワークウエアと捉えたコレクションを構築
デザイナー 高橋盾が手掛けるアンダーカバー(UNDERCOVER)と時流に捉われない普遍性をデザインとして再構成したコレクションを展開するノンネイティブ(nonnative)のコラボレーションプロダクトが発表された。日本発のブランド同士のコラボレーションとして、テーマに掲げたコンセプトは「OZISM...
別窓で開く

【ディズニープラス】韓国コンテンツ独占配信ラインナップ
11月30日にシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで開催された「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」で、韓国からはドラマに加えて、BTSやNCT127などK-POPボーイズグループのドキュメンタリー、バラエティ番組などの新規コンテンツが紹介された。...
別窓で開く

W杯劇勝スペイン戦 2発で逆転、試合後半の世帯視聴率28・7%!早朝異例の高視聴率 占拠率81・2%
 サッカー日本代表のFIFAワールドカップ(W杯)の1次リーグE組第3戦・スペイン戦を生中継したフジテレビの平均世帯視聴率が28・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。2日午前5時から午前6時10分までの日本が逆転した試合後半を中心とした数字で、前半(午前3時40分〜午前5...
別窓で開く

『FNS歌謡祭』出演者第3弾に井上芳雄&ジュンス、back number、&TEAMら 『SPY×FAMILY』企画も
人気グループ・嵐の相葉雅紀と永島優美アナウンサーが司会を務め、7日と14日の2週連続生放送されるフジテレビ系『2022FNS歌謡祭』(両日とも後6:30〜)の出演者第3弾が発表され、井上芳雄、ジュンス、back numberらの登場が決まった。 7日放送の第1夜では、日本と韓国のミュージカルトップス...
別窓で開く

BTSに続くグローバルグループ・&TEAM「FNS歌謡祭」初出演決定 第3弾アーティスト発表
【モデルプレス=2022/12/05】嵐の相葉雅紀と永島優美フジテレビアナウンサーが司会を務め、7日と14日に2週連続生放送されるフジテレビ系音楽の祭典『2022FNS歌謡祭』(18時30分〜)の第3弾出演アーティストが発表された。◆「2022FNS歌謡祭」出演者第3弾発表このたび『2022FNS歌...
別窓で開く

『2022FNS歌謡祭』、井上芳雄、&TEAM、back numberらの出演発表 ミュージカル企画に『SPY×FAMILY』も登場
フジテレビ系にて12月7日と14日の2週連続、2夜合計9時間30分超で生放送される『2022FNS歌謡祭』出演アーティスト第3弾として、井上芳雄、ジュンス、&TEAM、back numberらの出演が発表された。また、来年上演のミュージカル『SPY×FAMILY』より森崎ウィン、唯月ふうかが一足早く...
別窓で開く

"いいねで食べる人"が増え、言論空間としてのツイッターは衰退した
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、言論空間としてのツイッターについて指摘する。* * *イーロン・マスク氏がツイッター社を買収し、CEOになったことで実行されたとみられる大量解雇や"仕様変更"が話題になっています。英語圏ではすでに...
別窓で開く