本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



仕事のパフォーマンスアップは健康から。病気ではなくても気になるあの症状、この症状を、専門医が解説します。■人は血管とともに老いる。健康で働くには、血圧管理が重要です高血圧は、日本人にもっとも多い病気で、予備軍を含めると成人の2人に1人が「患者もしくは予備軍」となり、国民病ともいわれている。2019年...
別窓で開く

バイセクシュアルの青年役に挑戦した村上虹郎の役作り
「エロいですか? 色気とか全く意識してないですが、大人っぽくなったと言われるのはうれしいです」映画『“隠れビッチ”やってました。』(12月6日公開)でバイセクシャルの青年役に初挑戦した村上虹郎(22)。今回のグラビア撮影の最中、スタッフから『エロい!』と声がかかると、快活に笑った。...
別窓で開く

11月29日〜12月7日の9日間にわたって、タイ・パタヤで行なわれた車いすバスケットボールの「アジアオセアニアチャンピオンシップス(AOC)」。及川晋平ヘッドコーチ(HC)率いる男子日本代表は、予選リーグ1位通過を果たしたが、決勝トーナメントでは準決勝、3位決定戦で敗れ、4位という結果となった。イン...
別窓で開く

「自己評価高い系お茶」 柏木由紀さんのツイートで話題のお茶とは
AKB48の柏木由紀さんがTwitterに投稿した「自己評価高い系お茶」が話題になっている。ペトボトルのラベルには「すばらしい」、「濃い」、「香りよく」などの美辞麗句の数々。...
別窓で開く

彼氏が彼女らになりすましSNSを更新した理由に戦慄 文章の異変で家族が気づき逮捕
 SNSの投稿を見ると、使用する人の個性や本性が分かるという経験はないだろうか。海外では、なりすましのSNSの投稿がきっかけで、犯罪が明らかになった事件が起きた。 アメリカ・アリゾナ州で37歳の恋人の女性を殺害し、その後、女性のSNSを更新して犯行を隠そうとした62歳の男の裁判が行われたと海外ニュー...
別窓で開く

「末梢血管」とは、手や足など末梢にまで血液を届ける動脈の末端部分のこと。「末梢血管を開く」と高血圧は改善されます。新著『「末梢血管」を鍛えると、血圧がみるみる下がる!』を出版した人気医師・池谷敏郎先生が、末梢血管を開いてくれるスター成分ともいうべき栄養素と、それらが含まれる食材を紹介します。高血圧の...
別窓で開く

ソースネクストが創業7年目に、当時数千〜数万円はしたPCソフトを1980円均一に踏み切った理由とは? 予想通り、業界からは非難が殺到。「ホームの端に立たないよう気をつけろ」と脅されながらも敢行した改革の狙いを、ソースネクストの松田社長に聞きました。 会社を作って7年目。2003年は、ソースネクストに...
別窓で開く

生物とは何か、生物のシンギュラリティ、動く植物、大きな欠点のある人類の歩き方、遺伝のしくみ、がんは進化する、一気飲みしてはいけない、花粉症はなぜ起きる、iPS細胞とは何か…。分子古生物学者である著者が、身近な話題も盛り込んだ講義スタイルで、生物学の最新の知見を親切に、ユーモアたっぷりに、ロマンティッ...
別窓で開く

『外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと』は著者の宮原伸生さんが、日本企業を飛び出し、ベネトンスポーツ、日本コカ・コーラ、LVMH(モエヘネシー・ディアジオ)、ケロッグ、GSK(グラクソ・スミスクライン)などで、もがきながら見つけた「新しい働き方」を紹介する本です。そのエッセンスをコンパクトに紹...
別窓で開く

『WIRED UK』創刊編集長でイギリス人のデイビッド・ローワンが、いま日本を翻弄するシリコンバレー輸入型の「マニュアルイノベーション」にブチ切れ、世界中の最先端企業を1人で回った「真のイノベーション」探訪記『DISRUPTORS 反逆の戦略者』がいよいよ日本に上陸する。本記事では、『WIRED』日...
別窓で開く