本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「お前らもようやったで」M-1で見取り図がミルクボーイに負けたとき 勇気づけた先輩芸人とは
2年連続決勝 見取り図が語るM-1緊張のヒドさ「上京する新幹線で2時間タバコ吸ってた」 から続く 史上最高と言われる2019年のM-1。なぜあれほどの“神回”になったのか。出場した漫才師の連続インタビューでその答えに迫っていく。 前年はまさかの1番手で敗退した見取り図。2度目の決勝となった201...
別窓で開く

見取り図が分析するM-1“神回”のワケ「ぺこぱ10番手が奇跡だった」
「お前らもようやったで」M-1で見取り図がミルクボーイに負けたとき 勇気づけた先輩芸人とは から続く 史上最高と言われる2019年のM-1。なぜあれほどの“神回”になったのか。出場した漫才師の連続インタビューでその答えに迫っていく。 6番手で登場した見取り図は高得点を出すも、史上最高点のミルクボ...
別窓で開く

猫が注射に怒りの「シャー!」…ワクチン歴3年目にしてブチギレ“雄叫び”を上げる姿に驚きの声集まる
 今回紹介したいのは、みやさんが投稿した『今まで注射を我慢してきたけれど3年目にして初めてブチギレてしまった猫』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より) Q:蓮ちゃんは怒りっぽいですか? A:あんな激しいシャーは初めてでビックリしました。 Q:先生は毎年同じですか? A:違います。...
別窓で開く

 【ニューヨーク時事】新型コロナウイルスの感染者が世界最多となり、外出規制や店舗などの閉鎖が広がる米国で、損害賠償の支払いを求める集団訴訟の動きが相次いでいる。米フロリダ州では今月中旬、中国での感染発生時の初期対応に問題があったことが大流行を招いたとして、個人や企業が中国政府を相手取った訴えを起こし...
別窓で開く

『麒麟がくる』染谷将太の信長だけじゃない、歴代大河ドラマを彩った“型破り”配役
(写真左から)西田敏行、染谷将太、勝新太郎 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は3月22日放送の第10回の平均視聴率は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調を維持している。これまでの織田信長像を刷新する染谷将太の怪演も好評だ。そこで、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが...
別窓で開く

阿佐ヶ谷ロフトA応援企画 無観客ライブ配信『置鮎龍太郎の道(みち)2020〜あかぺら ゆるいち』本日開催!
新型コロナウィルスの影響で、政府は密封空間・密集場所・密接場面といった「3つの蜜」が重ならないよう指導していることから、現在大規模イベントのみならず小規模のライブハウスのイベントも自粛を余儀なくされている。...
別窓で開く

トランプ、ニューヨーク封鎖カードを手にとる、第2の武漢となるのか=米国
ドナルド・トランプ米国大統領は、ニューヨークとその近隣の州の一部に対する封鎖を検討しているとされ、ニューヨークが“第2の武漢”になるのではという憂慮の声があがっている。トランプ大統領は28日(現地時間)ホワイトハウスでの記者たちとの話の中で「ニューヨーク州全体とそこに隣接したニュージャージー州、コネ...
別窓で開く

■「中国語を話していると日本人が避けて通る」新型コロナウイルスが世界を震撼させている。現在、非常事態となっているのはイタリア、スペイン、アメリカなど欧米各国だが、つい1カ月前まで、主戦場は中国だった。中国で最初に発生したのは昨年末といわれているが、中国政府が情報を隠ぺいし、初動を誤ったことが原因で世...
別窓で開く

高樹沙耶“コロナ禍で大麻解禁”大炎上「便乗するにもほどがある!」
元女優・高樹沙耶のツイートが話題になっている。高樹は3月26日に自身のツイッターへ、新型コロナウイルスにまつわる騒動についての持論を投稿した。《自粛の発表前に大型ストア小売店に先に伝えて段取ればパニックは小さくできるわけで、わざわざパニクらせてるとしか思えない! この関連の出来事は大きくなれば自給率...
別窓で開く

霜降り明星はなぜ「第7世代」のリーダーなのか 明石家さんまにも食らいつくせいやの力量
現在、TVでは「お笑い第7世代」の活躍がめざましい。そのリーダー格とされているのが霜降り明星だ。霜降りはどこがすごいのだろうか。■「お笑い第7世代」「お笑い第7世代」とは、霜降りのせいやが言い出したことで、現在の20代の主にお笑いの若手を指し、それらでまとまっていこうとするもの。霜降りの他に、宮下草...
別窓で開く