本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【W杯|優勝予想】決勝はブラジル対フランスの予感! 仏代表が史上3か国目の連覇なるか? チーム完成度は互角だが…[識者の見解]
 ベスト8が出揃ったカタール・ワールドカップ。ここからさらに熾烈なバトルが予想されるが、最後に黄金のトロフィーを掲げるのはどの国か。フリーライターの元川悦子氏に優勝予想を訊いた。——◆——◆—— 日本の奮闘が光ったカタール・ワールドカップも8強が出揃い、12月9日から準々決勝に突入する。...
別窓で開く

クロアチア戦に向け、チッチ監督は日本に感謝。26人全員起用&ネイマール復帰のブラジルに死角はあるか
 カタールW杯決勝トーナメント1回戦。韓国戦のブラジルをなんと評価したらいいだろう。最初の36分間のブラジルは最高だった。ブラジルのサッカーがすべて詰まっていた。ジョゴ・ボニート(美しいプレー)、たくさんのゴール、明るく陽気な雰囲気......。スタンドにいた外国人記者やサポーターも思わず乗り出す楽...
別窓で開く

心温まるエピソードも=ゴール後パフォーマンスさまざま—W杯サッカー
 サッカーでは「セレブレーション」と呼ばれるゴール後のパフォーマンスも見せ場の一つだ。W杯カタール大会でも、さまざまな思いを込めたセレブレーションが生まれている。 イラン戦で得点したイングランドのグリーリッシュは、両手を広げてゆらゆらと揺らした。このダンスを発案したのは脳性まひを患うファンの少年で、...
別窓で開く

Cロナ先発落ちも “代役”ラモスの圧巻3発でポルトガル4大会ぶり8強
 ◇FIFAワールドカップカタール大会決勝T1回戦 ポルトガル6—1スイス(2022年12月6日 ルサイル競技場) FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会決勝トーナメント1回戦で、H組1位のポルトガルはG組2位のスイスに6—1で大勝した。ポルトガルは4大会ぶりに8強に入った。 世界に名を知らしめ...
別窓で開く

ゴンサロ・ラモス、衝撃の先発デビューは「夢にも思わなかった」…クローゼ氏以来の快挙達成
FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が6日に行われ、ポルトガル代表は6−1でスイス代表を下した。同国代表は4位に輝いた2006年のドイツ大会以来、16年(4大会)ぶりに準々決勝進出を果たしている。...
別窓で開く

「秘訣はない。当たるか失敗するかだ」モロッコ代表GKブヌ、完璧なブロックで初の8強入りの立役者に
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会は6日(日本時間7日未明)、決勝トーナメント1回戦が行われ、グループリーグF組1位のモロッコがPK戦の末にE組2位のスペインを破り、初めての8強入りを果たした。 モロッコのGKブヌがPK戦でヒーローになった。2人目のキックを左に跳んでセーブすると...
別窓で開く

ポルトガルのぺぺ、決勝トーナメント史上、最年長ゴール…ロナルドに代わりキャプテンマークも
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会は6日、決勝トーナメント1回戦でポルトガルが6—1でスイスに大勝し、ベスト4に入った2006年ドイツ大会以来16年ぶりに8強進出を決めた。 ポルトガルのぺぺが、ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント史上、最年長となるゴールを決めた。...
別窓で開く

筋肉ムキムキの上半身さらして退場…ブラジル倒した衝撃の一撃が「ほっこり」シーンに
 それは、後半ロスタイムの出来事だった。 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会のグループリーグG組、ブラジル代表対カメルーン代表の一戦は終盤まで0—0。ディフェンスの間に走り込み、右のクロスにピタリと頭で合わせたのは、カメルーンのFWアブバカル(アルナスル)だ。...
別窓で開く

波乱なし、唯一の“新入生”、PK戦は下馬評通り?…ワールドカップのベスト16を総括
日本は「新しい景色」に届かなかったが、ワールドカップのベスト16では新たな記録がいくつも生まれた。それではベスト16の8試合を振り返っていこう。[写真]=Getty Images■波乱なき16強 ベスト16は大きな波乱が起こらない“凪状態”だったと振り返ることができる。グループステージを首位通過した...
別窓で開く

ペペ、決勝T最年長ゴール=W杯サッカー・ポルトガル
 ポルトガルのペペが39歳283日で得点を挙げ、W杯の決勝トーナメントでは史上最年長ゴールとなった。前半33分のCKで、相手DFの間にすっと入り込み、豪快にヘディングシュートを決めた。 1次リーグを含めても、1994年大会の42歳ミラ(カメルーン)に次ぐ、歴代2位の記録。ベンチから飛び出して来た先発...
別窓で開く