本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



加藤浩次 サッカーで1番印象に残っているシーン「ピクシー監督がスーツ着たまま…あれは強烈だったね」
 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(53)が26日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月〜金曜前8・00)に出演。サッカーで印象に残っているシーンを明かした。 サッカー好きでも知られる加藤は「サッカーいろいろ見てきてる中で、印象に残っている試合ってなんですか?」との“天の声”の質問に「試合はい...
別窓で開く

冨安健洋、マンU戦でライバルを上回る高評価! 1失点に絡むもラッシュフォード封じ&アシスト記録「十分に仕事をした」
現地時間1月22日、プレミアリーグ第21節が行なわれ、アーセナルは3-2でマンチェスター・ユナイテッドを下して、連続無敗を13試合(11勝2分け)に伸ばした。  マーカス・ラッシュフォードのミドル弾でアウェーのマンUが先制し、「ガナーズ」はエディー・ヌケティアのヘッド弾、ブカヨ・サカの鮮や...
別窓で開く

人に寄り添える社会人になりたい。目標を見失い、31歳で現役を引退した磯村亮太が描く人生設計
 アスリートの現役引退には様々な理由があるが、「まだやれるのに」と惜しまれての引退ができる選手はそれほど多いわけではない。 2022年シーズンいっぱいで栃木を契約満了となり、年末に現役引退を発表した磯村亮太も、31歳という比較的若い年齢もあって周囲には驚かれたという。「同い年の田口泰士(千葉)とかに...
別窓で開く

アーセナルも関心を示す三笘薫の好調ぶり。現地メディアは今冬の残留を予想も「ブライトンは信じられないほどの利益を得るだろう」
カタール・ワールドカップでその存在を改めて世界に知らしめた三笘薫は、再開したプレミアリーグでもその勢いを持続し、対戦する全ての相手をその驚異的な突破力で打ち負かし、試合ごとに価値を高めている。...
別窓で開く

「たったひとりで壊滅させた!」三笘薫が魅せたリバプール戦の“極上パフォーマンス”を韓国メディアが絶賛!「圧倒的な脅威だ」
衝撃のハイパフォーマンスに、韓国メディアも脱帽だ。 現地1月14日、プレミアリーグ第18節でブライトンは本拠地にリバプールを迎えて3−0の快勝。日本代表のMF三笘薫はこの日もスタメンを飾り、貴重な先制点をお膳立てするなど奮迅の働きでブライトン攻撃陣をリードし続けた。 左サイドで終始違いとなった三笘。...
別窓で開く

「なんてことだ」クロアチアの“最も美しいファン”への容姿批判に本人が憤慨!「私たちの生き方も尊重してほしい」/W杯【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回はカタール・ワールドカップで、クロアチア代表をこよなく愛する美女を取り上げる。“最も美しいファン”と称される、クロアチアでモデル兼インフルエンサーとして活躍するイヴァナ・ノールさ...
別窓で開く

松田直樹の背中を追って故郷のクラブに。「山雅の流儀」を伝え続けることが託された次なる使命【田中隼磨の生き様|後編】
 昨季限りで現役を引退した田中隼磨。23年間のプロキャリアを振り返るとともに、未来へのビジョンを語ってもらった。前編ではプロデビューから名古屋時代を回想。後編では、地元クラブでの奮起と“これから”についてお届けする。...
別窓で開く

二度のJ1タイトル、代表デビュー。偉大な指導者や強烈な仲間と共に駆け抜けた日々【田中隼磨の生き様|前編】
 2022年11月20日のJ3最終節・SC相模原戦。87分に登場し、約1年9か月ぶりにピッチに立った松本山雅FCの背番号3・田中隼磨は、短時間のプレーながら鋭い左足クロスを前線へ供給。中山陸の決勝弾を見事にお膳立てした。 これで松本は1−0で勝利。2014年から9シーズンにわたって「山雅の流儀」を示...
別窓で開く

ベスト8から先は“違った領域”。セルビア代表コーチとして臨んだカタールW杯で込み上げた偽りなき本音【喜熨斗勝史の欧州戦記】
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。今回はセルビア代表コー...
別窓で開く

「試合後に扇風機投げられて」金崎夢生が同僚の闘莉王と揉めた衝撃エピソードを告白!「やめろ、2人とも」と止めに入ったのは…
 元日本代表DFの内田篤人氏がMCを務めるDAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』に元日本代表FWの金崎夢生が出演。驚きのエピソードを明かした。 内田氏が指導者ライセンス取得のため不在で、鹿島アントラーズ時代に同僚だった鈴木優磨とともに番組を進めた金崎。...
別窓で開く