本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ゼレンスキー氏を「殺すつもりはない」、プーチン氏確約…イスラエル元首相が明かす
 【エルサレム=工藤彩香】イスラエルのナフタリ・ベネット元首相はプーチン露大統領とモスクワで昨年3月に会談した際、プーチン氏がウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領を「殺すつもりはない」と確約したと明かした。4日に公開されたイスラエルメディアのインタビューで語った。 ベネット氏は当時、首相と...
別窓で開く

IAEAトップ、今週訪ロ=ウクライナの原発保全協議
 【ベルリン時事】ロシア高官は6日、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長が今週モスクワを訪問することを明らかにした。IAEAが提唱しているウクライナ南部ザポロジエ原発の「安全・保護区域」設置について協議する。インタファクス通信が伝えた。 報道によると、ロシア外務省や国営原子力企業ロスアトムの...
別窓で開く

“ゼレンスキー大統領を殺さないとプーチン大統領が約束”イスラエル元首相が去年3月の会談について語る
イスラエルのベネット元首相は、去年3月にロシアで行った会談で、プーチン大統領が「ゼレンスキー氏を殺さない」と約束したと話しました。イスラエルのベネット元首相は、4日公開された地元メディアとのインタビューで、ロシアのプーチン大統領と行った会談の一部について語りました。ロシアによるウクライナ侵攻開始後の...
別窓で開く

ロシア、「併合」4州を南部軍管区の管轄下に…既成事実化進める狙いか
 タス通信などは、ロシア国防省が、ロシアが一方的に併合したウクライナ東・南部4州を露軍の南部軍管区の管轄下に組み込んだと報じた。プーチン政権が、併合の既成事実化を進める狙いとみられる。 報道によると、露国防省のホームページで3日、露南部ロストフ州に司令部がある南部軍管区の地図にドネツク、ルハンスク、...
別窓で開く

原田真二「人の命以上の大義なんかない」木根尚登と“平和”について考える
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、木根尚登さんと原田真二さん。ここでは、原田さんが現在の世界情勢についての思いをぶつけていました。...
別窓で開く

利用される“歴史” なぜプーチン大統領は「ナチス」発言を繰り返すのか?【風をよむ】サンデーモーニング
ウクライナ侵攻が始まって、まもなく1年。ロシアのプーチン政権は、過去の歴史を戦争に利用するような発言を繰り返しています。スターリングラード攻防戦から80年ロシア・プーチン大統領「ナチズムから世界を解放したスターリングラードの戦いを過小評価したり、歪曲したりすることは許されないー」2月2日、プーチン大...
別窓で開く

“世界最強”の軍事同盟NATOトップ訪日の目的とは?ウクライナ侵攻の口実にも…ロシア苛立たせるNATO拡大とは?【サンデーモーニング】
NATO=北大西洋条約機構のストルテンベルグ事務総長が来日し、岸田総理と会談しました。今なぜNATOは日本と連携を深めようとしているのでしょうか?そもそも軍事同盟NATOとは?プーチン大統領を苛立たせウクライナ侵攻の口実にもなったNATO拡大の経緯とは?手作り解説でお伝えします。...
別窓で開く

岸田首相が画策する必死のゼレンスキー詣での仰天プラン…G7広島サミットまで100日
(マクロン仏大統領(右)とは熱い抱擁(ウクライナのゼレンスキー大統領)/(C)ロイター)「プーチンの戦争」が火蓋を切って丸1年の節目が迫り、ウクライナの緊張は一層高まっている。開催まで100日あまりとなったG7広島サミットを控え、岸田首相の“箔付け”キーウ訪問プランは頓挫必至だ。...
別窓で開く

激戦地バフムトは徹底抗戦の象徴、ゼレンスキー氏「可能な限り戦う」…米欧は撤退論
 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は3日、ロシア軍との最大の激戦地になっているウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムトについて、「我々は可能な限り戦う」と述べ、撤退しない姿勢を強調した。バフムトは、ウクライナ侵略を続けるロシアへの徹底抗戦の象徴となっており、国民の士気低下を避けるためとみ...
別窓で開く

クリミア攻撃なら報復=「ウクライナ炎上」警告—ロシア前大統領
 ロシアのメドベージェフ前大統領は、米政府がウクライナに供与すると発表した長距離ロケット弾が、ロシア支配地域の南部クリミア半島に撃ち込まれれば「(ゼレンスキー政権が統治する)ウクライナ全域が炎上するだろう」と報復を警告した。4日に通信アプリで公表された親政権派ジャーナリストのインタビューで表明した。...
別窓で開く