本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プーチン氏から脅迫、英国ジョンソン元首相明かす「ミサイルがあれば1分とかからない」
英国のボリス・ジョンソン元首相が、ロシアのプーチン大統領から「ミサイル攻撃」の脅迫を受けたと30日に放送される英BBCのドキュメンタリー番組で明かしていることが分かった。ロシアによるウクライナ侵攻が始まる直前の昨年2月2日に行われたプーチン大統領との電話会談の中で、「私はあなたを傷つけたくはないが、...
別窓で開く

米独が主力戦車をウクライナに供与できない本当の理由 2月以降の大攻勢に向けて安堵の色隠さないプーチン
レオパルト2供与を躊躇する理由は何か ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナへの戦車支援をめぐって米国とドイツが正面衝突している。 ドイツ西部にあるラムシュタイン米空軍基地で1月20日、ロイド・オースティン米国防長官(軍人出身)などおよそ50か国の代表が参加して、ウクライナへの軍事支援について協議する...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦争 調停者がいないという「もう1つの問題」
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が1月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プーチン大統領が36時間の停戦を命じたウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

日本のインフレはだいぶマシ!イギリスは「異次元の光熱費高騰」で暖房難民が急増
「日本はだいぶマシ」と、イギリスの深刻なエネルギー価格高騰について語るジャスティン・マッカリー記者少し落ち着き始めたかに見える「急激な円安」。だが、為替レートは1ドル≒140円前後と、この1年足らずの間に3割近くも下落。この急激な円安がエネルギーと食料の多くを輸入に頼る日本経済を直撃し、そこにウクラ...
別窓で開く

カミラ王妃、世界各国の王妃やファーストレディを招いたレセプションを開催
カミラ王妃(75)がバッキンガム宮殿で、世界各国の王妃やファーストレディを含むおよそ300人のゲストを招いたレセプションパーティを開催した。この日、王妃が主催したのは女性に対する暴力撲滅活動を広めるためのイベントだ。白いドレスで現れた王妃は「女性に対する暴力の世界的パンデミックと呼ばれるものに、正し...
別窓で開く

大野和士が新国立劇場《ボリス・ゴドゥノフ》を語る ──人間の内面を巧みに描く、天才ムソルグスキーの大傑作
11月15日(火) に初日を迎える新国立劇場のムソルグスキーのオペラ《ボリス・ゴドゥノフ》新演出初演。直前の稽古の合間を縫って、公演を指揮する大野和士芸術監督に話を聞くことができた。「ムソルグスキー畢生の大作。私はムソルグスキーは不世出の大天才と言っていいと思っています。それはたとえばショスタコーヴ...
別窓で開く

2022年10月25日に、リシ・スナク氏が新たなイギリス首相に就任した。8月から3カ月間に、3人が保守党政権で首相の座に就くという異常な事態になっている。ボリス・ジョンソン氏、リズ・トラス氏、そしてスナク氏である。このような短期間に次々と首相が替わることは、イギリス政治ではきわめて異例なことである。...
別窓で開く

既存路線を継承も「インド太平洋地域への関与」はより強く スナク英新首相
東京大学公共政策大学院教授・政治学者の鈴木一人が10月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。電話による初の米英首脳会談について解説した。ロンドンの首相官邸前で演説するスナク英首相 2022年10月25日(ゲッティ=共同)米英首脳が初の電話会談飯田)バイデン米大統領とスナク...
別窓で開く

守勢の露軍、ガソリンスタンドをミサイル攻撃 妊婦など2名亡くなる
守勢に追い込まれたロシア軍が手当たり次第にミサイルを撃ち込んでいるようだ。今回はガソリンスタンドを攻撃し、妊婦など2人の民間人を殺害した。25日(以下現地時間)mウクライナ検察総長室は、ロシア軍がドニプロペトロプスク・ドニプロシのあるガソリンスタンドにミサイルを撃ちこみ、民間人被害が発生したと明らか...
別窓で開く

インド系イギリス新首相スナク氏、経済再生できるか? 辣腕アナリスト出身、資産は英国王の2倍、「庶民感覚ゼロ」...だが、エコノミストは期待「財政規律の鬼だから...」
「ポンド安」「株安」「債券安」の「トリプル安」を招いて、金融市場に大混乱を引き起こしたリズ・トラス氏に代わり、リシ・スナク氏(42)が2022年10月25日、英国の新首相に就任した。インド系移民の両親をルーツに持つ、英国史上初の非白人首相の誕生だ。スナク氏は就任後、首相官邸前で演説、「経済の安定と信...
別窓で開く



<前へ1234次へ>