本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



高木豊がセ・リーグCSのキーマンに挙げたのは「阪神の青柳晃洋」。短期決戦で勝負を分ける各チームの戦い方は?
 10月8日から始まるクライマックスシリーズ(CS)。セ・リーグはシーズン2位のDeNAと3位の阪神がファーストステージを戦い、その勝者がファイナルステージに進んでリーグ覇者のヤクルトに挑む。 今年のセ・リーグCSはどんな展開になるのか。かつて大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍し、現...
別窓で開く

松中さん「環境やタイミング必要」=同郷後輩の偉業喜ぶ—ヤクルト村上の衝撃(1)
 プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手が、史上最年少の22歳で三冠王に輝いた。球界を背負う大打者に急成長できた要因は何か。さまざまな角度から分析する。 ◇ 松中信彦さんは平成でただ一人の三冠王だ。2004年にダイエー(現ソフトバンク)の4番打者として打率3割5分8厘、44本塁打、120打点をマークした。...
別窓で開く

ヤクルト・高橋 東芝との練習試合で5回8K 村上は4番・三塁で1安打
 ◇練習試合 ヤクルト4—0東芝(2022年10月6日 神宮) ヤクルトの高橋が神宮で行われた東芝との練習試合に先発し、5回1安打無失点。最速151キロの直球を軸に8三振を奪った。「思い通りにストレートも変化球も投げることができた。次に向けて緊張感を持って投げることもできた」。...
別窓で開く

ドラフト上位候補の東芝・吉村 「どれぐらい通用するか楽しみだった」ヤクルト村上らK斬り
 ◇練習試合 東芝0ー4ヤクルト(2022年10月6日 神宮) 東芝は、今秋ドラフト上位候補の右腕・吉村が先発した。初回1死一、三塁では村上を135キロのフォークで空振り三振。3回には山田からも空振り三振を奪うなど、3回無失点7奪三振と快投。 「自分の球がどれぐらい通用するかと楽しみだった。いい感じ...
別窓で開く

広澤克実氏 阪神のポストシーズン守護神は湯浅が最適 来季も見据え経験させることは有意義
 【広澤克実 視点】阪神は今季の横浜スタジアムでは8連敗を含む2勝11敗と大きく負け越した。打線は打率・229で平均3得点。DeNAに勝つためには打線の奮起を促すことよりも、投手陣がいかにして最少失点で踏ん張るかということに尽きるだろう。 12球団No・1の防御率が示すように、言うまでもなく阪神は投...
別窓で開く

阪神“王道ローテ”でCS突破や 第2戦・伊藤将、第3戦・西純が先発濃厚
 阪神は9日のファーストS2戦目には伊藤将の先発が濃厚となった。シーズン終盤と同じ青柳→伊藤将の“王道ローテ”で一気に突破を目指すつもりだ。 6日はポール間走などで汗を流した左腕は「普段通りに投げたら良いんじゃないですか。(この期間の修正も)特にない」と淡々。DeNAとは今季5試合で2勝(2敗)、防...
別窓で開く

阪神・青柳でCS開幕!ベイ斬りから始まる下剋上 「投手3冠」エースに矢野監督揺るがぬ信頼
 阪神の青柳晃洋投手(28)が、あす8日のDeNAとのクライマックスシリーズ(CS)のファーストS初戦(横浜スタジアム)に先発することが決定的となった。矢野監督はここまで明言せず、“奇襲先発”の可能性も示唆していたが、青柳は4月からチームをけん引。個人タイトルでも「投手3冠」を獲得した大黒柱に託す“...
別窓で開く

新井貴浩氏と言えば黒田博樹氏 感動的な“涙の抱擁”広島に黄金期もたらしたレジェンド2人
 広島の来季監督に、OBでスポニチ本紙評論家の新井貴浩氏(45)が就任することが6日、分かった。近く正式発表される見込み。チームは4年連続Bクラスに沈んでおり、リーグ3連覇の立役者で実績、人望、人脈、人気を併せ持つ同氏に再建を託すことになる。 新井貴浩氏と言えば、黒田博樹氏の名前が出てくる広島ファン...
別窓で開く

西武・辻監督 今季限りで退任 後任は稼頭央ヘッド決定的
 西武の辻発彦監督(63)が今季限りで退任することが6日、分かった。クライマックスシリーズ(CS=あす8日開幕)から始まるポストシーズンで花道を飾る。辻監督は17年に就任し18、19年にリーグ連覇を達成。就任6年目の今季は前年の最下位から3位まで押し上げたが、3年連続で優勝を逃した。...
別窓で開く

【大谷翔平の水原一平通訳が語る】「キヨシさん」から託された“アジア人の誇り”の思い
 エンゼルス・大谷を18年の入団時から通訳として支える水原一平氏(37)が、今季最終戦を終えて「水原一平通訳 I REPORT」特別版で今季の裏側を振り返った。 翔平のメジャー5年目のシーズンが終わりました。チームは残念ながらポストシーズン進出を逃しましたが、本人が「明らかに今年の方が全体的な数字は...
別窓で開く


[ ヤクルト ] の関連キーワード

セ・リーグ キヨシ アジア