本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



一般生活者が財産形成に使える安心のファンド! さわかみファンド20周年の今
 「さわかみファンド」が今年8月、設定から20周年を迎えた。独立系の投信会社で直接販売によって長期投資に理解のある投資家を募るという独自の経営で時代を切り開いてきた同ファンドは、その後に続く独立系・直販運用会社の道しるべでもあった。さわかみ投信代表取締役社長の澤上龍氏(写真)にこれからの展望を聞いた...
別窓で開く

【今日の一冊】「株を買ってもらえる会社」のつくり方 楽天IR戦記
楽天IR戦記市川祐子 (日経BP)レビュー本書は、楽天株式会社で約12年にわたりIR責任者として活躍してきた著者の奮闘の記録である。IR(インベスター・リレーションズ)というと、企業と投資家をつなぐ役割、つまり「投資家向け広報」とイメージされることが多い。著者によれば、「広報」との大きな違いはこうだ...
別窓で開く

英ガーディアン紙の経営が黒字化 収入の56%をデジタルから 鍵となった会員制とは(小林恭子の英国メディア・ウオッチ)
今回は小林恭子さんのブログ『小林恭子の英国メディア・ウオッチ 』からご寄稿いただきました。英ガーディアン紙の経営が黒字化 収入の56%をデジタルから 鍵となった会員制とは (小林恭子の英国メディア・ウオッチ)「メディア展望」(新聞通信調査会発行)8月号掲載の筆者記事に補足しました。...
別窓で開く

ビジネス成功の第一歩 自分の中に眠る「才能」の見つけ方
ビジネスが最たるものだが、どんなことでも目標や夢に着実に近づいて実現させていく人もいれば、意欲的に働いてももう少しのところでその達成を逃してしまう人もいる。両者に違いはあるのだろうか。もしあるとしたら、どんな違いなのだろうか。『女性が仕事で夢を叶える! 心磨き7レッスン』(後藤勇人著、みらいパブリッ...
別窓で開く

<ニューヨークの富裕層向け都市開発の代表例ハドソン・ヤードは、中流層を街から締め出す危険をはらんでいる>この3月、ニューヨークでとんでもない再開発プロジェクトが竣工した。その名は「ハドソン・ヤード」。マンハッタンの西岸、ハドソン川に面し、かつては鉄道基地だった広大な敷地を豪勢な職住近接のエリアに生ま...
別窓で開く

三井住友アセットマネジメント、投信のオンラインチャネル・デジタル戦略サポートで存在感
 三井住友アセットマネジメント(SMAM)が提供する投信販社向けデジタル戦略サポートが注目を集めている。主に対面販社が有するオンラインチャネルを対象としている。同社は4月に大和住銀投信投資顧問と合併し、「三井住友DSアセットマネジメント」として新発足するが、同部は名称もそのままで存続する。...
別窓で開く


<前へ1次へ>