本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



唾液はどこから出ているのか?、目の動きをコントロールする不思議な力、人が死ぬ最大の要因、おならはなにでできているか?、「深部感覚」はすごい…。人体の構造は、美しくてよくできている——。外科医けいゆうとして、ブログ累計1000万PV超、Twitter(外科医けいゆう)アカウント10万人超のフォロワーを...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

【コラム】韓国人の信じる宗教は、大きくはなに?
 2022年5月に満期退任した文在寅大統領は、キリスト教も信じ、仏教の式典にもコメントを出し、日本の神道にも政治的には理解を示した(しつこいが、靖国神社名が見える位置、赤坂にマンションをお持ちだ)。 報道されていないだけで、イスラム教にも、ヒンドゥー教にも、そして怪しげな新興宗教にも、大統領としては...
別窓で開く

「イチジク」の皮には毒がある?「食べてはいけない」はウソ! 大学教授が教えてくれた健康効果
■「イチジクは食べてはダメ」はウソ? 秋の味覚・イチジクの魅力夏から秋が旬のイチジクは、甘くてねっとりした独特な食感に加え、噛んだときのプチプチ感が楽しいですね。また、口の中で華やかな香りがひろがり、後口は案外さっぱりしているのも魅力です。フルーツとして生食はもちろんのこと、加熱すると甘味が増すので...
別窓で開く

イスラムが西欧に敗北する契機になったもっとも象徴的な事件は、1571年にキリスト教国側の連合艦隊(ローマ教皇庁・スペイン・ヴェネツィアで構成)がオスマン帝国艦隊を破ったレパントの海戦とされている。しかし、実はもっと大きな歴史上の分岐点があったと、在野の物理学者である長沼伸一郎は説く。(本稿は『世界史...
別窓で開く

全世界で700万人に読まれたロングセラーシリーズの『アメリカの中学生が学んでいる 14歳からの世界史』(ワークマンパブリッシング著/千葉敏生訳)がダイヤモンド社から翻訳出版され、好評を博している。本村凌二氏(東京大学名誉教授)からも「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類の文明史には...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

【本棚を探索】第33回『東西文明比較互鑑 秦・南北朝時代編』潘岳 著/濱口 桂一郎
■習近平の歴史観が鮮明に コロナ禍の収まらぬ現代世界で、プーチンのロシアがウクライナに侵攻し、習近平の中国はウイグルなど少数民族を抑圧し、香港を圧殺し、台湾を恫喝する。そうした帝国主義的行動の背後にある思想がや歴史観には、隣国日本の住人として関心を持たざるを得ない。ウクライナ民族の存在を否定し、大ロ...
別窓で開く

バロックオペラの刺激に刮目せよ! ヘンデル:『シッラ』(全3幕)/ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテ
あの衝撃的デヴューアルバム、ヴィヴァルディの『四季』によって、バロック演奏の新時代を切り開いたファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテの名コンビが、さらなる衝撃作をひっさげて来日する(2022年10月29日、30日:神奈川県立音楽堂)。オペラと言えば、“豪華なオペラハウスにおける大掛かりな装置の中...
別窓で開く


[ ローマ キリスト ] の関連キーワード

ビオンディ ガランテ イスラム シッラ ローマ

<前へ12345次へ>