本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 【ニューヨーク=上塚真由】国連総会(193カ国)は12日、日本が提出した核兵器廃絶決議案を賛成160票、反対4票、棄権21票の賛成多数で可決した。同種の決議採択は26年連続となった。 今年の決議案は、来年に控える核拡散防止条約(NPT)再検討会議を前に共通基盤の形成を目指し、各国の主張の隔たりが大...
別窓で開く

 【ワシントン=黒瀬悦成】米上院本会議は12日、サリバン国務副長官を駐ロシア大使に指名する人事を賛成多数で承認した。近く宣誓就任する。 後任の副長官にはビーガン北朝鮮担当特別代表が指名されており、議会での承認手続きを待っている。 サリバン氏は、息子ブッシュ政権で国防総省の次席法務顧問や商務副長官を務...
別窓で開く

アメリカの弾道ミサイル発射実験は“中国へのメッセージ”
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月13日放送)に自民党参議院議員の佐藤正久が出演。アメリカが行った弾道ミサイルの発射実験について解説した。...
別窓で開く

北朝鮮のエンジン燃焼実験は、振り向いてくれない米への“パフォーマンス”
ニッポン放送「ザ・フォーカス」(12月12日放送)に元外務省主任分析官・作家の佐藤優が出演。北朝鮮のICBMエンジン燃焼実験について解説した。北朝鮮の労働新聞が2017年3月19日掲載した、東倉里の「西海衛星発射場」で行われた高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験の写真(コリアメディア提供・共同) 写...
別窓で開く

 【ワシントン=海谷道隆】米国防総省は12日、地上発射型の中距離弾道ミサイルの発射実験を行い、成功したと発表した。射程500〜5500キロ・メートルの核弾頭や通常弾頭を搭載した地上発射型ミサイルの廃棄を定めた米露間の中距離核戦力(INF)全廃条約が8月に失効したことを受け、中距離ミサイル開発を推進す...
別窓で開く

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省は12日、米露の中距離核戦力(INF)廃棄条約で制限されていた地上発射型の中距離弾道ミサイルの発射実験を実施したと発表した。条約が8月に失効後、制限対象だったミサイルの実験を行うのは2回目で、弾道ミサイルの実験は初めて。...
別窓で開く

 【ニューヨーク時事】国連総会(193カ国)は12日、決裂の懸念が出ている来年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けて共通認識の形成を目指し、日本が提出した核兵器廃絶決議案を賛成160、反対4、棄権21の賛成多数で採択した。 英仏が賛成し、米国は棄権した。反対国は昨年と同じ中国、北朝鮮、ロシア、...
別窓で開く

プロ化以降25年間、サッカー中国代表の日本との対戦成績を見て絶望した=中国メディア
 中国メディア・東方網は11日、10日に韓国で行われたサッカーE−1選手権男子で中国が日本に1−2で敗れたことについて、最後に中国が日本に勝利したのは21年も前の話であると報じた。 記事は、11日の試合について「日本が四軍レベルの布陣で臨んだため、中国に勝つ望みがある試合だった」としたうえで、ふたを...
別窓で開く

ロシア、報復措置としてドイツ外交官2人を国外追放
 ロシア外務省は12日、ロシアの外交官が今月、ドイツから追放されたことへの報復措置として、ドイツの外交官2人を国外追放すると発表しました。 今年8月、ドイツのベルリンでジョージア国籍の男性が射殺された事件に関連し、ドイツ当局はロシア人の男を逮捕しましたが、ロシア大使館が捜査協力しなかったとして4日、...
別窓で開く

 【ワシントン時事】米国防総省は12日、西部カリフォルニア州で、ロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約で規制されていた射程の地上発射型弾道ミサイルの発射実験を実施したと発表した。米国は同条約が8月に失効した直後、地上発射型巡航ミサイルの発射実験を行ったが、弾道ミサイルの実験は今回が初めて。...
別窓で開く


[ ロシア ] の関連キーワード

アメリカ 北朝鮮 inf ドイツ