本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ボーナスで投資にチャレンジしようという人に、知っておくべきイロハを伝授。転ばぬ先のつえとして、ぜひじっくり読んでください!■“預貯金なら安心”というわけではない「投資を始めるきっかけは人それぞれだと思いますが、新年や新年度などの暦上の“区切り”のほか、ボーナスで、という人が多いですよ」そう話すのは、...
別窓で開く

投資信託の購入手数料が無料! 「LINE証券」が取り扱い開始
 LINE証券は、「LINE」上で取引ができるスマートフォン(スマホ)投資サービス「LINE証券」で投資信託の取り扱いを11月27日に開始した。全ての取扱銘柄が購入手数料0円となっている。 厳選した28銘柄の投資信託を、LINE上で100円から1円単位で取り引きが可能となっている。...
別窓で開く

LINE証券、投資信託の取扱スタート、購入手数料はすべて0円
 スマホ投資サービス「LINE証券」は、新たに投資信託の取扱いをスタート。投資信託の購入手数料はすべて0円。専用の投資信託も3つ設定されている。 LINE証券は11月27日、スマホ投資サービス「LINE証券」で、投資信託の取扱いを開始したと発表した。購入できるのは、国内・海外の運用会社13社が提供す...
別窓で開く

お金を考えることは、人生を考えること(中編) レオス・キャピタルワークス 藤野英人さんに聞く
 国内最大級の投資信託『ひふみ投信』『ひふみプラス』を運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人社長に、近著『お金を話そう。』のことや、お金や投資との向き合い方について話を聞きました。お金はバーチャルで、株式がリアル——少し前には仮想通貨が話題になりました。仮想通貨は通常のお金と違って実体がなく、...
別窓で開く

【第138回】クレジットカードで投信積立できるって知ってた? 実際の運用実績も公開!
2019年11月12日にクレディセゾンがクレジットカードで投資信託を積み立てられるサービス「セゾンポケット」を開始しました。実は、このクレジットカードで投資信託を購入できるサービスは昨年から増えており、セゾンポケットで3つ目です。筆者も既に運用しているため運用実績も含めて紹介したいと思います。...
別窓で開く

確実に不労所得を増やす「投資信託」の選び方
ぼくが推奨しているのは「インデックス投資」という運用手法です。この方法では、投資信託を買って放ったらかしにすることで、不労所得を作ります。ぼく個人としては、現時点で科学的にもっとも正しい資産運用術なのではないか?と考えています。もちろん、ぼくも実践しています。 インデックス投資では、投資信託を積み立...
別窓で開く

なぜ、個人投資家は資産運用で失敗するのか?
経済学者のブラッド・バーバーとテランス・オーディーンが、良い教訓を残してくれていたので、共有します。彼らが執筆を手がけたハンドブックの一節によると、「個人投資家は、市場平均よりも利益を出せていない!」のだとか。 以前、「金融のプロは市場平均にすら勝てないから、当てにならない!」というお話をしましたが...
別窓で開く

■米国で広がるゼロコスト運用ただしフリーランチはない 米国を中心にゼロコスト運用が拡大している。インデックス運用の世界では信託報酬率の引き下げ圧力が以前から顕在化していたが、2018年に米運用大手のフィデリティ・インベストメンツ社が、信託報酬0.0%のインデックスファンド・シリーズを設定したことで、...
別窓で開く

〈投資信託〉専門家2人が名解説「下がる局面はチャンス」「手数料0.5%以内が必須」
※写真はイメージです「老後資金として2000万円を作りたいなら、定期預金や保険では叶わないと思ってください」 こう語るのは、ファイナンシャルプランナーの山口京子さん。では、どのような方法でお金を貯めていくのがいいのだろうか??■必要なのはコツコツと積み立てることと時間 山口さんは、投資信託を毎月コツ...
別窓で開く

今年ニュースで話題となった「老後2000万円問題」。実際、老後資金がいくらあれば安心できるのか不安になった人も多いのではないでしょうか。これを機に、老後資産を用意する方法として「投資」への関心も高まっているといいます。そこで前回に続き、新刊『老後の資金 10年で2倍にできるって本当ですか?』(青春出...
別窓で開く


<前へ12次へ>